Digital Extremes開発による基本プレイ無料ソフト『Warframe』が2017年最初のアップデートである“グラスト・ギャンビット”を配信。プレイステーション4とXbox One向けに本日(2017年1月20日)配信を開始した。

●新しいWarframeも登場

 Digital Extremes開発による基本プレイ無料ソフト『Warframe』が2017年最初のアップデートである“グラスト・ギャンビット”を配信。プレイステーション4とXbox One向けに本日(2017年1月20日)配信を開始した。

 “グラスト・ギャンビット”では、感染体パワーを持つ最新の WarframeであるNidusや新しいクエスト、武器、カスタマイズ、MODなどが提供される。“グラスト・ギャンビット”は無料で、2016年に提供されたシネマティッククエスト“内なる紛争”をコンプリートしたすべてのプレイヤーが遊べる。

 以下、リリースより。


「グラスト・ギャンビット」アップデートの主な特徴:
・新WAFREAME:Lotusの新たな戦士Nidusの感染体パワーで敵を感染させよう。近くの敵を探しだす蛆虫を産み落として蔓延させ、感染した触手で敵を動けなくし、受けたダメージを感染させた敵になすりつけよう。
・新コスメテック:TennoGenコンテストの新しいコミュニティ製カスタマイズがPlayStation 4とXbox Oneにも登場! ゲーム機のプレーヤーもマーケットでVolt Ampスキン、Volt Arresterヘルメット、Mag Orbitスキン、Chroma Tarrasqueヘルメット、Excalibur Sentient Slayerスキンを手に入れて、Warframeをスタイリッシュに飾れるようになりました。
・新クエスト:Nef AnyoがMyconaコロニーの子供たちを誘拐しました。Tennoは Nef の支配するインデックスで彼に挑戦し、倒さなければなりません。
・新武器:新たな武器とカスタマイズは感染体に汚染されているため、取り扱いには注意してください。
 HEMA―ヘルスを吸い取って弾丸とし、そして ヘッドショットのたびにヘルスが回復する仕組みの共生型連射ライフルです。使いこなしてください。 
 HIRUDO―刀のように鋭い軟骨の拳で敵を斬り裂いてください。クリティカルヒットのたびに相手のヘルスを奪います。
 RIVEN MODS―第2の武器に新しいRiven Mod を使って、あなたのストレングスを強化しましょう..ただし、それらのパワーが明らかになる前に、自らに資格があることを証明しなければなりません。
 THORAC SYANDANA―感染体構造の新しい波状の棘を身にまとってください。

 「グラスト・ギャンビット」の前作「内なる紛争」は、Digital ExtremesによるWarframeの2016年最大かつ広範囲のアップデートで、PC、PlayStation 4、Xbox Oneで配信中です。公開後すぐにWarframeをSteamの人気ゲームランキングでトップ3に押し上げた「内なる紛争」では、プレーヤーは新しいミッションや惑星をめぐるスリリングな冒険や、衝撃的な物語性に満ちたシネマティックなシーンを楽しむことができます。