『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』魔法少女“リフレクター”の秘密や戦う理由とは? スクール水着での水泳勝負も

コーエーテクモゲームスは、2017年3月30日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』について、最新情報を公開。

●主要キャラクター15名の詳細も判明

 コーエーテクモゲームスは、2017年3月30日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『BLUE REFLECTION(ブルー リフレクション) 幻に舞う少女の剣』について、最新情報を公開。日菜子たち“リフレクター”の秘密やレベルアップ、スキルの習得などに関する詳細が明らかになった。

●リフレクターとは――フラグメントの力

 日菜子たち“リフレクター”は、いったいどういう存在なのか。ゲーム中のシーンとともに魔法少女の秘密を見ていこう。

▲リフレクターの力の源は、人間の想いの欠片である“フラグメント”。

▲魔物に囲まれているフラグメントは、持ち主が悩みや問題などを抱えて暴走している状態で、壊されると最悪死に至る。それを守るのがリフレクターの仕事だ。

▲リフレクターの中には、フラグメントを“固定化”し、持ち主のみんなと力を共有できる者も。日菜子がまさにその存在で、指輪から伝わる気持ち・想いを理解することで、フラグメントを固定することができる。

▲フラグメントを固定化できなかったり、指輪がなかったりすると、力を得られない模様。原種のような強大な敵を倒すには、かなりの力が必要になりそうだ。

●原種と戦う理由

 では、魔法少女“リフレクター”は何のために戦うのか? ここでは、リフレクターが原種と戦う理由を紐解いていく。

▲早くフラグメントを集めないと、原種を倒せず世界が滅んでしまうという。

▲いっしょに世界を守るため、ずっと日菜子を待っていたと語る夕月と来夢。ともに戦ってほしいと言われ、日菜子は困惑するが……。

▲しかし「すべての原種を倒せれば、たったひとつだけ、なんでも願いごとが叶う」という言葉に惹かれ、日菜子は悩みながらも戦うことを決意する。

●レベルアップ――成長ポイントによる強化

 原種や魔物に立ち向かうには、日菜子たちリフレクターの能力の強化がマスト。生徒たちの悩みごとや頼みごとを始めとする各種ミッションの中には、報酬として“成長ポイント”がもらえるものがある。成長ポイントを使うことで、リフレクターのレベルがアップするほか、新たなスキルを習得することができるのだ。

 ミッションをクリアーすると、報酬とは別に“評価ポイント”が手に入る場合がある。評価ポイントが一定に達するとストーリーが進行するが、ストーリーが進むにつれて戦う相手も強くなる。ミッションをたくさんこなして成長ポイントを多く入手し、日菜子たちを成長させておこう。

▲ミッションは大きく分けて、ストーリー進行に関わる“重要”、生徒と交流して仲良くなる“大事”、異世界を探索する“コモン探索”の3つ。もらえる評価ポイントは、ミッションごとに異なる。

 獲得した成長ポイントは、“ATTACK”、“DEFENCE”などリフレクターの4つのステータスに振り分けて使用。成長ポイントを振り分けるたびにリフレクターはレベルアップし、“ATTACK”なら攻撃力、“DEFENCE”なら防御力といった具合に、振り分けた成長ポイントに応じてそれぞれの能力もアップする。バトルスタイルに合わせてリフレクターを自分好みに成長させていこう。

●スキルと成長ポイント――スキルの習得

 ミッションで手に入れた成長ポイントは、レベルアップによる能力強化以外の恩恵も。ステータスごとに特定の値まで成長ポイントを振り分けることで、新たなスキルを習得することができる。バトルの戦略の幅もグンと広がるので、成長ポイントを入手したら能力の強化を忘れずに!

●スキルの効果がアップ――フラグメントの強化

 日菜子たちが生徒の悩みを解決するために探す、想いの欠片“フラグメント”。手に入れたフラグメントはスキルに装着するとさまざまな効果を発揮するが、アイテムを使うことで、さらに高い効果のフラグメントに強化できる。

▲HPを回復するスキルにHP回復のフラグメントと防御力上昇のフラグメントを装着し、より守りに特化したスキルにするなど、自分にとってベストな組み合わせを探すのも楽しみのひとつ。

 強化するために必要なアイテムはフラグメントごとに異なる。フラグメントによってはまったく違う効果になる場合もあるので、どのスキルに装着するかも考えながら強化しよう。

▲強化時に不足することがないよう、異世界では積極的にアイテムを入手!

▲強化後にどんな効果になるか、事前にチェック。

●ティファレト――新たなる“原種”

 すべての原種を倒せば、願いが叶う――再びバレエを踊るため、世界を守るために日菜子たちは仲間と協力し、つぎつぎと現れる原種に立ち向かう。

▲3Dモデル

▲原種:ティファレト
Illustration:Yocky

▲ゆらゆらと宙に浮かぶティファレトは、空中からさまざまな攻撃をくり出してくる。

●スクール水着で勝負!?――少女たちの物語

 ストーリーの中には、特別な衣装で展開されるシーンも。本作の舞台は夏真っ盛り。夏の学校の楽しみといえば……?

 ひょんなことから鳴宮圭とスポーツで勝負することになった日菜子。種目はなんと水泳!? 勝負の行方はいかに……。

▲元気のない日菜子のために、おせっかい焼きの圭から挑まれたスポーツ勝負。種目は日菜子の足に負担が少ない水泳に決定!

▲調子が悪いなら勝負を降りてもいいという圭に対し、日菜子は勝負前の柔軟も念入りで気合十分。果たして勝負の行方は……?

▲勝負後にシャワーを浴びながら、「スポーツで語り合うのがいちばん」という圭の言葉に、日菜子も納得の様子。

▲疲れた体を癒すとともに、裸の付き合いでみんなとの仲のよさもグンとアップ!?

●片思いの行方は?

 ここでは、ストーリーの中からキャラクターとのエピソードを中心に紹介。初めて学校に登校した日、日菜子は同じクラスの真田凛と出会う。浮かない顔の凛には、何やら悩みがあるようで……。

▲凛の浮かない顔の原因が、恋の悩みであることを見抜いた来夢。絶対に内緒にするという約束で、凛は日菜子たちに悩みを打ち明ける。

▲アドバイスをしてもハッキリしない凛の態度に、日菜子は我慢の限界。そのとき凛の様子がおかしくなり、怪しいオーラが放たれる!

●登場人物

 今回紹介する3名の生徒で、本作の主要キャラクター15名のプロフィールが判明した。

▲3Dモデル

◆多谷史緒(声:白城なおさん)
身長:150センチ
体重:35キロ
好きなもの:音楽

 絶対音感を持つ、特待科の生徒。祖母から厳しく育てられ、幼少の頃からずっとピアノを続けており、高校でもピアノを専攻している。考えていることや本音をぽろっと口に出してしまう癖がある。

▲思ったことを無意識で口に出てしまう史緒。ある意味、表裏がなくて付き合いやすいともいえる存在。

◆三井香織(声:清水彩香さん)
身長:164センチ
体重:49キロ
好きなもの:洋服

 何事にもあまり打ち込めず、だらだらとスマホでゲームをしたり、ネット掲示板のまとめスレを眺めたりと、ゆるい生活をしているギャル。派手な外見から不良と思われがちだが、毎朝きちんと登校し授業にも出席しており、根は真面目。中学では梨佳と同じ陸上部に所属していたが、いまはやめてしまっている。

▲梨佳から執拗に陸上をやるように言われて辟易気味の香織。

◆芳村梨佳(声:茅野愛衣さん)
身長:156センチ
体重:47キロ
好きなもの:走ること

 陸上部に所属している少女。中学時代、香織とは同じ陸上部に所属していた。足は遅いが走ることが大好きで、勝ち負けに関係なく楽しんでいる。世の中の情報にも敏感で、流行しているファッションや音楽などいろいろなことを知っている、どこにでもいるふつうの女子高生。

▲どこにでもいるふつうな少女の自覚があるためか、“ふつう”という言葉に敏感に反応してしまうことも。



(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
※画面は開発中のものです。