ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、本日2017年2月14日(火)より、特別映像“PS4 presents “GO! GO! LINEUP! RAKUGO!” feat. banvox + 春風亭一之輔”を公開した。

●エレクトロチューンにのせた落語で新作18タイトルを一挙紹介!

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、本日2017年2月14日(火)より、特別映像“PS4 presents “GO! GO! LINEUP! RAKUGO!” feat. banvox + 春風亭一之輔”を公開した。

 以下、リリースより。


 ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア※1(SIEJA)は、本日2月14日(火)より、特別映像「PS4 presents “GO! GO! LINEUP! RAKUGO!” feat. banvox + 春風亭一之輔」を公開しました。本映像は2017年1月から3月までに発売されるPS4®ソフトウェアの中から、注目の18タイトルを一挙に紹介しています。 トラックメーカーからミュージシャン、ボイスアクターまで様々なアーティストとコラボレーションしたエンタテインメントでゲームタイトルを紹介してきたPS4®のラインナップムービー。第7弾となる今回のコンセプトは「RAKUGO x MUSIC」。落語を演じるのは、NHK新人演芸大賞や浅草芸能大賞新人賞などを受賞した、実力派の若手真打ち春風亭一之輔師匠。楽曲は、世界で注目される音楽プロデューサーbanvox(バンボックス)氏。2人のエンターテイナーの競演が生みだす電子噺家「四遊亭続々」が、新作タイトルラインナップを次から次へと紹介していきます。日本伝統話芸の落語と最先端のエレクトロニックミュージック。時代を超えた「古今の遊び心のコラボレーション」をお楽しみください。

【春風亭一之輔 プロフィール】
千葉県出身。日本大学芸術学部を卒業後、2001年に春風亭一朝に入門。2004年に二ツ目に昇進し、 「一之輔」と改名。2012年に21人抜きの大抜擢で真打に昇進する。寄席を中心としながら、ラジオ・TV番組への出演等幅広く活動している。(写真キッチンミノル)

【春風亭一之輔師匠からのコメント】
どうも、春風亭一之輔です。このオファーを頂いた時は「落語のテンポが合うかな?」と一抹の不安を覚えたのですが……無理やり合わせました!!(笑)
完成を観たらバッチリじゃないですか。自分が喋ってるのに『四遊亭続々』師匠にちょっと嫉妬しましたよ。アイツ、やるなぁ…。PS4にも、落語にも、親しんで頂ければ!!

【banvoxプロフィール】
東京を拠点に活動するプロデューサー。2011年、音楽制作を初めてわずか1年でMaltine Recordsよりリリースしたデビュー作「Intense
Electro Disco」が驚異のヒットを記録。その後、英”Surfer Rosa Recordsより「INSTINCT DAZZLING STARLIGHT EP」を発表すると、各配信サイトのチャート上位を記録。その作品群はDavid Guetta やAvicii等世界的アーティストから激賞を受ける。
その後、中田ヤスタカ、JUJU、湘南乃風といった国内アーティスト、さらにはMNDR、Foreign Beggars等海外アーティストにも楽曲/Remixを提供。また国内外で大型フェスにも出演する、世界で活躍する若き才能。

【banvox氏からのコメント】
今回音楽を担当させて頂きました、banvoxです。tofubeatsさんのバージョンも拝見させて頂いていてとてもユニークな企画だと思っており、今回参加できてとても嬉しいです!落語とのコラボという事で想像も出来ないところからのスタートでしたがとても面白い物が完成しました!是非楽しんで頂けたら嬉しいです!