●SUPER NINTENDO WORLDは、2層のエリア!

 既報の通り、2017年6月8日、大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンにて、任天堂のキャラクターと、その世界観をテーマにしたエリア“SUPER NINTENDO WORLD”の建設着工式“「SUPER NINTENDO WORLD」Groundbreaking Ceremony”が開催。セレモニーの中で、『マリオカート』のライド・アトラクションが作られることが発表された。本記事では、動画を交え、セレモニーの流れや、セレモニー後に行われた質疑応答を余すところなくお届けする。

[関連記事]
『マリオカート』がライドアトラクションとして登場決定! マリオ&宮本茂氏も登壇した、USJ“SUPER NINTENDO WORLD”建設着工式開催速報リポート

 まずは、SUPER NINTENDO WORLDの概要から。SUPER NINTENDO WORLDは、2層のエリアとして作られ、アトラクションのほか、レストラン、ショップエリアなども併設されるとのこと。気になる建設場所は、“ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター”の隣りで、現在は駐車場になっているところに作られるようだ。オープンは、2020年の東京オリンピック開催前。アトラクションは、前述の通り、ライド・アトラクションの『マリオカート』のほか、複数のアトラクションがあるようだが、任天堂のどのIP(知的財産)が使われるのかは不明。今後、随時発表されていくと思われる。

▲セレモニーのステージは、『スーパーマリオ』の世界観を再現したもの。BGMも『New スーパーマリオブラザーズ』や『スーパーマリオギャラクシー』など、『スーパーマリオ』シリーズの曲がかかっていた。
▲こちらはセレモニー終了後に撮影したパノラマ写真。このあたり一帯が、SUPER NINTENDO WORLDになるとのこと。

 ここからは、セレモニーの流れをリポートしよう。セレモニーは、マリオが土管から登場するところからスタート。まるで『スーパーマリオ』のゲームのように、クリボーを踏んだり、ブロックを壊したり、甲羅を蹴ったりするシーンの後、マリオがユニバーサル・スタジオ・ジャパンの入り口にもある、ユニバーサルロゴの入った地球のモニュメントに到着(詳しくは下の動画をご覧ください!)。「Hello」と呼びかけると、マリオの帽子と手袋を身に着けた、任天堂株式会社 代表取締役クリエイティブフェローの宮本茂氏、株式会社ユー・エス・ジェイ 代表取締役CEOのジャン・ルイ・ボニエ氏、ユニバーサル・パークス&リゾーツ バイス・チェアマン兼ユニバーサル・クリエイティブ プレジデントのマーク・ウッドベリー氏が登場した。

▲曲に合わせてアクションを決めるマリオ。動画を見るとわかりますが、一部、ちょっとズレちゃったところもあるけど、最後はバッチリ決め!

 お三方の挨拶は、下記の通り。

ジャン・ルイ・ボニエ
「我々USJにとって非常に重要なこのプロジェクトですが、投資額としては600億円を超えています。SUPER NINTENDO WORLDは、成功を収めているユニバーサル・ワンダーランド、ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター、ミニオン・パークに続くエリアになります。また、この任天堂の世界観をテーマにしたエリアは2層からなるユニークな構造で、アトラクション、レストラン、ショップエリアとして、国内外から多くのお客様をお呼びできます。このプロジェクトを楽しみにしています」。

▲ジャン・ルイ・ボニエ氏。

マーク・ウッドベリー
「このような歴史的な日に、USJに来られてワクワクしています。3年くらい前に、任天堂とユニバーサルという世界的なエンターテインメント会社間において、画期的なパートナーシップを作ることができました。その3年のあいだに、天才的な宮本さんが率いる、任天堂のクリエイティブなチームと、我々ユニバーサルのクリエイティブチーム、および、ユニバーサル・パークス&リゾーツの皆がプロジェクトに関する対話を始めました。何よりワクワクするのは、任天堂の卓越したキャラクター、ストーリー、世界観を、世界の皆さんがこれまで見たことのない方法で再現できるということになります。そして、この“SUPER NINTENDO WORLD”の中心的な存在になる『マリオカート』。世界中のファンの皆さんが待望だった、この革新的なアトラクションを発表できることは非常にうれしいことです。この『マリオカート』は没入感に溢れ、革新的な技術を駆使したアトラクションになります。ファンの皆さん、ゲストの皆さんが、このエンターテインメントを非常に期待して待ってくださっていることをしっかり受け止めたいと思います」。

▲マーク・ウッドベリー氏

宮本 茂
 「皆さん、おはようございます。安倍首相ではありません(笑)。ふだんからこんな帽子や手袋をしているわけではないので、誤解のないようにしてください(笑)。これ(手袋)をして気づいたんですけど、この状態だと指紋認証できないんですよね。マリオはとても不便なんだなーと改めて思いました(苦笑)。マークさんは、フロリダにあるユニバーサルのトップで、このチームの大勢の皆さんと、私を含めた任天堂のゲーム作りのスタッフ、キャラクターを作っているスタッフ、みんながいっしょになって、この3年間でここまでやっと積み上げてきました。パークの経験がある人たちの手で、任天堂の世界を造型で作り上げていくクリエイティブは本当にすばらしく、安心して見ていられます。さらに、エンターテインメントをやってきた会社どうしとして、いろいろな技術の交流ができて楽しくやらせてもらっています。フロリダのほうに行くとトレーラーがあって、その中にマリオ専用のチームがずらーっといまして、何度も訪れました。行くたびに、彼らの机のまわりにマリオグッズや任天堂グッズがあるのを見つけて。任天堂のキャラクターへの理解もとても深いですし、マリオ愛、任天堂愛を感じながら、言葉の壁を乗り越えて仕事をさせていただいています。こうして、任天堂のゲームが実在の物になっていって、ゲームに入ったような体験ができるということで、我々もいっぱいその中にネタを詰め込んできました。これがやっと形になっていきます。実際に任天堂のゲームの世界に入っているという没入感が味わえる瞬間を、僕らもいっしょに完成を楽しみにしていますので、皆さんもお楽しみにしてください」。

▲宮本茂氏。

 お三方の挨拶の後は、再びマリオが登場。マリオおなじみの「Here We Go!」の掛け声とともに、舞台の中央に現れたハテナブロックを、ジャン・ルイ・ボニエ氏、マーク・ウッドベリー氏、宮本茂氏、そしてマリオがいっしょにジャンプのポーズで叩くと、花火とともに紙吹雪が一面に舞い散るという、非常に豪華な建設着工式となった(一連の流れは、下記の動画をぜひ!)。ちなみに、この紙吹雪は『スーパーマリオ』のコインやキノコ、スターで作られており、おみやげに持ち帰る人があちこちで見られた(もちろん、記者もいただいた)。

▲思わず持ち帰る人が出た紙吹雪。