2017年9月21日(木)から9月24日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2017。スクウェア・エニックスブースでプレイアブル出展されている『いたスト DQ&FF 30th ANNIVERSARY』をリポート。ダイス・オンマスターから気になる情報もゲット!

2017年9月21日(木)から9月24日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2017(21日・22日はビジネスデイ)。スクウェア・エニックスより2017年10月19日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション Vita向けソフト『いただきストリート ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー 30th ANNIVERSARY』の試遊版がスクウェア・エニックスブースに出展されているので、さっそくプレイしてきました。

いただきストリート』といえば、堀井雄二氏がゲームデザインを手掛けるボードゲームの名作です。1991年にファミコンで始まったシリーズは、さまざまなハードで展開されてきましたが、『ドラゴンクエスト』と『ファイナルファンタジー』がともに30周年を迎えた記念すべきタイミングということで、ひさしぶりの新作が登場しました。それが、この『いただきストリート ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー 30th ANNIVERSARY』というわけです。そんな記念作にふさわしく、『ドラゴンクエスト』と『ファイナルファンタジー』シリーズから人気のキャラクターが登場して、真剣勝負をくり広げます。
 今回の試遊で体験できたマップは、『ドラゴンクエストVIII』でおなじみの“トロデーン城”。プレイキャラクターはユウナ、ケフカ、ハッサン、アンルシアの4人です。来場者の4人で対戦することになりますが、試遊時間はたっぷり30分! じっくりと遊べます。わからないことがあったら、係の方が教えてくれるので安心です。

 基本的なルールはシンプルですが、奥深い駆け引きが楽しめる本作。でも、ルールがよくわからないという方のために、『いただきストリート』の基本的な流れを説明しましょう。試遊に挑戦したい方はぜひ一読を(本作の公式サイトでもしっかり説明されているので、そちらもチェックしておけば万全です)。

(1)サイコロを振ってコマを進める
 『いただきストリート』は4人で遊ぶゲームです(プレイヤーの数が足りない場合は、コンピューターが相手をしてくれます)。基本ルールはすごろくと同様で、ダイスを振ってコマを進めて、止まったマスの指示に従っていくだけ!

(2)資産の増やしかた
 ダイスを振って進むマップは、いずれも周回できるように作られています。特色豊かなマップを1周しながら、スペード、ハート、ダイヤ、クローバーの4つのマークを集め、スタート地点となる“ぎんこう城”に戻ると、レベルアップとともにゴールドがもらえます。このお金を軍資金にして、お店や株を買って、どんどん所持金を増やしていきましょう。

(3)買い物料と株
 マップの各所にある“お店”を買うと、以降はそのマスにほかのプレイヤーが止まるたびに“買い物料”をいただけます。また、自分のお店には“増資”が可能で、ゴールドを使って自分のお店を大きくすれば、買い物料を上げられます。ほかに、お店のランクに応じて価値が増減する“株”を買うことでも、資産は増やせます。

 枠の色が同じコマは、同一のエリアになります。エリアのお店を独占できれば、買い物料がアップするので、できるだけエリア内のお店を狙いましょう。エリア内でお店が増えるほど、増資できる限界もアップするのもポイントです。
 また、株も勝敗を分ける大きな要素。好きなエリアの株をプレイヤーは購入できますが、そのエリアの株を持っていれば、自分のお店がそこになくとも配当がもらえます。ほかのプレイヤーがお店を大きくすれば配当金も増えますが、やっぱり自分のお店があるエリアの株を買って、お店を増資して株価も上げるのが基本です。株価も上げて、ここぞというタイミングで売れば、大儲けができることも!

 所持金や資産価値が目標金額に達したら、ぎんこう城にいち早くたどり着いたプレイヤーが勝利となります。要は、いちばん早く儲けることです。30分の試遊時間ではなかなかゴールするのは難しいかもしれませんが、短期決戦を狙うならお金を惜しまず、どんどん資産を増やしていくアグレッシブなプレイがオススメです。
 また、【?】マークのマスや、スペード、ハート、ダイヤ、クローバーマークのマスに止まると、チャンスカードが引けます。どんなカードが出るのかは運次第ですが、好きなコマへ飛べたり、エリアの買い物料をアップするなど、いろいろな効果を発揮するカードが用意されています。また、カジノのマスに止まれば、ダイスを使ったバトルやスロットでゴールドを獲得できたりもします。軍資金が不安だったり、状況を打破したいときなどに活用すれば、かなりエキサイティングなことになりそうです。

 プレイしながら攻略ポイントを丁寧に教えてくれたプレイヤーさん(ありがとうございました!)のアドバイスもあって、30分の試遊ながら本作のおもしろさは、ばっちり理解できました。ルールはシンプルでも、株を重視するのか、お金をかけてでもエリアの独占を狙うのかなど、戦略によって展開が大きく変わるので、気の抜けない対戦が楽しめるでしょう。
 
 東京ゲームショウ2017の一般公開日となる2017年9月23日と24日には、スクウェア・エニックスブースのステージで本作のステージが開催されます。ブースにいらっしゃった本作のプロデューサー、白石琢磨氏(スクウェア・エニックス)によると、このステージは要注目のようで……。

「発売まであと1ヵ月となりましたが、東京ゲームショウ2017の期間中に、ステージイベントでひとつ、発表をさせていただきます。これでまた話題になってくれるかなと思っていますので、注目していてください。また、ブースではできるだけ多くの皆さんに本作を楽しんでいただきたいのですが、しっかりとおもしろさをお伝えしたかったので、30分という試遊時間とさせていただきました。体験できる人数は限られてしまうかもしれませんが、『いただきストリート』ブースでミニステージを開催しますので、ぜひ会場でご覧ください」(白石氏)

“ダイス・オンマスター”であり、本作のプロデューサーでもある白石琢磨氏。「体力の続くかぎりは、このスタイルでいます。もし、皆さんが見かけたときにこの恰好ではなかったら、“ああ、体力が限界なんだな”と思ってください(笑)」とのことです!

 ブースでのミニステージを観覧した方には、なんとキャラクターのイラストが描かれた“いたスト ダイス・オン!ステッカー”がもらえるチャンスが……! 開催時間などの詳細は、スクウェア・エニックスブース内の『いたスト DQ&FF 30th Anniversary』ブースでチェックしてください!!

こちらが“いたスト ダイス・オン!ステッカー”。どのキャラクターのステッカーがもらえるのかは……運次第!?