なぜデスゲームを題材に? ストーリー分岐とマルチエンディングの是非は? 『ZERO ESCAPE』打越鋼太郎氏vs『ダンガンロンパ』小高和剛氏“アドベンチャー裁判”開廷

スパイク・チュンソフトは、『ZERO ESCAPE 9時間9人9の扉 善人シボウデス ダブルパック』について、打越鋼太郎氏と小高和剛氏による対談企画“アドベンチャー裁判”の第1回動画を公開。

●全3回のゲームファン必見動画企画!

 スパイク・チュンソフトは、PC版を2017年3月25日、プレイステーション4・プレイステーション Vita版を4月13日に発売予定の『ZERO ESCAPE 9時間9人9の扉 善人シボウデス ダブルパック』について、打越鋼太郎氏と小高和剛氏による対談企画“アドベンチャー裁判”の第1回動画を公開。『ZERO ESCAPE』を手がける打越氏と『ダンガンロンパ』生みの親である小高氏が、良作にまつわるテーマについてアツい議論をくり広げる。

 第1回では、「なぜデスゲームを題材としたのか」、「プレイヤーをのめり込ませるキャラクター」、「ストーリー分岐とマルチエンディングの是非」といったアドベンチャーゲームならではのテーマが、軽快な掛け合いを交えて“議論”されている。

 動画は全3回の連載企画で、第2回は3月31日、第3回は4月7日に公開予定。お見逃しなく!



(C)Spike Chunsoft Co., Ltd. All Rights Reserved.