『進撃の巨人 TEAM BATTLE』プレゼンテーションステージでゲームの魅力と稼動時期などが明らかに!【JAEPO 2017】

カプコンブースには『進撃の巨人 TEAM BATTLE』がプレイ可能な状態で出展。開催初日の10日は、来場したオペレーター向けにゲーム内容の説明や、2017年夏の稼働後を見据えた展開についてのプレゼンテーションステージが行なわれた。ここではその模様をお届けする。

●稼動は2017年夏予定! 全国に出現する巨人を駆逐せよ!

[2017年2月12日0時10分修正]ゲームタイトルの表記に誤りがあったため、修正いたしました。読者並びに関係者の皆様にご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。

 2017年2月10日~12日、千葉・幕張メッセにて開催されている“ジャパン アミューズメント エキスポ 2017”(JAEPO 2017)。同イベントのカプコンブースには『進撃の巨人 TEAM BATTLE』がプレイ可能な状態で出展。開催初日の10日は、来場したオペレーター向けにゲーム内容の説明や、2017年夏の稼動後を見据えた展開についてのプレゼンテーションステージが行なわれた。ここではその模様をお届けする。

[関連記事]チームで協力して巨人を駆逐せよ! 『進撃の巨人 TEAM BATTLE』を紹介


01 02

▲超大型巨人の頭部が目印になっている(?)カプコンブース。初日は6台の筐体がプレイ可能な状態だった。

 プレゼンテーションが始まるとまずは『進撃の巨人 TEAM BATTLE』のプロデューサー、今澤健弘氏とディレクターの河野禎則氏が登場。原作に登場する“超硬質ブレード”を模して作られた専用コントローラー、巨人との戦闘方法や立体機動装置を使ったアクション、ゲームモードの紹介といった『進撃の巨人 TEAM BATTLE』の注目ポイントが、ムービーや画面写真を交えて解説された。


03

▲『進撃の巨人 TEAM BATTLE』のプロデューサー、今澤健弘氏(写真右)とディレクターの河野禎則氏(写真左)。

04

▲原作の世界観を再現しつつ、ゲームに独自の操作感覚をもたらしている超硬質ブレード型コントローラーの操作説明。

06

▲巨人と戦いつつ原作のエピソードをもとにしたミッションをこなしていく、シチュエーションモード。なおシチュエーションモードの内容や専用コントローラーを使った操作方法については、1月下旬に行なわれたロケテストをリポートした記事で詳しく触れている。気になる人はそちらを参考にしてほしい。

[関連記事]
『進撃の巨人 TEAM BATTLE』ロケテストインプレッション 誰もがリヴァイ兵長なみの活躍ができる!?


 両氏によるプレゼンがひと通り終了すると、ゲームプレイに長けた開発スタッフが2名登場し、ふたりがシチュエーションモードで協力プレイする画面を見ながら、今澤氏と河野氏が巨人との戦いかたを説明する形に。最初のミッション、“巨人を10体以上倒せ”が始まると、操作を担当する開発スタッフは両氏のコメントに応えるように(?)、ワイヤーを使って巨人の背後に回ってからうなじを削ぐ、滞空したまま巨人を連続で倒してボーナスポイントを発生させるプレイ、ゲージを消費して発動する特殊攻撃etc……で巨人たちをつぎつぎに駆逐し、ふたりで31体の巨人を狩るというオーバーキルぶりで軽々とクリアー。続いて出現した奇行種も片づけ、見栄えのするアクションを決めつつ巨人に勝利し、ゲームの魅力をアピールした。


08 09

▲立体機動装置による移動と超硬質ブレードによる攻撃を使いこなしている、操作担当の開発スタッフふたり。

 そして今回のプレゼンテーションでは、2017年夏の稼動スタート時に実装される要素や、稼動後を見越したアップデートについても今澤氏の口から語られた。その中でも多くの情報が公開されたのが、キャラクターのカスタマイズについて。キャラクターには原作内でのイメージに応じた特殊能力やスキルが設定されているが、稼動後はそれらをカスタマイズしてキャラクターの性能を変化させることが可能であることが判明。またゲーム中の性能面をカスタマイズするだけでなく、アクセサリーの装着やしゃべるセリフの変更といった原作ファン向けのカスタマイズも用意されているとのこと。他にもチームバトルに「FPSのように陣地を奪い合うゲームルールを追加したい」(河野氏)といった遊びの幅を広げるアイデアがあることや、キャラクターやステージの追加などが用意されていることを今澤氏が明らかにしたところで、この日のプレゼンテーションステージは終了となった。


10

▲チームどうしが戦う対人戦では重要になってきそうな、キャラクターのカスタマイズ。

11 12

▲稼動スタート時から充実しているキャラクターボイスやイラストは、稼動後のアップデートでさらに追加されていくとのこと。



原作/諫山創「進撃の巨人」(講談社『別冊少年マガジン』連載)
(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会
(C)CAPCOM CO., LTD. 2017 ALL RIGHTS RESERVED.
※画面は開発中のものです。