カプコンは、2017年1月26日発売予定のプレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『バイオハザード7 レジデント イービル』について、序盤の物語を公開。

●主人公はいかにして事件に巻き込まれたのか

 カプコンは、2017年1月26日発売予定のプレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『バイオハザード7 レジデント イービル』について、序盤の物語を公開。あわせて、短編シナリオ“Not A Hero”が、ダウンロードコンテンツとして2017年春に無料で配信されることが明らかになった。

 以下、リリースより。


発売迫る!『バイオハザード7 レジデント イービル』
いよいよ発売が迫るシリーズ最新作『バイオハザード7 レジデント イービル』。
今回のリリースでは主人公“イーサン”はどのように事件に巻き込まれていったのか?
序盤の物語をダイジェストでお届けしよう。さらに特報もお届け。

STORY
3年前に消息を絶った妻から届いた一通のメール。
導かれるまま主人公=イーサン・ウィンターズは遠くルイジアナへと自動車を走らせる。

辿りついたのは、プランテーションに建てられてた荒れた邸。

妻の痕跡を求め、邸内へと向かうイーサン。
廃屋同然の邸内は、そこかしこに異様な気配が漂う。

何者かの襲撃を受け、イーサンは意識を失ってしまう…

目覚めたイーサンを待っていたのは、異様な晩餐風景だった。狂気で満たされた邸の住人、ベイカー一家。からくも彼らの“歓待”を逃れたイーサンは 妻の捜索、そしてこの邪悪な邸=resident evilからの脱出を目指す。

この邸から脱出するため、イーサンの決死行は始まったばかりだ。
すこし先のシークエンスからのスクリーンショットを公開!

▲嬰児のミイラ?何かの標本だろうか?
▲厳重に封じられた鳥かごの中に見えるのはマグナム?

「7」の目指す「バイオハザード」とは?
「バイオハザード7」をプレイした多くのテストプレイヤーがシリーズとの、とりわけ初期作品との類似を口にする。
回復に用いるハーブや、かつてのセーブ=タイプライターを彷彿とさせるテープレコーダーなど、シリーズを関連付けるディティールは存在するが、真に“似ている”のはそこではない。プレイを続けるうちに、少しづつ広がってゆく探索範囲に好奇心を刺激され、圧倒的な脅威に対して不十分な装備が心細さを増大させる。そう、“絶望的な状況から生還する”=“サバイバルホラー”を「7」が目指しているからこそ、プレイ感覚にシリーズとの類似を感じるのだ。
そして「7」をクリアしたプレイヤーは、プレイ感覚だけでなく「全てがバイオハザードだった」との感想を抱くだろう。

特報
短編シナリオ『Not A Hero
2017年春 無料配信予定
いよいよ1月26日の発売が目前に迫った「バイオハザード7」。2017年春にダウンロードコンテンツ『Not A Hero』が配信されることが決定した。このDLCはいずれのハードでも『バイオハザード7』をお持ちのプレイヤーなら無料で手に入れる事ができる。詳細はまだヴェールに包まれているが、「7」本編で完結するイーサンの“悪夢”とは、趣きの異なる短編シナリオであることが判明している。
『Not A Hero』ではどのような物語が描かれるのか?続報に期待して欲しい。