2017年9月21日〜24日まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2017(21日・22日はビジネスデイ)。開催2日目のセガブースでは、PS4用ソフト『ドラゴンズクラウン・プロ』の実機プレイを本邦初公開するステージイベントを開催。PS4、PS Vita用ソフト『十三機兵防衛圏』の紹介も行われたスペシャルステージの模様をお届けする。

 2017年9月21日〜24日まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2017(21日・22日はビジネスデイ)。開催2日目のセガブースでは、アトラス×ヴァニラウェアが手掛けるPS4用ソフト『ドラゴンズクラウン・プロ』の実機プレイを本邦初公開するステージイベントを開催。先日、2018年の発売がアナウンスされたPS4、PS Vita用ソフト『十三機兵防衛圏』の紹介も行われたスペシャルステージの模様をお届けする。

 まずはイベントMCとして、声優のイソッチこと磯村知美さんがステージに登場。続けて、ファミ通の新連載“ みりん小さじ2杯”でもおなじみのアイドルグループ・でんぱ組.inc、古川未鈴さんがスペシャルゲストとして姿を現した。

 磯村さんは、プレイステーション3版の『ドラゴンズクラウン』をプレイしたので、“PRO”になってどのあたりが変わっているのか気になっているそう。『十三機兵防衛圏』も、「続報が出るまで2年待ってました。今日は新しい情報をゲットして帰りたいです」と、かなり期待している様子。
 『ドラゴンズクラウン』はプレイステーション Vita版を遊んでいたという古川さんは、「今回4K対応の“PRO”になったということで、気になることがいっぱいです」と、ゲーム好きならではの期待感をアピール。

写真左:古川未鈴さん 写真右:磯村知美さん

 ここで、ゲーム史上もっとも美しい2DアクションRPGとして話題を集めた『ドラゴンズクラウン』の4K対応版となる『ドラゴンズクラウン・プロ』の紹介映像を公開。

 PVを見終わったふたりは、「オーケストラ楽曲って、追加で数曲だけ聴けるのかと思っていたら、全曲聴けるということで圧倒されました。今回のPVはオリジナル音源だったので、早くオーケストラバージョンを聴きたいです」(磯村さん)、食材を選んで料理を作る場面、懐かしいですよね。ヴァニラウェアといえばご飯のシーンですけど、それが4K画質になったということで、より美味しそうになっているのか。そこが期待ですね」(古川さん)と、それぞれ率直な感想を披露。

 ここから、実際にプレイステーション4を使っての体験プレイを公開。助っ人として登場したアトラスの宇田洋輔氏も交えて、3人の協力プレイが行われることに。まずは使用キャラクターを選ぶところからスタートしたところ、古川さんは「私はPS Vita版の頃から決めていたキャラクターがいて、やっぱりアマゾンですよね」と、迷うことなくアマゾンを選択。磯村さんは、「ソーサレスを使おうかなと思ってます。ちょっと上級者向けなので、皆さんのサポートをしていきます」と、これまた上級者ぶりをアピール。女性キャラクターが続いたので、宇田氏はファイターをセレクト。かなり火力のあるメンバー構成となった。

 まずは古川さんがチュートリアル部分をプレイ。さっそく「ジャンプのときのお尻を見てください」と、アマゾンの肉感的なヒップを来場者に披露すると、すかさず磯村さんも「PS4になったらスクリーンショットが取り放題ですから」とナイスアシスト。その後も画面の指示に従いながらも、「ヴァニラウェアさんのゲームはいちいち綺麗だし、かわいい。林檎も美味しそう」などとチュートリアルを満喫。チュートリアルを終えた古川さんは、「当時の記憶が蘇りますね」と興奮冷めやらぬ様子で、いよいよ3人によるゲームプレイが開始されることに。

 ダンジョン(神殿の遺跡)に入る前のマスターのストーリー説明部分では、古川さん、磯村さんともに仲間を攻撃しあう茶目っ気ぶりを披露。古川さんは、メニュー画面なども含めて美麗になった画面を見て「ヴァニラウェアさんが描くファンタジーの世界って、なんでこんなに綺麗なんですかね」と語りながら、いよいよゲーム部分に突入。ステージの時間が決まっているため、「寄り道しないでまっすぐに進んでください」との声にも、「え〜、寄り道したい」とコメント。プレイ中、「ここに入れませんでしたっけ?」と聞くも、「入れますが、今日はこのまま進んでください」と窘めらていた。
 「こんな風に友だちと顔を合わせた遊べるのはいいですね」と古川さんが語ると、宇田氏も「友だちの家で酒を飲みながら遊ぶのが最高のゲームなんです」と、協力プレイの魅力をアピール。その後も順調にお金やアイテムを手に入れながら先に進む一行は、ひとりも欠くことなくボス戦に突入。そのまま大きく苦戦することもなくボスを撃破。結果、4分32秒でクリアーしたことに対し、「3人の力を合わせたらこんなものです」と、締めくくる古川さん。協力プレイならぬ、強力プレイで大盛り上がりのうちに、『ドラゴンズクラウン・プロ』の実機プレイ披露は終了の時間に。

 プレイを終えて、「会場の皆さんが見ている映像は4Kではないため、100%の綺麗さが伝わっていないと思いますが、こちら側のモニターはすっごく綺麗です。ぜひ体験していただきたいです」(磯村さん)、「お宝ひとつひとつのディティールがすごく細かくて、見ているだけでも楽しかったんですが、それがより鮮明に見られるようになったのはすごくうれしいです」(古川さん)と感想を述べていた。

 ここで助っ人参戦の宇田氏が降壇。続けて、2015年の発表以来、続報がなくてファンをやきもきとさせていたヴァニラウェアの新作タイトル『十三機兵防衛圏』の最新映像が公開された。

 PVを見終えた磯村さんは、「ヴァニラウェアさんの作品というと、ファンタジー色が強かったと思いすが、今作の舞台は現代っぽく、ロボが登場するSF感もあって気になりますよね。しかも、ブルマの女の子がいるんですよ! ですので、現代よりちょっとだけ前の時代のお話なのかなって予想しています」と、まさかのブルマ推理を披露。古川さんも「ヴァニラウェアさんが描く現代の日本って初めて見ます。駅や教室の雰囲気が、ヴァニラウェアさんが描くとこうなるんだ、って衝撃でした。それと、個人的にロボットに乗っているときの描写が“裸なのかな?”って気になりました」と、こちらも深い洞察力を見せていた。ほかにも、横断歩道の途中でスカートをちらりとめくる少女など、気になる点がをあげられていた。

 ここで、これらの疑問点についてヴァニラウェアから回答が寄せられているとのことが発表された。用意してくれた質問と回答は、以下の3つ。

 ただし、今回の東京ゲームショウで回答が公開されるのは、この中のひとつだけ。というわけで、さっそくニコ生で視聴者より、どの質問の回答を公開するかのアンケートが実施されることに。気になる投票結果は、1番:23.9%、2番:15.4%、3番:60.7%ということで。ぶっちぎりで3番の“女の子は何をしている?”に決定。

 じつはこの動作は、ヴァニラウェアの2013年の年賀状にも描かれていたもので、ロボットを動かすスイッチが体のどこかにあるため、とのこと。ステージ上で披露されたヴァニラウェア2013年年賀状の絵柄では、今回のPVにもあったスカートめくりのほかに、お腹やほっぺたにある“STARTボタン”(?)のようなものを見せる姿が。この画像を見た途端、「私この年賀状もらいました」と語る磯村さんは、スカートめくりの謎は解けたものの、「でも『十三機兵防衛圏』の発表って2015年でしたよね。どういうことですか?」と、新たな謎を提示する羽目に。いろいろ気になる点を残しつつも、これ以上の情報については、続報をお待ちくださいということで、本作の情報公開は締めくくられてしまった。

 ここまでのところで、本ステージイベントは終了の時間となってしまったが、最後に磯村さんは「どんなドラマチックなことがあるのかなって、PVを見るだけでもいろいろと思わせぶりなワードがあったので、早く続報を聞きたいです」と、続報の一刻も早い公開を熱望。古川さんも「私の家にはPS4 Proと4Kテレビがあるので、『ドラゴンズクラウン・プロ』の魅力を存分に発揮できる環境なので、今から楽しみにしています。『十三機兵防衛圏』は謎が多すぎて、とにかくいろいろ情報を知りたいです」と、『ドラゴンズクラウン・プロ』の発売に向けて準備万端な様子を見せつつ、『十三機兵防衛圏』の情報も熱望していた。

 なお、9月24日11時15分からセガブースでは、イソッチのほかに今井麻美さんも登場する“ドラゴンズクラウン・プロ スペシャルステージ”が行われるとのこと。さらに、24日の12時30分からは、先ほど残された『十三機兵防衛圏』のふたつの謎の回答も明かされる“アトラスニコ生特番 ドラゴンズクラウン・プロ特番”も予定されている。両タイトルの新情報などが気になる人は、こちらもチェックしてみよう。

 最後に、イベント出演を終えたばかりの古川さんへのインタビューを行う機会が得られたので、以下で紹介していこう。

−−『ドラゴンズクラウン・プロ』をプレイして、率直にどう感じられましたか?

「ヴァニラウェアと言えば、メチャクチャ綺麗なファンタジーというイメージでしたが、それが4K画像のより引き込まれる美しい画像になっていたことに驚きました」

−−今作では、どんな部分に期待されていますか?

「私の持ちキャラがアマゾンだったので、彼女の魅力的なお尻がどのように表現されているのかが気になっています。それと、ヴァニラウェアといえば美味しそうなご飯ですが、それがより美味しそうになっているんじゃないかな、というところに期待しています」

−−アトラス×ヴァニラウェアの新しいプロジェクトが出るとしたら、どんな作品をプレイしたいですか?

「アトラス×ヴァニラウェアさんの作るゲームと言うと、グラフィックやBGMも含めて、とにかく世界観ですよね。ですので、私たちをもっとその世界観に引き込んでくれるような新しいステージを用意していただけたらうれしいです」

−−今年のゲームショウの印象はいかがでしたか。

「東京ゲームショウはじつは小学生の頃から来ているので、毎年9月になるとこの時期が来たな、といった感じですね。今年のゲームショウでは、e-スポーツ関連の話題が多い印象を受けました。世界に比べて日本ではまだまだe-スポーツは盛んではありませんが、この先のオリンピックなどに向けて、もっと活性化していくのかなと期待しています」

−−先ほどのステージでPS4 Proと4Kテレビを持っていると言われていましたが、『ドラゴンズクラウン・プロ』の発売に向けて準備万端ですね(笑)。

「テレビは画質にこだわりたい思いもあったので、少しいいものを買ってしまいました。PS4 Proも発売日に購入しているんです(笑)。マルチプレイでみんなでワイワイと遊ぶのは絶対楽しいと思うので、早く遊びたくて仕方がないです」

−−テレビの大きさはどれくらいなんですか?

「奮発して50インチにしました。冷蔵庫などにはこだわりがなくて安いものを使っているんですけど、テレビだけは妥協したくなかったんです」

−−メンバーといっしょに遊んだりする予定はありますか?

「でんぱ組.incのメンバーとはあまりいっしょにゲームをすることがないんですが、この『ドラゴンズクラウン・プロ』なら、ライブの待ち時間にみんなで楽しめるかもしれないですね」

−−最後にファミ通読者やファンの方にメッセージをお願いします。

「私は昔からゲーム好きを公言して活動させてもらっていますが、いまは「楽しかった」という言葉を使わず、いかにゲームの魅力を伝えられるかの表現法を勉強しています。まだまだ未熟なところも多いですが、アイドルという職業をしつつも、自分にしかできない伝え方ができるようになりたいです。今後もアイドルとゲームの両方の分野でがんばっていきたいと思いますので、これからも応援よろしくお願いします」