『GRAVITY DAZE 2/重力的眩暈完結編:上層への帰還の果て、彼女の内宇宙に収斂した選択』の発売を記念して制作したプロモーション映像“GRAVITY CAT / 重力的眩暈子猫編”。そのテーマ曲である「MEWTON」が、iTunes Storeにて配信開始された。

●話題動画のテーマ曲、フルバージョン

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアが、プレイステーション4用ソフト『GRAVITY DAZE 2/重力的眩暈完結編:上層への帰還の果て、彼女の内宇宙に収斂した選択』の発売を記念して制作したプロモーション映像“GRAVITY CAT / 重力的眩暈子猫編”。そのテーマ曲である「MEWTON」が、iTunes Storeにて配信開始された。価格は250円。
※視聴・購入ページはこちら(iTunes Store)

[関連記事]乃木坂46・伊藤万理華と子猫が『GRAVITY DAZE 2』の重力変化を体感? 世界観を表現したWeb動画が到着

 以下、リリースより。


 ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア※1(SIEJA)が、PlayStation4用ソフトウェア『GRAVITY DAZE 2 / 重力的眩暈完結編:上層への帰還の果て、彼女の内宇宙に収斂した選択』(以下、『GRAVITY DAZE2』)の発売を記念して公開したプロモーション映像『GRAVITY CAT / 重力的眩暈子猫編』。そのテーマ曲『MEWTON』が、本日2月21日(火)、YUGE.Inc から iTunes Store にて配信限定リリースされました。

 プロモーション動画『GRAVITY CAT / 重力的眩暈子猫編』は、YouTube をはじめとするメディアで300万回以上視聴され、海外のメディアでも多数取り上げられるなど国内のみならず世界中で話題になりました。同時に挿入歌も注目を浴び、ソーシャルメディアでは「この楽曲のフルバージョンが聞きたい!」「いつリリースされますか?」等の声が多く寄せられ、このたびフルバージョンでリリースする運びとなりました。プロモーション映像と同様、作曲はyuma yamaguchi(YUGE inc.)が、作詞と歌唱はハル(DIALUCK)が担当。そして、ジャケットは『GRAVITY DAZE2』のキャラクターデザイナー、斎藤俊介による描き下ろしイラストとなっております。曲名の『MEWTON』は、プロモーション映像のラストシーンで登場した、新しい重力理論の論文タイトルに由来しています。販売価格は¥250で、同時にバラードバージョンも配信しています。

▲DIALUCK・ハル(写真中央)

作詞・歌唱:ハル(DIALUCK)
DIALUCK のギターボーカル。
DIALUCKは、2015年から、大阪を中心に活動している女子3人組のガールズ・バンド。ギターポップ、ヒップホップ、J-POPなど、さまざまな要素を重ねながら、物憂げなトーンと歌詞が特徴のアンニュイな楽曲で、注目を集めている。

楽曲制作:yuma yamaguchi
2008年にIRMA Records Japanからデビュー。2016年からYUGE inc.に専属作家として所属。
数々のCM音楽の作曲を手掛けているほか、劇伴やゲーム音楽などの分野を中心に幅広く活動。