孤独と喪失を抱えた魂を乗せ、狐が大自然をゆく。美しき情景が心に沁みる短編アドベンチャー『The First Tree』

SteamでPC/Mac版が発売された、David Wehle氏の『The First Tree』を紹介。父を亡くした男と、彼が見た大自然をゆく狐の夢の関係とは。

美しい大自然の中で、哀しみが少しずつ解きほぐされていく

 David Wehle氏の『The First Tree』を紹介する。本作はSteamでPC/Mac版が配信中。参考までにSteamでの価格は798円(9月21日まで21%オフ)。一部UIのみ日本語化されているが、本編のセリフ等は英語音声&英語字幕で、オープンにファン翻訳を受け付ける仕組みが用意されている。

 『The First Tree』は、ふたつの話によって成り立っている。まずゲームのメイン部分となるのが、子を探すために“はじまりの樹”(The First Tree)を探す親狐の話。そしてもうひとつがナレーションとして展開される、そのキツネの冒険を夢に見た男ジョセフと、そのパートナーのレイチェルの話だ。

 ゲームはキツネの探索アドベンチャーの進行に連れ、ジョセフとレイチェルの会話が重ね合わされながら進んでいく。ところどころ、プラットフォームアクションやパズルアドベンチャーのような仕組みが入っているものの、基本的にはジョセフの過去と関係した“モノ”が埋められた場所に進み、狐がそれを掘り返すことで会話も進むという形。

 狐が進んでいく大自然は非常に美しく、会話パートで明かされるやるせない思いが浄化されていくようにすら感じられる。本編はある一晩の出来事を題材にしており、クリアーまでは1時間半程度となっている。

 ゲームはほぼ狐の側だけで進んでいくが、物語構造の点ではジョセフとレイチェルの話が主で、狐の話が従という逆転した関係になっているのがポイント。父を喪ったジョセフが語っていく親子関係と家族愛(の難しさと尊さ)が話の軸となっており、夢として現れた狐の寓話はその裏返しだ。これは“そういう年齢”に差し掛かってきた人にこそ刺さるだろう。このテーマには、作者本人が心臓発作で父を亡くした経験が反映されているとのこと。

 なおジョセフとレイチェルの話す英語はそれほど難しくなく、これまで物語ベースの海外アドベンチャーゲームを英語字幕でプレイしたことがある人なら難なく理解できると思うが、そうでない人は本作を真に体験するためには、誰かが翻訳データを作るのを待ったほうがいいかもしれない。

 最後にいくつか迷うかもしれない部分があるので、いくつかヒントを残しておこう。まず、“光がヒント”。物語の鍵になるもの埋まっている場所からは光が発している。またマップ内各所にはオーブのようなものが落ちていて、これをすべて集める必要はないが(ただし集める意味は少しだけある)、ある程度オーブの配置が目的地への誘導になっている。

 次に“無理すれば登れるところは正解ではない”。迷い出すと「もしかしてこの斜面の先に」なんて思ってあらぬ方向に行ってしまったりするし、実際ある程度登れてしまったりもするのだが、どうも怪しかったら大体間違い。振り返って他に行っていない場所がないか探した方がいい。

 最後に“蝶は複数まとえる”。紫色の蝶が落ちているパートがあり、これを取るとハイジャンプが可能になる。この効果はジャンプするとなくなってしまうが、ジャンプせずに続けて取ることで複数まとうことができ、発動時のジャンプはさらに高くなるので、これをうまく使うことで進める場所が存在する。