『FFXV』に台湾料理が登場!? 『FFXII ザ ゾディアック エイジ』のデモプレイも行われた『ファイナルファンタジー』ステージは大盛況!【台北ゲームショウ2017】

2017年1月19日(木)~1月24日(火)、台湾の台北世貿中心(台北ワールドトレードセンター)にて、台北ゲームショウ2017が開催中。同イベント期間中の1月21日に行われた『ファイナルファンタジー』ステージの模様をリポートする。

●『FF』シリーズ30周年を前に伝えられた中文版ファンへの感謝

 2017年1月19日(木)~1月24日(火)の期間、台湾の台北世貿中心(台北ワールドトレードセンター)にて、台北ゲームショウ2017が開催中。1月21日、ソニー・インタラクティブエンタテインメント台湾のブースにて、スクウェア・エニックスの『ファイナルファンタジー』シリーズに関する特別ステージが実施された。

 この日のステージに登壇したのは、『FF』シリーズのブランドマネージャー・橋本真司氏と、『ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ』のプロデューサー・加藤弘彰氏。橋本氏は、2016年に発売された『ファイナルファンタジーXV』が世界的なヒットとなっていることを紹介し、さらに『FF』シリーズの中文繁体字版の歴史を振り返る映像を公開した。台湾でも非常に多い『ファイナルファンタジー』シリーズだけに、この日のステージには多くのファンが訪れていたが、映像に見入る多くの観客は感無量といった表情に。この日、橋本氏は、再三にわたって台湾の『FF』シリーズファンに対する感謝の気持ちを表明。今後も積極的に『FF』シリーズの中文繁体字版を制作することをコメントしていた。


DSC_0684_R DSC_0667_R

▲大きな拍手を浴びながら登壇した『FF』シリーズのブランドマネージャー・橋本真司氏。

DSC_0687_R

▲この日のステージに一貫していたのは、『FF』シリーズに対する台湾ファンへの感謝の気持ちだった。

●台湾ファンも注目する『ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ』

 『ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ』は、2017年発売予定のプレイステーション4用ソフト。『ファイナルファンタジーXII』中文繁体字版は未発売なので、『ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ』は台湾初登場となるが、そんな同作についてはプロデューサー・加藤弘彰氏が解説。『ファイナルファンタジーXII』当時の開発メンバーが再び集結し、現行機での最高クオリティを目指す、“ガチ”なタイトルであると語った。また、単に映像が綺麗になるだけでなく、いわゆるHD版にとどまらない新しいゲームとして開発を進めていることも強調していた。


DSC_0751_R DSC_0758_R
DSC_0770_R DSC_0776_R
DSC_0785_R DSC_0795_R

▲ステージでは、『ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ』の概要を解説しつつ、デモプレイを公開。バトルのポイントなどをまとめながら、ボムキング戦などに挑む展開となった。

●『FF』シリーズプロデューサー陣からのビデオメッセージも

 さらに、台湾のシリーズファンに向けて、『FF』シリーズプロデューサー陣からのビデオメッセージが公開。北瀬佳範氏(『FFXIII』プロデューサー)、鳥山求氏(『FFXIII』ディレクター)、間一朗氏(『ディシディアFF』プロデューサー)、千葉廣樹氏(『ワールド オブ ファイナルファンタジー』ディレクター)、田畑端氏(『FFXV』ディレクター)が登場し、各々に、台湾のファンと、中文ローカライズをサポートするSIETへの感謝のメッセージを述べた。
 ビデオメッセージの最後に登場した田畑氏は、『FFXV』のセールスがワールドワイドで600万本を突破したことを報告。『FFXV』が台湾のPS4市場でもっとも売れたタイトルになったことのお礼として、ゲーム内の食事に何らかの台湾料理を追加することを表明した。


DSC_0869_R

◎写真左が鳥山求氏(『FF XIII』ディレクター)、写真右が北瀬佳範氏(『FF XIII』プロデューサー)

DSC_0883_R DSC_0898_R

◎間一朗氏(『ディシディアFF』プロデューサー)

◎千葉廣樹氏(『ワールド オブ ファイナルファンタジー』ディレクター)

DSC_0908_R

◎田畑端氏(『FF XV』ディレクター)

DSC_0910_R

▲『FFXV』に登場させる台湾料理については田畑氏は決められないとのことで、どう決めるのはSIETプレジデントの江口達雄に任せるとのこと。急きょ登壇した江口氏は、「近いうちにどのように料理を決めるのか発表したい」と述べた

DSC_0924_R

▲『FFXV』に登場させる台湾料理については田畑氏は決められないとのことで、どう決めるのはSIETプレジデントの江口達雄に任せるとのこと。急きょ登壇した江口氏は、「近いうちにどのように料理を決めるのか発表したい」と述べた。



DSC_0949_R

▲また、ステージの最後には、橋本氏から『ワールド オブ ファイナルファンタジー』デザインのテーマを配布されることが発表。これは、台湾ファンへの感謝の気持ちを形にしたもので、1月23日から2週間にわたって台湾で無料配信されるとのこと。

(C)2006,2007 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
※画面は開発中のものです。