ゲーム業界で、女性が子育てしながら働くにはどうしたらいいの? コーエーテクモ襟川恵子氏・芽衣氏に悩みを聞いてもらった【後編】

がむしゃらに働くうちに三十路になり、「いつ出産すればいいのか? 出産後、社会復帰できるのか?」と悩むゲームメディア編集者が、ゲーム業界で働く女性の先達である襟川恵子氏と襟川芽衣氏にインタビュー。女性が働き続けるためにどのような心構えが必要なのか、教えていただきました。

●「スタッフの育児休暇取得と復帰は当たり前」と言い切る恵子さんの考えとは?

 がむしゃらに働くうちに三十路になり、「いつ出産すればいいのか? 出産後、社会復帰できるのか?」と悩むゲームメディア編集者が、ゲーム業界で働く女性の先達である襟川恵子さんと襟川芽衣さんにインタビューする企画。前編では、襟川恵子さんがいかにして、子育てと仕事をバリバリ両立するようになったのかという経緯や、女性スタッフがいるからこそ生まれるゲームのアイデアについてインタビューを行った。
[関連記事]
ゲーム業界で、女性が子育てしながら働くにはどうしたらいいの? コーエーテクモ襟川恵子氏・芽衣氏に悩みを聞いてもらった【前編】

 今回お届けする後編では、コーエーテクモゲームスで女性はどのように出産・復帰しているのか、また、女性が働き続けるためにどのような心構えが必要なのかを語っていただいた。悩める女性も男性も必読です!

左:コーエーテクモホールディングス 代表取締役会長 襟川恵子氏(文中は恵子さん)
右:コーエーテクモゲームス 取締役 ルビーパーティーブランド長 襟川芽衣氏(文中は芽衣さん)

※本記事は、ゲーム業界専門の求人サイト“ファミキャリ!”のインタビュー企画“ファミキャリ!会社探訪”の特別PR企画としてお届けします。

●見本となる先輩の姿が、後輩の背中を押す。では、先輩がいなかったら?

芽衣さん 女性ならではのゲームと言えば、会長が手掛けた『FabStyle(ファブスタイル)』は、女性に経営の楽しさをもっと知ってもらいたい、という考えから生まれたものですよね。

恵子さん このあいだね、すごく画力が高い、優秀な新人の子が入ったんです。その子が『FabStyle』の大ファンで、「続編は出ないんですか」って言っていましてね。学生だった時間が長くて、新卒としては年齢が高い子なんですけど、「うちで採用しなかったら、ほかの就職先が見つかるかしら……」と思って、採用しました。私の母心と言いますか。

芽衣さん 母心、相当ありますよね。

恵子さん あるのよ。困っちゃったり悩んじゃったりしている子がいると、うちを辞めても、就職の斡旋をしちゃったりね。面倒見のいい会社とは言われていますね。

――それも、コーエーテクモゲームスの離職率の低さの理由なのだと思います。

恵子さん 日本でいちばん低いんですよ。赤字になったことも一度もないですし、リストラしたこともないですし。

――ここでうかがいたいのですが……ゲーム業界で働いている女性、とくに開発職の女性は、みんな「子どもを産んでも復帰できるのだろうか?」と悩んでいると思うんです。でも、コーエーテクモゲームスの離職率が低いということは、妙齢の女性スタッフたちが復帰しているということですよね。

恵子さん どんどん復帰していますよ。周りには「彼女に休まれると困ります」と言う人もいますけど、私は「産みなさい!」と応援しています。CG部にいた優秀な子も、なかなか結婚しようとしないから、「結婚しなさい、子どもも産みなさい」と言ったら、本当に結婚して。ふたり目も産まれるところです。偉いわねぇ、本当に。ゲーム業界の人も、どんどん結婚して子どもを産まないと、ゲームを遊ぶ人がいなくなって、ゲーム業界で仕事ができなくなっちゃうわよ!

――そう思うんですが、ときには遅くまで働く必要がある仕事なので、子育てと両立できるか、やっぱり不安なんです。

恵子さん 遅くまで働かなければいけないときはありますね。そのときは、子どもを預けたり、ベビーシッターさんを雇ったりしないといけないと思います。出費がかさむ時期はあるでしょうけど、なんとかして切り抜けないと。

芽衣さん 事実、出産して、会社に戻ってくるという方は増えています。「戻ってきて、居場所があるんだろうか?」とか、「時短勤務してもいいんだろうか?」という不安があるスタッフは多いのですが、とくにルビーパーティーブランドには、先陣を切って子育てをしている人がいます。彼女たちはしっかり働いて、時間になったらスパッと帰るし、先輩が帰らせます。そういったスタッフの姿を見ることが、「ああ、ちゃんと働いている人がいるなら、私も戻ってこれる」という安心へとつながっていると思います。

恵子さん 見本となるスタッフはたくさんいますよ。復帰して、ディレクターなどのマネジメント職をやっているスタッフもいますし、もう子どもが高校生になった人もいますしね。当社の男性の育児休暇の取得率も高いです。皆さんの育児の助けになるようにと、出産のお祝い金は、ひとり目は10万円、ふたり目は20万円、3人目は200万円を用意しています。でも、もっと出産してほしいから、4人目が産まれたら1000万円くらい払えるようになりたいですね。

――うらやましいです。私の周りには、お手本になってくれる女性スタッフがいないので、それも今後について悩む理由のひとつなんです。

恵子さん それはかわいそうよね。

芽衣さん 周りの環境もありますよね。“長時間働いたほうが偉い”という考えが残っていると、戻ってきづらくなってしまいますし。体制があっても、人の心の環境が整わないと、働きにくさは変わりませんから。

恵子さん もちろんね、優秀なスタッフが休んでしまうことは、部署にとっては大きなマイナスなんです。だけど、その人が戻ってきたとき、出産と子育てを経て、すごく成長していますから。経営者も、社員の育児休暇取得と復帰は当たり前と受け止め、その体制をとり、社会に貢献しなければ健全な会社とはいえません。

――会社側に「当たり前」と言ってもらえれば、女性も気がラクになりますよね。

恵子さん それでもね、「彼女が長期休暇を取ったら困ります」と言う人はいますよ。そう言われたらね、私は「何を言っているの、そのぶん自分ががんばりなさい」と言います(笑)。それは私が上司だから言えることですけどね。あなたの周りでは、なかなかそう言える人がいないのかもしれませんね。

芽衣さん やっぱり、先達となる方がひとりいると違いますよ。コーエーテクモでは、会長が子育てもして、バリバリ働いていますから、「私もああいう風になりたい」、「私もがんばろう」と励みになるんです。

恵子さん 女性はやればできますよ。文句も言うけど、芯も強いから。子育てしているときは睡眠時間が短くなって辛いこともありますよ。でも平均寿命を見れば、女性が男性より長いのは明らかですから。寝なくても大丈夫(笑)。女性はもっとがんばっていいんですよ! できるんだから。いまの男性はやさしいから、手伝ってくれますし。

――そう言っていただけると、励みになります。私もそうですが、ほかの女性もがんばることで、さらに女性が働きやすい国になるといいなと思います。

恵子さん もっと女性が活躍して、子育てをして仕事をバリバリできる社会になれば、人生はより充実し、国も豊かになり、子供も自立します。

――コーエーテクモゲームスでは、女性の管理職も増えてきていますか?

芽衣さん 女性管理職はまだ少ないんです。全体の4パーセントくらいですね。そのうちの半数が子育てをしながら働いています。

恵子さん もちろん、増やしていきたいと思っています。

芽衣さん 女性側にも“管理職は男性がやるもの”という考えがまだあるようで、素質が十分あるスタッフでも、「私なんて、とても……」と遠慮してしまうんです。そういったスタッフに、管理職に挑戦するやる気を出させることも、私たちの仕事ですね。「もっともっと前に出ていいんだよ」と。それと、先ほども言いましたが、育児休暇を取ったり、時短勤務になることを「申し訳ない」と思わないでほしいなと。それは当たり前ですから。

恵子さん そうですよ。産まれる時期はわかるわけですから、そのときは臨時で仕事をしてくれる人を捜したりと、対策すればなんとでもなります。あなたもがんばらなきゃだめよ!

――そうなんですけど、さっき言った通り、先達が欲しいなと……。

恵子さん いなかったら、自分でなるしかないですからね。後輩や世の中のために。

芽衣さん そうですよ、なるしかないです。

恵子さん もう、すぐに出産して、お手本になってほしい! それで文句を言う人がいたら、「子どもをたくさん産んで、読者にしますから」って言っておけばいいのよ(笑)。「子どもがいると、新たな視点も生まれてくるから」とか、いろいろ言いかたはあるじゃない。あなた結婚はしているの?

――はい、4年ほど前に……。

恵子さん 4年も経っているなんて、ダメよあなた。

芽衣さん いまはお仕事が楽しいんですよね。

――そう、そうなんです。だからタイミングが掴めないんですよ!

恵子さん みんなそうよ、楽しいし、仕事はしなきゃいけない。でもいちばん大事なのは、あなたのたった一度の人生と家庭よ。会社なんて、ひとりやふたり休んでも、ちゃんとやっていけるんだから。それで戻ってくればいいんだし。ダメならうちで雇ってあげますから。

芽衣さん そうですね、もうウェルカムです。会長みずから言っていますからね、大丈夫です。

――ええ、本当ですか!(笑)。

恵子さん 早く産まないと、子育てがたいへんですよ。体力がなくなりますからね。今年中になんとかなさい。

――こんな風に後押ししてもらえるなんて、コーエーテクモゲームスの女性スタッフは幸せですね。

恵子さん 幸せというより、当たり前のことですから。「みんなが忙しい中、申し訳ないけど帰らなきゃいけない……」と思って帰る子の気持ちをね、わかってあげないと。家に帰ったら、家の仕事があるわけだし。でも、ちんたら作業しているよりは、やることがたくさんあるほうが能率が上がりますよ。脳が開花するから。私なんか、料理を作るのはものすごく速いもの。3つも4つもいっぺんに作っちゃう。みんな、そうなりますよ。子どもを育てながら、仕事のことも考えて、お化粧もして、縫いものをし、猫の面倒をみて、洋服を買いに行って、学校のノートに名前を書いたり。もういろいろなことをするから、充実して人間的に成長するのよ。だから、早く産みなさい。

――わかりました、旦那に伝えます(笑)。

恵子さん 人生いろいろなことをしないと。私はね、“太く長く生きなさい”ってみんなに言っているんです。“細く長く”とか、“太く短く”なんて、そんなケチなことを言ってどうするの、と。ええと、今日の主題は、女性が働いていくにはどうすればいいか、ということでしたよね。

――はい、そうです。

恵子さん それは、経営者が整備しなければならない問題ではありますが、女性側の覚悟も必要ね。それは、きっちり仕事をして、家庭もおろそかにしないということ。自分の立場を認識して、寝る時間は少なくなっても、やれることをやる。それも楽しみながらね。先ほど言った通り、そのほうが人間的に成長しますから。お洋服を選ぶのだって、毎日いちいち考えていたら時間がなくなるから、事前にこういう風に並べて順に着ていこう、とかね。そういう工夫は仕事にも活きます。自分で責任を持って、誰のせいにするでもなく、「すべては自分の責任」と自覚することです。そして楽しく前向きに生きていくこと、それが大事です。

――ふたりのお子さんを育てながら、いまなお経営者として働き続けている恵子さんがおっしゃると、自分もできる! という気がします。

恵子さん 誰の人生でもないのよ、自分のこの世でたった一度の人生だもの。精一杯自分の頭と体を使えば、なんでもできるようになります。仕事をしながら母になるのは怖いかもしれませんが、楽しくできます。昔の人はもっと大変な中でやってきたんだから。女性がもっと子供を産んで活躍できる世の中になれば、もっとハッピーになって、日本も経済成長していきます。

――近いうちには、子育てしながら働いている姿をお見せできるようにがんばります。

恵子さん あなたはいまも活躍していると思うけど、今後にも期待していますから。後輩のお手本になってあげてください。

――ありがとうございます。では、私から最後にお願いが……陽一さんの本(『シブサワ・コウ 0から1を創造する力』)ですが、せめて最後の2ページだけでも読んでください!

芽衣さん そう、最後の2ページは読むべきです。会長が読むために最後の2ページがあるんですから。

恵子さん あら、そうなの? では読んでみます。海外出張に行くとき、飛行機の中で読む本にしようかな。

芽衣さん それがいいと思います。

▲内容はもちろん書けませんが、最後の2ページは本当に素敵な内容なので、ぜひ皆さんに読んでほしいです。

▲ちなみに、今回の取材の会場は、コーエーテクモゲームスの社員食堂。とても素敵な雰囲気です。「社員食堂としては贅沢すぎる」と言われたこともあるそうですが、恵子さんいわく「うちのいちばんのお客様は社員」。すばらしいお言葉です。


 襟川恵子さんは、夫である陽一さんを支えるその姿から、よく戦国武将の妻(前田利家の妻・まつとか、山内一豊の妻・千代とか)にたとえられることがあるが、それは違うんじゃないか、と私はつねづね思っている。“内助の功”などと言うけれど、その活躍は内助に留まっていないと思うのだ。

 恵子さんは、旦那様を助けているのはもちろんだけれど、みずから先陣を切って戦ってもいる。いまは陽一さんの上司でもあるわけで、その姿は何にたとえられるものでもなく、まさに“パイオニア”だ。そんなパイオニアがゲーム業界にいるというのは、ゲーム業界に働く女性にとっては本当に頼もしいこと。私自身、勇気を与えられたし、このインタビューを通じて、勇気を分けてもらったと感じる人がいたなら、それはとてもうれしいと思う。

▲記念写真も撮ってもらいました。やったー。

ファミキャリ!とは
 ファミ通.com内で、クリーク・アンド・リバー社と共同運営している求人情報サービス。
 求人情報に加え、スカウトやハイクラス求人情報なども備えており、その他イベント情報やサービスも充実しているのが特徴。
 ゲーム業界に特化した求人情報や人材紹介サービスが主たるサービスで、特集コンテンツとして「ファミキャリ!会社探訪」を毎月実施中。

ファミキャリ!会社探訪とは
 毎月1回、業界の最前線で活躍しているゲームクリエイターへのインタビューを実施中。
 現場で活躍しているクリエイターを始め、メーカーの代表者やエグゼクティブもたびたび登場し、ファミキャリ!ならではの貴重な話も満載。
 インタビューはファミ通.comと週刊ファミ通誌面に同時掲載され、通算で50回以上の掲載実績を誇るファミキャリ!の人気コンテンツとなっている。