『スプラトゥーン2』国内推定累計販売本数が100万本を突破、購入者・プレイヤーは10代男性が最多

ゲーム総合情報メディア“ファミ通”は、任天堂より2017年7月21日に発売されたNintendo Switch向けソフト『スプラトゥーン2』の国内推定累計販売本数を発表した。

●若年層の男性を中心に支持

 ゲーム総合情報メディア“ファミ通”は、任天堂より2017年7月21日に発売されたNintendo Switch向けソフト『スプラトゥーン2』の国内推定累計販売本数を発表した。

 以下、リリースより。


■「スプラトゥーン2」売上速報

(集計期間:2017年7月21日~2017年8月20日/販売週数:5週/出典:ファミ通)

国内推定累計販売本数: 1,013,842本
※ダウンロードカード、Nintendo Switch スプラトゥーン2セットを含む(ダウンロード版の本数は含みません)

【ご参考】
ニンテンドースイッチ 国内推定累計販売台数:1,479,770台
(集計期間:2017年3月3日~2017年8月20日/出典:ファミ通)

■「スプラトゥーン2」に関する調査結果

●男性プレイヤーが全体の約7割(73.9%)を占める。年代別では10代が最多。

■ニンテンドースイッチ購入者に関する調査結果

●購入者の約7割(65.9%)が男性。年代別では、10代が約3割(27.1%)を占める。

 今年7月21日に発売された、ニンテンドースイッチ向けソフト「スプラトゥーン2」(発売:任天堂)は、発売から約1ヵ月で国内累計100万本を突破しました。
 今回、「スプラトゥーン2」プレイヤーの男女比率や年齢層比率について調査したところ、男性が約7割(73.9%)、年齢別では5~19歳のプレイヤーが約6割(63%)を占め、若年層の男性を中心に支持されていることが分かりました。

 また、国内累計販売台数が140万台を超えたニンテンドースイッチの購入者調査を行ったところ、男女比率では男性が約7割(65.9%)を占め、年代別では10代が最も多く、20代、5~9歳と続きます。「スプラトゥーン2」発売により、5~9歳、10代の購入者の割合が増え、人気を集めていることが伺えます。

【調査概要】
調査対象 : 全国47都道府県の5歳~69歳までの男女(14歳以下は保護者の代理回答)
調査手法 : 大規模ユーザーリサーチシステム『eb-i』によるインターネット調査
調査期間 : 2017年8月7日~8月8日
調査人数 : 16564人(男性8887人、女性7677人)

【eb-iとは】
『eb-i(Entertainment Business Insight)』は、株式会社Gzブレインが週単位で継続して行っているエンターテイメント分野の消費動向調査です。
保有する国内26万人パネルから1万人超のモニターを対象に、週次でWeb調査を実施し、映画・テレビ・ゲーム・コミック・音楽など各エンターテイメント分野の実態を調査・分析しています。