『テイルズウィーバー』ダンまち外伝コラボや装備に関する新システムが発表! なぜか大玉転がしで盛り上がったサマーフェスティバル2017リポート

2017年6月10日、PC用MMORPG『テイルズウィーバー』のオフラインイベント“テイルズ-サマーフェスティバル2017-”が開催された。さまざまな催し、プレイヤー同士の交流、そしてライブに最新情報公開と、非常に濃密だったイベントの模様をリポートする。

●楽しいのはステージだけじゃない! 会場全部が大盛況!

 2017年6月10日、東京・品川のTHE GRAND HALLにて、ネクソンが提供するPC用MMORPG『テイルズウィーバー』のオフラインイベント“テイルズ-サマーフェスティバル2017-”が開催された。


ph01 ph02

 2017年9月に、日本でのサービス開始から13周年を迎える『テイルズウィーバー』だが、会場に集まったファンの熱気は何年経っても衰え知らず。ステージ開演前から、会場のホワイエに用意されたさまざまなコーナーとファン同士の交流で大いに盛り上がった。

 筆者は残念ながらお目にかかれなかったが、来場者の中には本作のマスコット的存在である、ゼリッピ形のケーキを持ち寄ってくれた人もいたとのこと。ユーザー間の楽しみかたが多種多様なところもまた、ロングランタイトルならではの面白いところだろう。


ph03 ph04
ph05

▲ほぼ完売御礼となったグッズやガチャといった物販はもちろん、ホワイエ(ロビー)全体も大賑わい。3部構成のステージの合間には30分ずつ休憩時間があり、その休憩時間には毎回このような熱気が!

ph06 ph07
ph08

▲謎解きイベント“アナベルの探し物”。開場の各所に設置された謎解きのヒントを集め、正解にたどり着くと素敵な賞品が!

ph09 ph10
ph11

▲夏をイメージしたビーチバーコーナーでは、歴代のグッズに加えて13周年の限定グッズの展示も。

 また、会場には13周年記念のファンアートコンテストの最終選出作品も展示。来場者が作品を直接鑑賞し、最優秀賞を決めるべくその場で投票していった。


ph12 ph13
ph14 ph15
ph16 ph17
ph18 ph19

▲イラスト部門とアイテムアート部門の中から、最終選考により4作品ずつがこの会場での投票の場に並んだ。

 この投票以外にも、プレイヤーの生の声を付箋に書いて張れるメッセージパネルやフリーイラストコーナーには、来場者のメッセージがぎっしり。『テイルズウィーバー』ファン同士での楽しい歓談は、始終絶える様子がなかった。


ph20 ph21
ph22 ph23

▲来場者の声が集まったメッセージパネルと、フリーイラストコーナー。

ph24 ph25
ph26 ph27
ph28

▲会場には見事なコスプレを披露してくれた方も多く、何名かにお声がけして撮影させていただきました! 交流中、よりシベリンらしい構え方をコスプレイヤーさんに伝授する人も!? 仲いいな、君たち!

●心に染みるライブに続いて、最新情報を発表!

 ホワイエが盛り上がる中、メインとなるステージイベントも負けじと豪華の一言。MCを担当したのは、コンパニオンモデルの渡辺順子さんと、『テイルズウィーバー』大好き声優・村井理沙子さんだ。


ph29

▲渡辺順子さん(左)と、村井理沙子さん(右)。村井さんはティチエルの衣装で登場!

 ステージの第1部では、『テイルズウィーバー』のアレンジサウンドトラックを手掛け、ゲーム内楽曲も提供しているクラシカルバンド・Vanilla Moodの皆さんが登壇。

 こちらのライブでは、懐かしの過去曲メドレー『Tales are about to be weaved ~ And, Don't Forget ~ Carnival town ~』、忍桜の里BGM『紅唇』、巡礼者の村BGM『Third Run』の、プレイヤーにはなじみ深い3曲を披露。澄んでいながら重厚なクラシカルサウンドで会場全体を魅了してくれた。


ph31 ph32

▲生演奏を披露してくれたVanilla Moodのお三方。ピアノと弦楽器の緩急も絶妙な掛け合い、そこから生まれる美麗なハーモニー。曲がいいと評判の『テイルズウィーバー』の魅力を最大限に引き出したアレンジに、会場のプレイヤー全員が引き込まれた!

 ステージ第2部ではGM(ゲームマスター)ネフニル氏が登壇し、2017年夏以降に順次実装予定の、最新アップデート情報を解説。かなり盛りだくさんの内容となっていたので、その内容を項目ごとに分けて解説する。


ph34

▲アップデート解説を担当してくれた、GMネフニル氏(中)。

◆ドロップシステム改変

 アイテムドロップ時、その価値ごとに異なる色の光の柱が立ち上り、アイテムの位置とその価値を分かりやすく知らせてくれるようになる。

 さらに、これまではレアドロップ上昇効果が及ばなかったボス宝箱などにも効果範囲が適用されるようになるとのこと。レアドロップ上昇アイテムの利用価値が高まりそうだ。


ph36
ph37

▲ドロップ時の光の柱については動画でも解説された。はっきり分かる大きさの光なので、拾い忘れは今後はまずなさそう。

ph38

▲レアドロップ上昇効果についても気になるが、PTプレイ時のドロップアイテムの公平化とは……? こちらの詳細は追って発表するとのこと。

◆ランダムオプションシステム


ph39
ph40
ph41

 会場がざわついたのが、この新システムについての発表。アーティファクトやエフェクトなど以外の、ほとんどの装備部位のアイテムについて、ドロップ時ならびに獲得時に、ランダムで強化能力のオプションが追加されるようになる。

 効果はさまざまということで、その多彩さが分かる一例として紹介されたのは、なんと「攻撃時、一定確率でメテオスキル発動」というとんでもない能力! この例を見るに、予想もつかない能力が目白押しになりそうだ。


ph42

▲動画にて、攻撃と同時に降り注ぐメテオの模様が解説された。範囲も非常に広く、いろいろと波乱の予感……!

ph43
ph44

▲さらに、ランダムオプションは別の装備に移動することも可能! 費用として素材とSEEDが必要になる。

◆装備強化システムリニューアル第3弾


ph45

 MR、エンチャント、インクリの3種類の装備品カテゴリにおいて、強化システムが変更される。

 MRはNPCに強化依頼する際の高額だった費用が、遠隔MR券を使ったときと同じくらいまで減額。さらに、各項目の強化上限の数値が分かりやすく表示されるようになるのに加え、SEEDの追加支払いで変動値の保護が可能となる。


ph46
ph47

 エンチャントは、強化に失敗した場合は“合成回数”が増えなくなり、失敗を重ねて強化可能回数が上限に達してしまうような事態はなくなる。

 それどころか、強化に失敗したときには、そのエンチャントの“失敗補正値”というパラメーターが上昇する。このパラメーターが増えるたびに強化成功率が上がっていき、100%溜まっていれば必ず成功! 失敗のリスクが大幅に減ったうえで、いつかは必ず最大強化まで持っていけるようになる。


ph48
ph49

▲こつこつ続ければ、必ず強化できる。ただし、その費用として大量のSEEDが必要になる。

 インクリの強化は、SEEDを消費することで合成回数を減らし、さらなる強化にチャレンジしていける仕様に変更。こちらの詳細は後日発表されるそうだ。


ph50

 装備関連の新システムとして、“継承”が実装される。

 同一装備部位のアイテム間で強化を継承できるというこのシステム。待ち望んでいたプレイヤーも多いようで、発表時には会場からも歓声が上がっていた。ここでもSEEDが大量に必要になるようなので、いまのうちにSEEDをしっかり溜めておきたい。


ph51
ph52
ph53

▲継承するには同一装備部位、なおかつ継承先の装備の必要レベルは、継承元の装備の必要レベルよりも高いことが条件。長らく愛用してきた装備の強化状態を、より高レベルの新装備に移せるわけだ。

◆アナベルのシークレットチャプター追加


ph54 ph55
ph56
ph57

 先日追加されたイスピンのシークレットチャプターに続き、6月21日に人気キャラクター・アナベルのシークレットチャプターが追加となる。

 これに伴い、ショートパンツのウェイトレス姿という、これまでにないアナベルのShowArmorも追加。髪型についてもいろいろあるという、気になる発言も……?


ph58
ph59
ph60

▲イスピンのShowArmorの決定までの過程を解説しつつ、今後実装予定のShowArmor画像も公開! 専用の染色の実装に加え、待望の和装に、会場からこの日一番の大きな歓声が上がった。なお、今後の実装キャラクターについてはまだヒミツとのこと。

ph61

▲6月21日からは新イベントもスタート。報酬として入手できる新ペットの画像がこちら。画面下に見えるサーフボードについても、「夏のそれらしい時期」には追加されるとか?

◆次期タイアップ決定


ph62 ph63
ph64

 TVアニメ『ソード・オラトリア ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 外伝』との、2017年秋~2017年冬ごろのタイアップが決定。

 『テイルズウィーバー』とは少し異なる雰囲気の、ハードな世界観の本作。とはいえ、同じファンタジー世界であることやユニークなコンセプトやデザインの武器が使われている点からも、タイアップ内容に期待が高まる! 詳細については、今後の公式サイトでの告知を要確認。


●締めはコンテストの結果発表と……大玉転がし!?

 ステージ第2部の最後を飾ったのは、来場者が参加するゲーム大会。以前のイベントではクイズ大会が恒例だったのだが、今回は嗜好を変え、まさかの観客席全体を使っての“ゼリッピ大玉転がし”ゲームが行なわれた。


ph65

▲会場の指定席は、サーバーごとに縦に区分けされていた。この並びがまさか、観客席後方から前方への、サーバー対抗大玉転がしの布石だったとは……。

ph67 ph68

▲想像以上の速さで送られてくる大玉を制御し、見事優勝したのはゼルナサーバー(黄色)の皆さん! 最後はステージ上のMCおふたりの目の前に、綺麗な着地で大玉を送り届ける美技を披露。

 ステージ第3部では、来場者の投票で決定したファンアートコンテストの最優秀作品を発表。それに続いて、イベントを締めくくるプレゼント抽選会も実施。『テイルズウィーバー』推奨PC“GALLERIA GAMEMASTER GA”をはじめとする、豪華プレゼントが提供された。


ph69 ph70

▲イラスト部門、アイテムアート部門それぞれの最優秀賞が、当日の投票結果で決定。受賞作者には賞品と、会場からの惜しみない拍手が贈られた。

ph73 ph74

▲抽選会ではゼリッピTシャツ大量放出、ゲーミングPCプレゼントなど、じつに豪華。さらにオリジナルWebmoneyカードのプラチナ版は、リアルにプラチナ使用とのこと!?

 ステージ上での最新情報発表と、紹介した通りのさまざまな催し。さらにステージ外でもファン同士の交流と各種コーナーと、始終盛り上がりが絶えなかった今回のイベント。

 ステージ終了後の自由時間になっても、ホワイエから人の波が引いていく様子はまったくなく、楽しい歓談の時間が長らく続いていた。13周年を迎えても、いまなおこのファンの熱量。アップデートへの期待のみならず、今後もユーザーの熱い応援が続いていくであろうことを、大いに実感できるイベントとなった。

 13年目もまだまだ進化と、盛り上がりが止まらない『テイルズウィーバー』。オンライン、オフラインともに、今後のさらなるイベントやアップデートの発表が気になるところだ。公式サイトのチェックは、ぜひ欠かさないでいただきたい。


ph76

▲ステージの最後には、演者の皆さんが全員登壇。今後の展開にも期待が高まるばかり!



Copyright (C) 2009 NEXON Korea Corporation and NEXON Co., Ltd. All Rights Reserved.