“ニコニコ超会議2017”の“超『ARMS』ブース”や、“超ゲームステージ”などで行われた、『ARMS』ブースの熱気をリポート。

●『ARMS』の盛り上がりをお届け!

 2017年4月29日~4月30日、千葉・幕張メッセにて開催された、ニコニコ最大のイベント“ニコニコ超会議2017”。同イベントには、2017年6月16日に発売予定のNintendo Switch用ソフト『ARMS』が出展され、期待を寄せる多数のファンたちが集結した。本記事では、“ニコニコ超会議2017”で感じられた、全体の『ARMS』の盛り上がりをお伝えしていこう。

[関連記事]
ミェンミェンとDNAマンの気になるポイントを確かめた! 『ARMS』試遊リポート
Nintendo Switch『ARMS』1dayトーナメント&プロゲーマーエキシビションマッチで白熱! 新キャラのミェンミェン&DNAマンもお披露目

 『ARMS』は、Nintendo Switchの特徴である、Joy-Conを使った新感覚の対戦型格闘スポーツゲーム。ボクシングにのび~る腕が加わり、シンプルながらも奥が深く、戦略性の高いバトルが楽しめる意欲作だ。

 “ニコニコ超会議2017”の開場から閉場まで、つねに大勢のプレイヤーが集まった“超『ARMS』ブース”では、プレイアブル出展された『ARMS』の先行試遊ができた。また、来場者の中から参加者を募り、“『ARMS』スゴウデトーナメント”を開催した。

 試遊コーナーにはつねに長蛇の列ができており、本作にゲームファンが寄せる期待の大きさが感じられた。試遊プレイヤーたちは、軽い練習のあとにガチンコバトルを体験。参加者全員がすぐに操作に馴染んでいたようで、シンプルながらも奥深い、白熱したバトルを楽しんでいる様子だった。

 今回は、“スプリングマン”、“リボンガール”、“ニンジャラ”、“マスターマミー”、“メカニッカ”に加えて、“ミェンミェン”、“DNAマン”のふたりが新たにプレイアブルキャラクターとして使用可能。初めてプレイする人はスプリングマン、リボンガールなどといったオーソドックスなキャラクターを使っているようで、すでに体験したことのあるプレイヤーは、ミェンミェン、DNAマンの感触を確かめているようだった。

 “『ARMS』スゴウデトーナメント”は、腕に自信のあるプレイヤーたちが集まり、ステージ上で熱いバトルを披露。ステージ前には数多くの観客が集まり、“必殺ラッシュ”がヒットすれば「おおおお!」と大きな声を挙げて盛り上がるなど、観客たちもすでに本作のバトルの見どころが分かっているように感じられた。

▲トーナメントステージ2日目は、椿姫彩菜さんとブンブン丸が司会を務めた。
▲1日目から出演している『ARMS』プロデューサーの矢吹光佑氏(右)は、実況解説席にも登場。
▲実況解説席には、『ARMS』スタッフたちが多数出演。アートディレクター・イシカワ氏による、貴重な生イラストが披露される場面も!
▲2日目の午前の部決勝戦は、リボンガールどうしの戦い。同じキャラクターの場合は、キャラクターカラーが変わるようだ。
▲2日目午前の部を制したのは、某フレンズのファンだという、まるく。さん!

 ほかにも、トーナメントの前には、プロゲーマーたちがエキシビションマッチを行い、レベルの高い試合を展開。1日目には『ストリートファイター』シリーズで活躍するMOV選手、『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズで活躍するAbadango選手が戦った。2日目には、女性プロゲーマーどうしがバトルをくり広げ、『ストリートファイター』シリーズで活躍するチョコ選手、『鉄拳』シリーズで活躍するたぬかな選手が戦った。

▲こちらは2日目のプロゲーマーエキシビションの様子。チョコ選手(左)、たぬかな選手(右)
▲チョコ選手はミェンミェン、たぬかな選手はリボンガールを使用。ちなみに、どうやらカラーの変更もできるようだ
▲リボンガールのジャンプを巧みに使い、みごとたぬかな選手が勝利となった。

 “超ゲームエリアステージ”では、3つのゲーム実況グループどうしで、三つどもえの団体バトルを展開! 人気ゲーム実況者たちが勢ぞろいということもあり、ステージには多数のファンたちが集っていたほか、ワイワイとバトルをみながら盛り上がっていた。

▲出演者はセピア、ふぁんきぃ、recog、towaco、5月病マリオ、そでやま、まさし、犬助、鬱先生、シャオロン、オスマン(各敬称略)

 “ニコニコ超会議2017”を通して、筆者は『ARMS』の魅力をたっぷりと味わえたほか、男女や年齢を問わない注目度の高さを感じられた。今後の続報に期待しつつ、6月16日の発売日を楽しみに待とう。