『.hack//G.U. Last Recode(ラストリコード)』発売に向けて、Vol.1〜3までの物語を振り返る

バンダイナムコエンターテインメントが、 2017年11月1日に発売を予定しているプレイステーション4、PC(Steam)用ソフト『.hack//G.U. Last Recode(ラストリコード)』。本作の発売に向けて、『.hack//G.U.』のVol.1〜3の物語を振り返ってみよう。

『.hack//G.U.』のVol.1〜3の物語をプレイバック

 バンダイナムコエンターテインメントが、 2017年11月1日に発売を予定しているプレイステーション4、PC(Steam)用ソフト『.hack//G.U. Last Recode(ラストリコード)』。本作の発売に向けて、『.hack//G.U.』のVol.1〜3の物語を振り返ってみよう。

  • ひとりの青年が“GROW UP”する物語 -
    主人公ハセヲの軌跡
     かつては人を寄せ付けず、ひたすらに復讐にとらわれ孤独な存在だったハセヲ。しかし仲間と出会い、姿と共に心も成長していく。

イメージヴィジュアル1(新規描き下し)

『.hack//G.U. Vol.1 再誕』

復讐のため“死の恐怖”となったハセヲ! すべてはここから始まった――!
 大切な仲間・志乃をPKし、意識不明の“未帰還者”にした謎のPK“三爪痕”を倒し志乃を取り戻すため、ハセヲはPKK「死の恐怖」となり“三爪痕”の手がかりを探しもとめ、独り復讐に身を投じていた―――。

Vol.1 イメージヴィジュアル(新規描き下し)
本作のキャラクターデザインを担当している“細川誠一郎”の描き下しイラスト

‐ すべての始まり -
謎の男オーヴァンとの出会い
 MMORPG”The World “へとログインしたハセヲ。初心者狩りのふたり組にPKされるも、オーヴァンに助けられる。
「Welcome to “The World”…」
 ハセヲに手を差し伸べながらそう言った、このオーヴァンとの出会いがハセヲのその後を変えていくのだった。
※PK…PCをキルする者。プレイヤーキラー。

ハセヲログイン時のキャラクターメイキング

倒れたハセヲに悠然と手を差し伸べるオーヴァン

‐ 復讐に燃えるハセヲ -
少女“アトリ”との出会い
「“三爪痕”を知らないか?」
 オーヴァンとの出会いから8ヵ月後、志乃の仇“三爪痕(トライエッジ)”を捜すため、「死の恐怖」の異名もつPKK※となっていたハセヲ。PKKを繰り返していたある日、志乃と同型PCの「アトリ」に出会う。
※PKK…PKをキルする者。プレイヤーキラーキラー。

8ヵ月の間に一体起きたのだろうか……

志乃とそっくりなアトリに驚き、ハセヲは面影を重ねる

‐ 探し求めていた仇との対峙 -
伝説のPKK「三爪痕(トライエッジ)」
 ついに得た手がかりをもとに“三爪痕”(トライエッジ)を倒すべくロストグラウンド「グリーマ・レーヴ大聖堂」に向かうハセヲ。
 しかし“三爪痕”に闘いを挑むがまったく歯が立たず、ハセヲはデータドレインを受けレベル1に初期化されてしまうのだった……。

『.hack//G.U. Vol.2 君想フ声』

ついに明かされる“三爪痕”の真相! 衝撃の真実がここにある――!
 仲間たちとともに数々の闘いをくぐり抜け、かつての力を取り戻したハセヲの前に、倒したはずの“三爪痕”が再び姿を現す。そしてその隣には“三爪痕”と同じくつぎはぎだらけの謎のPC達が。謎が謎を、波乱が波乱を呼ぶ中、ハセヲはついに真実を目の当たりにするのだった―――。

Vol.2 イメージヴィジュアル(新規描き下し)
本作のキャラクターデザインを担当している“細川誠一郎”の描き下しイラスト

‐ 今だ目覚めぬ未帰還者たち -
手がかりを求めて
 “三爪痕”を倒したものの未帰還者達の回復には至らず、さらにアトリの身体にも異変が起こってしまう。ハセヲ達は未帰還者達の回復手段を模索するため、「The Wrold」で起こる数々の事件の調査に乗り出したのだった。
 虚ろな表情のアトリ。彼女の身に一体何が起ころうとしているのか……。

‐ 味方か敵か -
不気味な姿のPCたち
 謎の生命体“AIDA”に囲まれたハセヲたちの危機に、“三爪痕”に似たつぎはぎだらけのPC達が突如として現れた。ふたりはAIDAをあっという間に駆除してしまう。そこへさらに、倒したはずの“三爪痕”が姿を現す……。
 彼らの正体、そして目的は一体何なのか。

‐ 真の敵、それは -
明かされる真実
 “AIDA”が次々と巻き起こす事件に立ち向かっていくハセヲたち。そんな彼らの前へと突然現れたオーヴァンは、とうとう左腕の拘束具の封印を解く。隠された真実が白日のもとに晒されようとしていた――!

『.hack//G.U. Vol.3 歩くような速さで』

“The World”に刻んできた想いのすべてを、この一撃に――!
 “AIDA”によって引き起こされた数々の脅威、そして幾度となくハセヲを導き、そして立ちはだかってきたオーヴァンとの闘いを乗り越え、ハセヲはついにXthフォームへと進化。「The World」では比類するもののない存在へと至る。ネットワーク崩壊の危機“ネットワーク・クライシス”が迫る中、ハセヲはこれまで紡いできた仲間達の絆を胸に、最後の闘いへと向かうのだった―――。

Vol.3 イメージヴィジュアル(新規描き下し)
本作のキャラクターデザインを担当している“細川誠一郎”の描き下しイラスト

襲い掛かるAIDA
 竜賢宮の宮皇(チャンピオン)である太白(たいはく)との戦いの最中、太白の武器に憑いていた“AIDA”に襲われてしまったハセヲ。
 このまま汚染されしてしまうかに思われたが、アトリの呼びかけにより、自力で“AIDA”を振り払うことが出来た。

“AIDA”に襲われると、データが汚染され変質してしまうのだ。

‐ 次々と現れる敵 -
ハセヲを執拗に追い詰める男
 “AIDA”に打ち勝ったハセヲの前に、太白との戦闘を見ていた榊(さかき)が現れる。

“AIDA”に身を委ね、異形の姿となっている榊。

太白との激しい戦闘、さらに“AIDA”によるダメージが重なり膝をつくハセヲだが……。

仲間との絆
「私たちは、いつだって繋がっています!!」
 仲間達の声に背中を押されハセヲは再び立ち上がり、榊との闘いに身を投じる。

 復讐にとらわれ孤独な戦いをしていた、かつてのハセヲの姿はもういなかった。

‐ 行動の裏に隠された真実 -
オーヴァンの決意
 たびたびハセヲたちの前に現れては、怪しい影を落としていくオーヴァン。
 彼の目的は“未帰還者”となってしまった、妹であるアイナを救うというものだった。アイナを目覚めさせる、その一心で様々な暗躍をしていたのだ。

 どのような方法でオーヴァンはアイナを救おうとしているのか。
 なぜあの出会いの時、オーヴァンはハセヲに手を差し伸べたのか。
 そして“The World”に広がっていく“AIDA”の目的とは――――。

 仲間に触れ、友情を知ったハセヲは、これまで紡いできた仲間達の絆を胸に、歩んでゆく―――。

- 賛否両論のハチャメチャカオスなムービー -

パロディモードを新規収録!
 『.hack//』にてファンの間で物議を醸した“パロディモード”。ゲーム中のムービーを利用したセルフパロディムービー集で、PS2版『.hack//G.U.』では収録されなかったが、今回はなんと新規で収録されている!!

「デター! 伝説のデスボイスボーカリスト、葬炎のカイト!」

 本編の感動シーンやシリアスなシーンが、コメディなセリフをかえられ、ボイス付きで見られる! ぜひ本編をプレイしてから見よう!!

「俺はダメダメだ。もう自分でもあきれるくらいのダメ太郎なのさ……。」

「俺だって、俺だって……彼女欲しいよ~~。」



(C).hack Conglomerate
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
※画面は開発中のものです。