『エースコンバット7 スカイズ・アンノウン』最新バージョンを体験! そして河野Pにあれこれ聞いてみた【E3 2017】

2017年6月13日~15日(現地時間)、アメリカ・ロサンゼルスで開催されている世界最大のゲーム見本市“E3(エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ)2017”にて最新バージョンがプレイアブル出展された、『エースコンバット7 スカイズ・アンノウン』。『エースコンバット』ブランドプロデューサー・河野一聡氏へのインタビューをお届け。

●《イエス、ケストレルII》最新バージョンに触れてみた!

 2017年6月13日~15日(現地時間)、アメリカ・ロサンゼルスで開催されている世界最大のゲーム見本市“E3(エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ)2017”にて最新バージョンがプレイアブル出展された、『エースコンバット7 スカイズ・アンノウン』(以下、『ACE7』)。「戦闘機で雲の中を通り抜けたときの温度まで感じてもらいたい」そんな細部にまでこだわって開発されているのが本作だ。最新のトレイラーや、本編のプレイアブルデモからわかったこと、さらにブランドプロデューサー・河野一聡氏へのインタビューをお届けする。

【関連記事】『エースコンバット7 スカイズ・アンノウン』 E3 2017出展用トレーラーをひと足早く公開! ストーリーや登場キャラクターの一部が登場!?


01 02

▲“空”の表現にとことんこだわりが感じられる本作。

●さっそく体験! アーセナルバードとの戦いが激アツ!

 こんにちは、週刊ファミ通のででおです。趣味はポロ。あの馬に乗ってやるやつ。すみません嘘です。半年以上前に“PlayStation Experience 2016”で出展されていたVRコンテンツデモでのプレイ(詳細はこちら)以来、新たな情報が出ていなかった『ACE7』だが、E3 2017でついに本編のプレイアブルデモが出展されるということで、文字通りマッハで体験してきました。

 まずは操作方法をスタンダードかエキスパートから選択。前者は左スティックを倒した方向に機体が進む、初心者にやさしいゲーム的な操作。後者は左スティックの左右でロール(機体が前後の軸に対して回転)。それだけでは進行方向が変わらないが、左スティックを下に倒すことでピッチアップ(機体が上方向に向くこと)し、機体の進行方向を調整できる操作だ。文章で書くとややこしいけど、慣れれば背面飛行なども自由自在なので、初心者だとしても断然エキスパート操作をオススメしたい! 今回の試遊でも、当然こちらを選択しましたとも。

 そしてブリーフィング画面に移行。こちらは『エースコンバット04 シャッタードスカイ』のころを彷彿とさせるシンプルなレイアウトで、作戦内容が説明されます。自機や僚機、そして敵機の配置がわかりやすいのですが、正直細かいところまでしっかり聞いていなくてもなんとかなります。それにしてもこの雰囲気とBGM、なんだかワクワクしてきますね~。


03 04

▲こちらはE3トレイラーの切り出し画像ですが、ブリーフィングもこんな雰囲気です。

 つぎに機体選択。E3出展バージョンでは、“F/A-18F スーパーホーネット”と“F-14D スーパートムキャット”のどちらかを選べました。うーん、どっちの機体も好きだけど、映画『トップガン』好きとしてはF-14Dを選ばずにはいられない。可変翼最高! ちなみにこのハンガーでは、機体を隅々まで鑑賞できるのですが、カメラをグッと寄せるほど、質感のすごさが伝わってきます。リベットのひとつひとつまでがリアルで、感嘆しまくりでした。「昔からおなじみの機体はポリゴンモデルを流用しているんじゃないの?」と思っているそこのアナタ。これまでとまったく違いますよ! なお、機体に特殊兵装として長距離空対空ミサイルを装備できましたが、こちらも鑑賞可能です。じっくりと観察しちゃいました。

 搭乗機体を気が済むまで鑑賞したところで、いよいよミッションスタート。今回も空母から発艦します。ところで、この空母の名称は“ケストレルII”というそうで……この名前にピンと来たシリーズファンは多いのではないでしょうか? 『エースコンバッ5ト ジ・アンサング・ウォー』に出てきた空母“ケストレル”の名を冠しているとは……。知らなくてもまったく問題ない情報ですが、こういうファンがニヤリとできる設定、いいですね~。離陸すると、地上にはクレーターにできた湖のような地形、そして空には積雲がいくつか浮いているのが見える。いますぐ雲に飛び込みたい気持ちを抑えて、視点変更をチェック。本作では、三人称視点、一人称のHUD視点、そしてコックピット視点が選択できます。記者は『エースコンバット』シリーズをプレイするときはHUD視点を好んで使うのですが、今回ばかりはコックピット視点を推奨したい! なぜなら、雲の中や、局地的に雨が降っているところ(!)などを通過すると、キャノピーに水滴が付くから。臨場感が本当にスゴイんです。しかも、雲の中に滞在し続けると、キャノピーに付いた水滴が凍りつく! スゲェ!!


16

▲美しすぎる水滴。(写真のコックピットはF/A-18Fのものです)

 と、感動しているうちに敵機が出現。ミサイルや特殊兵装で撃墜しまくったり、機関砲で追い回したりと、いつもの『エースコンバット』と同様に楽しめました。真横からだとミサイルが当たらないので、いかに敵機の背後を取るか、を考えるドッグファイトの醍醐味は健在です。雲の中に入った敵機はレーダーから見えなくなることもあるので、そのあたりの駆け引きは新鮮ですね。

 しばらくドッグファイトに浸っていると、ミッション更新を知らせる無線通話が聴こえてきた。その後、自機の前方に巨大な影が……こ、こいつはアーセナルバード!?


05 06

▲アーセナルバードは、軌道エレベータを護る超巨大な航空機。デカイ!

▲アーセナルバードの近影。丸い部分はレーダー?

 アーセナルバードの機体全体に、無数のコンテナ(敵であることを示す四角いマーカー)が現れ、その数に圧倒される。さらに、アーセナルバードからこれまた無数のUAV(無人機)が射出され、こちらに猛攻を仕掛けてきた! あまりにも数が多くて、映画『インデペンデンス・デイ』のワンシーンを思い出しちゃいましたよ。コレはテンション上がりますわ。


07 08

▲次々と放たれるUAV。多すぎィ!!

 ミサイルアラートが鳴りやまない中、なんとかアーセナルバードを撃墜しようとミサイルをブッ放すこと数回。ここでまた仲間からの無線が流れ、UAVの猛攻に耐えるターンに。ちなみにこの無線のあとは弱点を表すコンテナが“×”マークに変わりました。それでも無理やり撃墜を試みたが、どうやらUAVが身を挺して本体を護っている模様。ここで試遊は終了となったが、あまりにも激しい戦闘に、汗をビッショリかいていました。いやー、やっぱり楽しいわこれ。もっと遊びたい! 発売日が待ち遠しいですね~。