カプコンは、発売中のプレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『バイオハザード7 レジデント イービル』について、メイキング動画の第4弾“The House that Jack Built”を公開した。

●今春配信の無料DLCではクリス・レッドフィールドが帰ってくる!

 カプコンは、発売中のプレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『バイオハザード7 レジデント イービル』について、メイキング動画の第4弾“The House that Jack Built”を公開した。

 以下、リリースより。


クリエイターたちが語る「バイオハザード7」
メイキング オブ 『バイオハザード7』#4
「The House that Jack Built」本日公開!

「すべては恐怖のために」
“サバイバルホラー”の新たなマスターピース、『バイオハザード7 レジデント イービル』。
新たなゲームシステムに、新たなゲームエンジン、VRへの対応…。
全てが“挑戦”であった「バイオハザード7」。チャレンジにあたってはデザインワークにおいても、サウンドにおいても、「怖いのか?怖くないのか?」が1つの指標となった。
「バイオハザード7」の誕生に迫るメイキング オブ『バイオハザード7』もついに最終回、#4「The House that Jack Built」が遂に公開!「バイオハザード7」での挑戦は次回作へもつながってゆく。

▲コンセプトアート「Lucas」
ベイカー家の長男、ルーカスの居る棟。ライトアップされた入口と内部に張り巡らされた罠のギャップが彼の性質を物語る。本編でもこのコンセプトアートのイメージのまま登場する。
▲コンセプトアート「Bug Nest」
マーガレットを象徴するステージ、旧館のためのコンセプトアートだ。

クリス・レッドフィールドが帰ってくる!

“I’m Redfield”
本編クライマックスに登場するクリス・レッドフィールド。
彼は何を追ってベイカー邸に現れたのか?
2017年春に無料配信予定のDLC「Not A Hero」ではこのクリスの活躍が描かれる。
「7」本編で完結するイーサンの悪夢とは異なるテイストの短編シナリオ「Not A Hero」。
“サバイバルホラー”の次なる挑戦を見届けろ。

『バイオハザード7 レジデント イービル』ダウンロードコンテンツ
Not A Hero
価格:無料
配信開始日:2017年春予定