コーエーテクモゲームスブースにて、『真・三國無双8』スペシャルステージが行われ、小野坂昌也と伊藤かな恵が実機によるデモプレイを披露。

 2017年9月21日(木)から9月24日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2017(21日・22日はビジネスデイ)。ときは一般日初日の23日(土)、ところはコーエーテクモゲームスブースにて、『真・三國無双8』スペシャルステージが行われた。

 8作目にしてオープンワールドのシステムを採用したということもあり、大きな注目が集まる『真・三國無双8』。スペシャルステージでは鈴木亮浩プロデューサー氏が登壇。先日行われた“2017 PS Press Conference in Japan”にて公開された最新映像を交えつつ、本作が中国大陸を1枚のマップを見立てたオープンワールドタイトルであることや、プレイヤーは自由に動けるために、攻略ルートを探しながら楽しめることなどがアピール。過去作に登場した83武将+新武将が登場することなどが説明された。しかも過去作の登場キャラは全員新衣装! 現地点で判明している新キャラクターは5人で、いまの時点で88名。まだ判明していないキャラクターは気になるところだが、「新衣装を公開していない既存のキャラクターもいるのでお楽しみに!」(鈴木氏)とのことだ。

 さて、ひと通りゲームの概要が紹介し終わったあとで、ゲストが登場。趙雲・諸葛亮役の小野坂昌也と王元姫役の伊藤かな恵だ。百戦錬磨でサービス精神旺盛な小野坂昌也氏さん、王元姫の演技を披露する伊藤かな恵に対して、いきなり「王元姫ってツンデレ」だね、とコメントするなど(おそらくアドリブ)、小野坂さんにとっては平常運転であろうコメント。とはいえ、披露された趙雲・諸葛亮役の新衣装には感動したようで、趙雲は「ブルーが少なめになった」、「より甲冑感が出た」、諸葛亮に関しては、「(衣装の)枚数が多くなっていますね。軍師っぽくなっています」とのコメントを寄せていた。

 一方の伊藤さんは、王元姫の衣装に対して「谷間が見えなくなりました」とひと言。ところがこれには、王元姫の衣装を着たコスプレイヤーさんが登場して、間違いであることが判明。じつは、胸のあたりの布は透けているのだという。さらに、太ももが露出していたりとけっこうセクシーなのだ。ちなみに、この王元姫のコスプレは、『真・三國無双8』とソニーモバイルコミュニケーションズのスマートフォンX periaとのコラボカバーケースの発売を記念してのもので、コスプレの制作にあたっては、コーエーテクモゲームスが全面監修をしているのだという。

 そしておつぎは本邦初公開となる、諸葛亮と王元姫の平服が公開。「着れと言われれば着れる」(小野坂)、「天女みたい」(伊藤)といったコメントが聞かれた。「平服はどんなときに見られるのか?」との質問には、鈴木氏が「オープンワールドなので、戦地ではない場所にも行けるので、そこに武将がいれば見られます」と返答。また、「平服で戦うことはできないのか?」との問いには、「なかなか答えづらい質問ですね」と苦笑した鈴木氏が返答を濁すひと幕も。

 平服が披露されたあとは、本邦(日本)初お披露目となるプレイデモの披露。まず挑戦したのが伊藤かな恵さんで、「遊んだことあるの?」との小野坂さんの問いに、伊藤さんが「さっき教えてもらいました」と返答するや、「付け焼き刃!」と激しくツッ込み、さらに馬がよだれを垂らしているのを見つけるや、「このよだれ必要? 鈴木P?」と詰めより、会場を爆笑の渦に包んでいた。

 さて、小野坂さんに“付け焼き刃”と突っ込まれた伊藤さんだが、その評価はさほど誤ってはおらず、なかなかの微妙な腕前ぶり。曹丕を操作しつつ顔良に迫るのだが、敵に囲まれた途端に悲鳴を上げだしてぴょんぴょん跳ねて逃げ出したり、間違えて味方を切りつけたりと、小野坂さんの絶妙なツッコミとも相まって会場を笑いに包んでいた。リアル実況配信かもしれん……とも思ってみたり。それでも伊藤さんは、「楽しい~」と、一騎当千の爽快感を満喫していたようだった。

 と、この段階でイベントの残り時間はあと2~3分(係の人が司会者に“あと5分”とカンペを掲げてから数分して伊藤さんがクリアーしたので推測)。時間が押したのはひとえに伊藤さんがクリアーまでに時間がかかったからなのだが、「このまま終了かなあ」と思っていると、おつぎは小野坂さんが挑戦することに。それはさすがに小野坂さんのプレイを見ないことにはステージは終われないよな……というところだが、ふつうにプレイしてもつまらないということで、小野坂さんには高いハードルが課せられることに。鈴木Pの謀略により、伊藤さんと同じ顔良攻略ではなくて、その近くにいる袁紹の拠点に挑むことになったのだ。しかも、使用するのは小野坂さんが演じる趙雲……ではなくて、新キャラクターである魏の軍師、荀攸。ムチのようにしなる剣、鋼鞭剣を駆使する武将だ。「タオルで殴っているみたい」とは小野坂さんの言葉。というわけで、荀攸で袁紹に挑むことになった小野坂さんだが、いまの荀攸が戦うには相当レベルの高い相手のようで(袁紹のレベルは37)、「敵が強いんですけど」と嘆くことしきり。「押されているのでゲージが貯まりやすいですよ」との鈴木氏のアドバイスに従い、無双乱舞を連発するも、なかなか減らない相手の体力に、めげそうになったり……。とはいえそこは小野坂さんのこと、ボヤキながらも最後はきっちりと袁紹を倒し、来場者からの拍手喝采を浴びていたのでした。

 デモプレイを終えた小野坂さんは「フィールドが広いというのはよくわかりました。これまでだとこんなに人は多くない。あと、後ろからめちゃくちゃ突かれますね。ふつうはこんなに後ろから突かれないですよ」と感想をもらすと鈴木氏は、「AIもかなりいじっています。アグレッブになっていますよ」とのことだ。

 最後にふたりは、「今日初めて触ったのですが、じんわり手に汗をかくくらいに熱中して楽しみました。ソフトの発売を楽しみに待っていてください」(伊藤さん)、「初のオープンワールドということで期待していたのですが、“ここまで来たのか”とびっくりで、“よくぞここまでやったな”という感じです」(小野坂さん)とそれぞれコメントし、好感触のよう。そして鈴木氏が「8作目にしてゲームシステムを大きく変えて、新しいことにチャレンジしました。意欲作なので、楽しみにしていてください」と語り、イベントを締めくくった。

ソニーストア限定である、“PlayStation4 真・三國無双8 Edition”が披露。自身が演じる趙雲がフィーチャーされているとあって、小野坂さんもうれしそう。