2017年1月14日・15日の2日間にわたり、東京ビッグサイトにて開催された“Nintendo Switch 体験会 2017”。ここでは、開催2日目に行われた『ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch』ステージイベントの模様をリポートする。

●さっそく新キャラ・ライアン役の杉田智和さんが登場

 2017年1月14日・15日の2日間にわたり、東京ビッグサイトにて開催された“Nintendo Switch 体験会 2017”。ここでは、開催2日目に行われた『ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch』ステージイベントの模様をリポートする。

【関連記事】
・『ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch』PV公開 新たな操作キャラクター“ライアン”の声は杉田智和さんに!
・Nintendo Switchの門出を飾る『ドラゴンクエスト』! 『ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch』をプレイ【Nintendo Switch プレゼンテーション】
・『ドラゴンクエスト』シリーズらしさが詰まった意欲作が本体と同時発売! 『DQH I・II for Nintendo Switch』インタビュー【Nintendo Switch 体験会 2017】

 まずステージには、同作のプロデューサー・青海亮太氏(スクウェア・エニックス)、ディレクター・庄知彦氏(コーエーテクモゲームス)が登壇。簡単に本作の魅力や見どころを解説してくれた。
 『ドラゴンクエストヒーローズ』は、スクウェア・エニックスとコーエーテクモゲームスがタッグを組んで展開しているアクションRPGシリーズ。『ドラゴンクエスト』シリーズに登場するおなじみのキャラクターやモンスターが登場し、まさに夢の競演を果たしているのだ。また、有名タレントや実力派声優陣によるボイスも収録されており、壮大なドラマを耳でも楽しむことができる。
 『ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch』では、Nintendo Switchの特徴のひとつである、TVモード・携帯モード・テーブルモードという3つのモードで楽しむことができる。さらに、『II』で改良された操作性を『I』にもフィードバックすることで、遊びやすさや操作性を向上させている。HD振動にも対応しているので、たとえばメタルスライムなど、固い敵を攻撃したときには、“それ”とわかる重さや効果音が発生するようだ。これもNintendo Switch版ならではの特徴と言えよう。

▲青海亮太氏(左)と庄知彦氏(右)。

 さて、『ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch』には新キャラクターとして“ライアン”(『ドラゴンクエストIV 導かれし者たち』)が登場することが発表されているが、ここでステージには、そのライアン役の杉田智和さんとおなじみクリフト役の緑川光さんが登場した。

▲ライアン役の杉田智和さん。
▲クリフト役の緑川光さん。

 ゲーマーとしても有名な杉田さんは、最初にこの話を聞いたときは、何かの間違いではないかと思ったそうだ。また、収録するごとに自分の中にライアン像ができ上がっていき、収録が終わったいまでは、まだ演じ足りない気持ちがあるとのこと。ちなみに、堀井雄二氏からは「いやぁ、ライアンだね!」とお褒めの言葉もいただいたそうだ。一方クリフト役の緑川さんは、ドラマCDではテリーを演じていたのだが、そこで『ドラゴンクエストヒーローズ』ではクリフトを演じることになり、意外だったと語る。そのテリーは同じ事務所の後輩の神谷浩史さんが演じることになったと聞き、後輩のがんばりがうれしかったと笑う。
 つぎに、いちばん好きな歴代『ドラゴンクエスト』シリーズを聞かれたご両人。杉田さんの『DQ』歴は、お兄さんからレベル上げを命じられた『II』以降とのこと。初めて自分で買ったのが『V』で、初めて泣いたのが『IV』。じつはシリーズに思い入れがあるゆえ、最初はボイスが付くことに不安があったそうだが、「緑川さんのクリフトの声がかっこいいので、ザラキが効きそう(笑)」とファンならではの視点で語ってくれた。
 緑川さんは、『III』だと断言。内容もさることながら、声優を目指して上京した時期にちょうど『III』が発売されたそうで、家にいるときはずっとプレイしていたそうだ。おかげで「ずっとゲームをしていると疲れるんだなと思った(笑)」と当時を懐かしそうに振り返ってくれた。

 好きな登場キャラクターは、杉田さんがライアンとのコンビ(?)で活躍するホミロンを上げた。なんでも最近は、収録現場でもホミロン役の釘宮理恵さんに頭が上がらないと勝手に思っているらしい。そして緑川さんは、もちろんクリフトらしく「姫様!」と即答。

●4人で破壊神シドーにチャレンジ!

 続いては、4人によるマルチプレイで、破壊神シドーへチャレンジすることに。今回のステージ用に特別にチューニングされたそうで、4人ともLV70となかなかの高レベル。庄氏によると「動きが速く、近接戦闘では難しいかも」という対シドー戦。弱点もとくになく、相手の攻撃が終わった瞬間を狙うなど、4人の息の合ったプレイに期待して、いざバトル!

▲破壊神シドーに挑むのは、ライアン(杉田さん)、クリフト(緑川さん)、ビアンカ(青海氏)、テレシア(庄氏)というパーティ。

 序盤こそ、シドーの攻撃を避けつつ、ヒット&アウェイで攻撃し、ライアンがハイテンションモードに突入するなど健闘を見せた。が、一定量のダメージを与えた後、シドーが巨大化すると、一転あっという間にパーティーは全滅してしまった……。
 この惨状に庄氏は「今回のイベント用に、かなり強く調整してしまった」と反省。健闘した杉田さんも「シドーのどくが強力だった……」と脱帽していた。

▲連携しながら、強敵シドーに挑む4人の勇者たち。
▲巨大化してから、圧倒的な力でパーティを粉砕……。

 最後に青海氏は、「改めて言いますが、『ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch』は、3月3日のNintendo Switch本体と同時発売です。本体と同時に購入していただきたいと思います。また、今日は細かい部分までご紹介できなかったので、発売直前に生放送を予定しています」とのことなので、ぜひチェックしよう。Nitendo Switch本体同時発売となる本作、その続報にも注目したい。