GDCアワードの本年度候補作が発表。『Inside』が6部門ノミネートで一歩リードし、『オーバーウォッチ』、『Firewatch』が続く

GDC(ゲーム・デベロッパーズ・カンファレンス)主催のゲーム賞、GDCアワードの今年度ノミネート作が発表された。

●VR/AR賞も新設

 ゲーム開発者の国際会議、GDC(ゲーム・デベロッパーズ・カンファレンス)の会期中に行われるゲーム賞“GDCアワード”の本年度ノミネート作が発表された。受賞作はアメリカ現地時間の3月1日に発表される。

 ゲーム開発者視点によるセレクトということで、毎年ゲーマーやメディアとは異なる独自のチョイスが興味深い本アワード、今年のノミネートで一歩リードしているのは、ゲーム・オブ・ザ・イヤーを含めた6部門にノミネートされた『Inside』だ。セリフなしで凄まじい怒涛の展開を見せきったことや、ネタバレになるので詳しくは触れないが、ゲームがガラッと変わるギミックをリリースされるまで隠し通した勇気あるPR戦略なども記憶に新しいところ。


 続く5部門ノミネートで『Inside』を追うのは、Blizzard Entertainmentのアクションシューティング『オーバーウォッチ』と、Campo Santoの『Firewatch』。前者はマルチプレイ対戦型FPS/TPSに独自のアレンジを加えることで、同スタジオとしてはほぼ初のシュータータイトルながら、幅広い人が遊べる世界的人気タイトルに成長。後者は一人称視点のアドベンチャーゲームで、無線のみでやり取りされる会話の中で、まるで映画のように人生の機微と苦みを描ききり、インディースタジオのファーストタイトルながら昨年末には100万本のセールスを達成している。


 また日本関連のゲームでは、『スーパーマリオ ラン』、『Pokemon Go』(ただし開発はNiantic)、『ポケットモンスター サン・ムーン』といった任天堂系タイトルや、『人喰いの大鷲トリコ』などがノミネート。新設のVR/AR賞でも『Pokemon Go』とともに『Rez Infinite』の名前が挙がっている。



ノミネート作一覧(カッコ内はスタジオ名)

●BEST AUDIO(音響賞)
バトルフィールド1』 (EA DICE / Electronic Arts)
Thumper』 (Drool)
DOOM』 (id Software / Bethesda Softworks)
Inside』 (Playdead)
オーバーウォッチ』 (Blizzard Entertainment)

●BEST DEBUT(デビュー賞)
Heart Machine (『Hyper Light Drifter』)
Campo Santo (『Firewatch』)
ConcernedApe (『Stardew Valley』)
Drool (『Thumper』)
Night School Studio (『Oxenfree』)

●BEST DESIGN(ゲームデザイン賞)
オーバーウォッチ』 (Blizzard Entertainment)
ディスオナード2』 (Arkane Studios / Bethesda Softworks)
The Witness』 (Thekla)
Inside』 (Playdead)
DOOM』 (id Software / Bethesda Softworks)

●BEST MOBILE/HANDHELD GAME(モバイル/携帯ゲーム賞)
スーパーマリオ ラン』 (任天堂企画制作本部 / 任天堂)
クラッシュ・ロワイヤル』 (Supercell)
Pokemon Go』 (Niantic)
Reigns』 (Nerial / Devolver Digital)
ポケットモンスター サン・ムーン』 (Game Freak / The Pokemon Company)

●INNOVATION AWARD(革新賞)
The Witness』 (Thekla)
Inside』 (Playdead)
No Man’s Sky』 (Hello Games)
Firewatch』 (Campo Santo / Panic)
Pokemon Go』 (Niantic)

●BEST NARRATIVE(物語賞)
人喰いの大鷲トリコ』 (JAPAN Studio / Sony Interactive Entertainment)
Oxenfree』 (Night School Studio)
アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』 (Naughty Dog / Sony Interactive Entertainment)
Inside』 (Playdead)
Firewatch』 (Campo Santo / Panic)

●BEST TECHNOLOGY(技術賞)
バトルフィールド1』 (EA DICE / Electronic Arts)
No Man’s Sky』 (Hello Games)
オーバーウォッチ』 (Blizzard Entertainment)
DOOM』 (id Software / Bethesda Softworks)
アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』 (Naughty Dog / Sony Interactive Entertainment)

●BEST VISUAL ART(美術賞)
Firewatch』 (Campo Santo / Panic)
人喰いの大鷲トリコ』 (JAPAN Studio / Sony Interactive Entertainment)
オーバーウォッチ』 (Blizzard Entertainment)
アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』 (Naughty Dog / Sony Interactive Entertainment)
Inside』 (Playdead)

●BEST VR/AR GAME(VR/ARゲーム賞)
Rez Infinite』 (Monstars / Enhance Games)
Superhot VR』 (SUPERHOT Team)
Job Simulator: The 2050 Archives』 (Owlchemy Labs)
Pokemon Go』 (Niantic)
Fantastic Contraption』 (Radial Games / Northway Games)

●GAME OF THE YEAR(最優秀ゲーム賞)
アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』 (Naughty Dog / Sony Interactive Entertainment)
オーバーウォッチ』 (Blizzard Entertainment)
Inside』 (Playdead)
ディスオナード2』 (Arkane Studios / Bethesda Softworks)
Firewatch』 (Campo Santo / Panic)