ゲーム総合情報メディア“ファミ通”は、2017年1月の国内家庭用ゲームソフトおよびハードの売上データを発表した。

●『スーパーマリオメーカー for ニンテンドー3DS』が累計100万本を突破

 ゲーム総合情報メディア“ファミ通”は、2017年1月の国内家庭用ゲームソフトおよびハードの売上データを発表した。集計期間は2016年12月26日~2017年1月29日(5週分)。

 以下、リリースより。


【家庭用ゲームソフト 月間売上本数】
1位 ポケットモンスター サン・ムーン(3DS)ポケモン 353,983本
2位 スーパーマリオメーカー for ニンテンドー3DS(3DS)任天堂 301,472本
3位 桃太郎電鉄2017 たちあがれ日本!!(3DS)任天堂 232,276本
4位 バイオハザード7 レジデント イービル(PS4)カプコン 231,188本
5位 キングダム ハーツ HD 2.8 ファイナル チャプター プロローグ(PS4)スクウェア・エニックス 167,688本

【家庭用ゲームハード 月間売上台数】
1位 ニンテンドー3DS(合計) 355,816台(先月1位 ニンテンドー3DS(合計) 492,298台)
2位 プレイステーション4 312,420台(先月2位 プレイステーション4 397,607台)
(ニンテンドー3DSは、Newニンテンドー3DS、Newニンテンドー3DS LL、ニンテンドー2DSの合計値、
プレイステーション4はプレイステーション4 Proを含んだ合計値になります)

【家庭用ゲームソフト メーカー別売上本数】
1位 任天堂 110.4万本
2位 ポケモン 36.6万本
3位 スクウェア・エニックス 31.5万本

【2017年1月期の家庭用ゲーム市場について】
 1月期のソフトランキングは、「ポケットモンスター サン・ムーン」(ポケモン/2016年11月18日発売/3DS)が3ヵ月連続で月間首位を獲得しました。月間で35.4万本を販売し、累計販売本数は360.0万本に到達しています。

 2位の「スーパーマリオメーカー for ニンテンドー3DS」(任天堂/2016年12月1日発売/3DS)は、累計販売本数が100万本を突破。また、「桃太郎電鉄2017 たちあがれ日本!!」(任天堂/2016年12月22日発売/3DS)が3位となるなど、年末商戦を賑わせたタイトルが上位を占めました。

 新作では、「バイオハザード7 レジデント イービル」(カプコン/2017年1月26日発売/PS4・Xbox One)のPS4版が23.1万本を販売し、4位にランクイン。「キングダム ハーツ HD 2.8 ファイナル チャプター プロローグ」(スクウェア・エニックス/2017年1月12日発売/PS4)は、16.8万本を売り上げて5位に入っています。

 そのほか、「ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期」(スパイク・チュンソフト/2017年1月12日発売/Vita・PS4)は、PS Vita版とPS4版の合計で15.9万本を販売し、前作「スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園」(スパイク・チュンソフト/2012年7月26日発売/PSP)の累計13.7万本を早くも上回りました。

 ハード市場では、ニンテンドー3DSが35.6万台(3機種合計)を売り上げ、前月期に続いてトップに立ちました。2位も12月期と同じくプレイステーション4で、2機種合計31.2万台を販売しています。

 2017年2月期は、「ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー3 プロフェッショナル」(スクウェア・エニックス/2017年2月9日発売予定/3DS)や、「スーパーロボット大戦V」(バンダイナムコエンターテインメント/2017年2月23日発売予定/Vita・PS4)といった人気シリーズの最新作が登場します。また、3月期に発売される新型ゲーム機「Nintendo Switch」(任天堂/2017年3月3日発売予定)の注目度も高まっており、年度末に向けて家庭用ゲーム市場のさらなる盛り上がりが期待されます。

(注)ソフトの売上本数については、集計期間中に販売されたすべてのタイトルを対象としています。2種類以上のバージョンや周辺機器・本体等との同梱版が発売されているソフトのデータは、すべての種類を合計した数字となります。(発売日は前に発売されたもの、価格は通常版を表示しています)