『The Wild Eight』 雪山で遭難! クラフト要素も楽しめるサバイバルアクションゲームが登場【とっておきインディーVol.113】

古今東西のインディーゲームをバリバリ紹介するコーナー。今回は、雪山が舞台の過酷なサバイバルゲームを紹介!

●極寒の雪山が大自然の牙をむく!

 飛行機事故で雪山に投げ出された8人の乗客。特徴が異なる生存者の中からひとりを選び、過酷な環境で生き抜くサバイバルゲームが登場。個人的に大好物のシチュエーションで、さらにクラフト要素も楽しめるからたまらない。周囲にある木や鉱石で斧や槍を作り、野生動物をハンティング。そうして肉や骨、腱を集め、さらに強力なアイテムを作成……というルーチンがとても楽しい。
 また、キャラクターの育成要素もあり、徐々に強くなっていくのもポイント。オンラインマルチプレイに対応しているので、サバイバル好きの友だちと雪山生活を楽しんでみてはいかが?


sankou_survivors

▲8人の生存者。左から、チャン、オリバー、アンナ、
ロビン、ウィリアム、コール、ヴィヴィアン、ジェフリー。それぞれ固有の能力を持っている。

01-03 01-04

▲昼夜の概念があり、夜は真っ暗闇になってしまう。探索を控えるか、松明を活用しよう。

01-02

▲シェルターをアップグレードすると、新たなスキルが解禁される。

<スキルを獲得してキャラクターを強化しよう>
 移動や戦闘などを行うとキャラクターが成長し、入手したポイントで新たなスキルを習得可能。たとえば、移動するとダッシュを覚えたり、採取をくり返せばバックパックの最大所持容量が増加したりする、といった具合だ。


素材を集めてアイテムを作ろう

02-01

▲木材と鉱石は大量に使う基本資源。バッグを圧迫しない程度に集めておきたい。

 雪山で生き抜くためには、アイテムが必要不可欠。まずは木と石から木材と鉱石を集めよう。作業場で斧やつるはしを作ったら、今度は狩りにチャレンジ。ウサギや鹿から取れる皮や骨を使えば、さらに高性能なアイテムが作れるようになる。こうして装備を整えてから、本格的に探索を行うのだ。


02-02 02-03

▲雪山にはウサギやイノシシ、鹿などの動物が生息している。逃げ足は速いが、うまく倒せれば貴重な素材を入手できる。

▲周囲を探索していると、木の板の上に骨を発見! ぜひとも拾っておきたいが、上に乗ると床が抜けそう……。

02-04

▲ウサギや鹿は反撃してこないが、逃げ足は速いため追いかけるのがたいへん。弓矢は遠距離から攻撃できて威力も高いため、入手できれば狩りが一気に楽になる。早い段階での作成を目指そう。

02-05

▲アップグレードすると、石製や骨製のアイテムが作れるように。

<作業場をアップグレードして新アイテムを解禁!>
 アイテムを作成できる作業場をアップグレードすることで、より高等なアイテムが作れるようになる。ただし、アップグレードには大量の木材と鉱石が必要になる。


食料と暖房の確保が雪山での生命線!

02-06

▲雪山では木の実やキノコが見つかる。序盤は食料が貴重なので、たくさん集めよう。

 キャラクターには、ライフに加えて空腹度と体温のパラメーターも存在する。どちらも減少するとライフが減り、やがて倒れてしまう。食料と暖房の確保は序盤から必須だ。動物を倒せれば肉を入手できるが、無理な場合はキノコや木の実を集めて飢えをしのごう。体温はたき火の近くで上げられる。


02-07 02-08

▲キノコや肉は、生で食べるとお腹を壊す。たき火にドラッグすると調理できる。暖を取るためにも、木材は常備しておきたい。

▲戦闘や空腹でライフがなくなると死亡し、その場にアイテムを落としてしまう。倒れた場所を覚えておき、復活後に素速く回収しよう。

クエストを進行して物語を楽しもう

02-09

▲日記メニューからクエストの詳細を確認可能。現在の目的を調べることもできる。

 本作にはクエストが多数用意されており、これを通じて物語も楽しめる。クエストにはサバイバルしながら雪山の探索を行うメインクエストに加えて、多数のサブクエストも登場する。ただし、開発中の“早期アクセスゲーム”のため、実装されている物語は一部のみ。今後のアップデートに期待したい。


02-10

▲雪山を探索中、施設のような建物を発見。果たして、ほかの生存者や住民と出会えるのだろうか。


The Wild Eight
メーカー HypeTrain Digital
対応機種 PC Windows
発売日 2017年2月9日配信(※早期アクセスゲーム)
価格 1980円[税込]
ジャンル アクション
備考 開発:Fntastic, Eight Points 早期アクセスゲーム(※開発途中で、プレイヤーからのフィードバックが以降の開発に活かされていくゲーム)

(C)2016 FNTASTIC, EIGHT POINTS & HYPETRAIN DIGITAL. Trademarks belong to their respective owners. All Rights Reserved.