『アイドルマスター.KR』キャストインタビュー――イェウン、ソリ、ユキカの3人にドラマの見どころや2ndライブの意気込みを聞いた

『アイドルマスター』初の実写ドラマ作品として、Amazonプライム・ビデオで配信中のドラマ『アイドルマスター.KR』。同作に出演する、イェウン、ソリ、ユキカのインタビューをお届けする。

●ドラマはいよいよ終盤へ!

 『アイドルマスター』初の実写ドラマ作品として、Amazonプライム・ビデオで配信中のドラマ『アイドルマスター.KR』。ファミ通.comでは、イベントに出演するため来日した、イェウン、ソリ、ユキカのインタビューを実施。ドラマの見どころや、2017年8月20日に開催を控えた2ndライブへの意気込みなどを聞いた。


01

▲写真左から、ユキカ、ソリ、イェウン

――前回の来日はドラマの放送前でしたが、放送が開始された率直な感想を聞かせてください。
ソリ 「放送がやっと開始された!」という感じで、私たちも毎週テレビの前に集まって見ています。自分たちで言うのは少し変かもしれませんが、とてもおもしろいです!

イェウン 友だちと家族が私よりも放送を楽しみにしていてくれていて、不思議な感覚です。

ユキカ ソリちゃんと同じなのですが、ドラマの撮影を7ヵ月間も行っていたので、「やっと放送されたんだ」という気持ちです。ドラマを見てくださった方の感想を聞けたり、自分たちのことを知ってくださる方も増えてきたりしていて、とてもうれしいです。

――ドラマを見た方の反響はいかがですか?
イェウン 小学校のときの友だちから「同期の中でいちばん成功したね!」と連絡がきて、すごくうれしかったです。

ユキカ ドラマの放送前は不安が多かったのですが、ドラマを見てくれた方々が想像していた以上に「楽しい!」と言ってくださっていて安心しました。

ソリ 社長がすごく喜んでいました。毎週、集まっていっしょに見ているのですが、喧嘩するシーンになると感情がシンクロして、自分たちの演技を見ながらで泣いています(笑)。

――ドラマや自身の演じる役の注目ポイントを教えてください。
イェウン ドラマのイェウンは小心者で、見ているとイラッとするかもしれないですが、これから変化していくので、見守っていてください。

ソリ ソリはメンバーたち悩みや問題を解決しようとがんばっているのですが、実際は自分の悩みとも戦っていたりするところが、皆さんも共感できるのではないかなと思います。あと、メンバー全員にそれぞれ個性があるので、その部分にも注目してみてください。

ユキカ 字幕が日本語版では、過激になっていたり、プロデューサーさんが言っている言葉がカッコよくなっていたり、少し変化しています。日本のドラマでは出てこないセリフなどもあるので、そういったところも楽しんでください。ユキカは、ほかのメンバーとは違って、悩んだりするような切ないエピソードとは無縁で明るいキャラクターです。

――撮影が7ヵ月間も行われたということでしたが、思い出に残っているできごとなどはありますか?
ユキカ じつは、ドラマで描かれたできごとの20%くらいが実際に起こっているんですよね。たとえば、劇中にテリが救急車で病院に運ばれるというエピソードがありましたが、ドラマの撮影のときには、ハソちゃんが呼吸困難になって救急車で運ばれるということがありまして……。ドラマと同じように、みんなで泣きながら救急車を追い掛けました。おもしろいエピソードとしては、セットで撮影をしていたときに2~3時間しか仮眠できる時間がなかったので、近くのホテルに泊まっていたのですが、ソリちゃんと「つぎに撮るシーンの台本を寝ないで覚えようね」と話していたのに、ふたりともすぐに寝ちゃって、マネージャさんの電話で起きるみたいなことがありました。

ソリ セットでの撮影のときの記憶はほとんどないです(笑)。あと、冬の時期に夏のシーンを撮らないといけなくて、真冬に半袖半ズボンで撮影したりもしました。

イェウン 私は、ファンの方々が撮影に参加してくださったときのことが印象に残っていますね。朝から夜中まで長時間にわたって、ご協力いただいて感謝しています。

ユキカ そのほかには、今回のイベントのために日本に着いて飛行機を降りたときに、空港で韓国の方に「ドラマ見ました!」と声を掛けられました。「ついに私たちも声を掛けれるようになったんだ」と喜んでいたら、今日開催される上映会に参加するファンの方だったんです(笑)。(※本インタビューは2017年7月25日に実施しました)

ソリ でも、話を聞いてみたら、今回のイベントのために休暇を使って、わざわざ韓国から来てくださったということで、すごくうれしかったですね。

――4月7日に開催された1stイベントの感想を聞かせてください。
イェウン あれだけ大きな会場での初めてのイベントだったので、すごくうれしかったです。最後にみんなで号泣したことが思い出に残っています。

――8月20日には2ndライブが開催されますが、意気込みをお願いします。
ソリ 1stイベントと同じように歌やトークだけでなく、ゲームコーナーで皆さんといっしょに楽しみたいです。

ユキカ 1stイベントのときはドラマ放送前ということもあり、皆さんの反応がまったく予想できなかったことや、大きな会場での初の単独イベントということで不安がありました。でも、プロデューサー(※『アイドルマスター』シリーズのファンのこと)の皆さんが盛り上げて、逆に私たちを楽しませてくださったように感じているので、2ndライブでは、私たちがもっと皆さんを楽しませられるようにがんばりたいと思います。

――『THE IDOLM@STER.KR MUSIC Episode 1』では、『THE IDOLM@STER(韓国語ver.)-』、1stイベントでは『アイ MUST GO!』、というように『アイドルマスター』シリーズの楽曲をカバーされていますが、今後、カバーしてみたい楽曲はありますか?
イェウン 私はいちばん好きな『GO MY WAY!!』を歌ってみたいです。

ソリ 私は『シンデレラガールズ』の『お願い!シンデレラ』です。

ユキカ 私は前回のインタビューで『SMOKY THRILL』が好きだとお話ししましたが、その後、評価会に向けてダンスだけを練習したので、歌も練習していつか披露してみたいです。

[関連記事]
『アイドルマスター.KR』唯一の日本人キャストのユキカにインタビュー――『アイドルマスター』へのアツい思いも!


――今後の目標などを教えてください。
ユキカ 今度、韓国で私たち3人とスジ、ジウォンの計5人で『PINGPONG GAME』という楽曲を発売します。まずは、その曲で韓国チャートの100位以内に入ることが目標です。韓国のチャートは日本のように毎週入れ替わるのではなく、1年以内に発売された人気曲ばかりがずっと固定入っているという感じなので、100位以内に入ることがすごく難しいのですが、なんとかそこに入れるようにがんばります。

ソリ 2ndライブ以降も日本で活動していきたいですし、さらに活動の場を世界に広げていければと思っています。

――最後にファンの方にメッセージをお願いします。
イェウン まずは、ドラマが本当におもしろいので最後まで見てください。そして、音楽活動も続けていくので注目してほしいと思います。

ソリ 今回は3人の来日でしたが、今度は10人全員で来られるように、活動や日本語の勉強をがんばりますので、期待していてください。

ユキカ 私は皆さんにお願いがあります。私たちのオリジナル楽曲に『アイドルマスター』の楽曲のような伝統的なコールを作ってほしいです。そして、いっしょに盛り上がりましょう!


04 05

【THE IDOLM@STER.KR 2nd ST@GE in Japan 概要】
日程:8月20日(日)
 ・1st Stage 開場13:00 / 開演13:30
 ・2nd Stage 開場18:30 / 開演19:00
会場:SELENE b2(東京都港区三田5丁目2-30)
料金:5800円[税込、ドリンク代金別]ハイタッチ会付
出演者:Real Girls Project(R.G.P)
チケット販売日程:発売中
 ・1st Stage 販売ページ
 ・2nd Stage 販売ページ
問い合わせ先:コールセンター 03-5447-8550(平日14:00-17:00)
主催:株式会社インタラクティブメディアミックス


07 08 09
10 11 12
13 14 15