東京ゲームショウ2017の会期4日間の総来場者数が、25万4311人だったことが、主催の一般法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)より明らかにされた。

 2017年9月21日~24日まで、千葉県・幕張メッセにて開催された東京ゲームショウ2017の会期4日間の総来場者数が25万4311人だったことが、主催の一般法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)より明らかにされた。4日間の内訳は以下の通り。

■2017年
9月21日(木)ビジネスデイ 26564人
9月22日(金)ビジネスデイ 31512人
9月23日(土)一般公開日 10万6075人(うちファミリー10466人)
9月24日(日)一般公開日 90160人(うちファミリー13017人)
合計 25万4311人(うちファミリー23483人)

■2016年
9月15日(木)ビジネスデイ 31399人
9月16日(金)ビジネスデイ 33634人
9月17日(土)一般公開日 98074人(うちファミリー11294人)
9月18日(日)一般公開日 10万8117人(うちファミリー14485人)
合計 27万1224人(うちファミリー25779人)

■2015年
9月17日(木)ビジネスデイ 29058人
9月18日(金)ビジネスデイ 29557人
9月19日(土)一般公開日 97601人(うちファミリー10360人)
9月20日(日)一般公開日 11万2230人(うちファミリー14517人)
合計 26万8446人(うちファミリー24877人)

 過去最多に迫る609企業・団体(うち海外は317)が出展した東京ゲームショウ2017だが、CESAでは、東京ゲームショウ2017の成果として、今年リニューアルされたeスポーツの競技大会“e-Sports X(クロス)”や、ビジネスマッチングなどを挙げている。

 なお、来年の東京ゲームショウ2018は、2018年9月20日から23日まで、千葉県・幕張メッセで開催されることが発表されている。