2017年9月21日(木)から9月24日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2017(21日・22日はビジネスデイ)。ディースリー・パブリッシャーブースでは、プレイステーション4/プレイステーション Vita用美少女ミリタリーアクション『バレットガールズ ファンタジア』を紹介するメディアブリーフィングが行われた。

 2017年9月21日(木)から9月24日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2017(21日・22日はビジネスデイ)。ディースリー・パブリッシャーブースでは、PS4/Vita用美少女ミリタリーアクション『バレットガールズ ファンタジア』を紹介するメディアブリーフィングが行われた。

 ステージに登場したディースリー・パブリッシャーのプロデューサー・杉山忍氏は、本作が岬守学園レンジャー部に所属する女子高生たちを操作して戦うアクションシューティングのシリーズ最新作であり、舞台を学園からファンタジー世界へと移して、オークをはじめとしたモンスターたちとの戦いを描くゲームだと説明。

ディースリー・パブリッシャーの杉山忍氏。

 時系列は前作『バレットガールズ』の続きとなり、物語は体育祭の準備中に異世界・オルタニアへと転移されるところからスタート。異世界の姫騎士と魔法使いのふたりを加えた4人のキャラクターからひとりをを選んで、モンスターたちと戦っていく。

 基本情報に続いては、火乃本彩とシルヴィア・オルタンシアのコスプレ姿をした美女を交えつつ、本作からのシステム紹介が続けられた。本作より導入されたバディ・システムは、選んだバディ(相棒)が、プレイヤーが操作するキャラクターといっしょになって戦ってくれるので、美少女たちが戦う姿をより堪能できるはずだ。

 そして、“PTA(パンツ・チラリ・アクション)”や、敵からの攻撃でコスチュームがダメージを受ける衣装破壊といったお色気システムもさらにパワーアップ……といったところで、衣装破壊の様子を実際にご覧いただきましょう、となんとコスプレ美女たちがステージ上でみずからのコスチュームを破壊! ステージ前を埋め尽くしたカメラマンから一斉にフラッシュが焚かれたのは言うまでもない。

 敵に捕らえられたときを想定しての“尋問特訓”もパワーアップしている。360度自由なアングルからキャラクターを堪能しつつ、さまざまなアイテムを使って、ツンツン・モミモミが堪能できるのは当然で、キャラクターの嫌いなアイテムを選択することで“くっ殺”モードに突入。女の子たちのリアクションが、さらに激しいモノになるのだという。

杉山氏による“くっ殺”実演プレイ。なぜかコスプレ美女から、リアルにツンツンされるひと幕も。
ブースでは“尋問特訓先行体験ver.”が試遊可能。好きなキャラクターやアイテムを選んで、時間が許す限りの尋問特訓することができる。“くっ殺”アイテムを見つけられるかな?

 ブリーフィングの後半では、これが初公開となる実機プレイを披露。バディとともに戦う姿や、戦車に乗り込んで敵を砲撃する様子などが見られ、アクションゲームとしてもパワーアップしていることが確認できた。

 ステージの最期に杉山氏は、「前作と地続きの物語となっていますので、ファンの方はご期待ください。発売は来年春ごろ予定しています」とコメント。今後のさらなる情報を期待して、楽しみに待とう!