史上最大級のゴジラフィギュア“Human Size ゴジラ(1991北海道ver.)”が発売決定!

バンダイは、人間サイズのキャラクターフィギュアを製作・発売する“Human Size プロジェクト”の第1弾として、“Human Size ゴジラ(1991北海道ver.)”を発売することを発表した。

●酒井ゆうじ氏監修&製作指揮、11月7日より抽選申込受付スタート!

 バンダイによる人間サイズのキャラクターフィギュアを製作・発売する“Human Size プロジェクト”。その第1弾として、“Human Size ゴジラ(1991北海道ver.)”が発売されることが決定した。

 以下、リリースより。


 株式会社バンダイ(代表取締役社長:川口勝、本社:東京都台東区)は、人間サイズでキャラクターフィギュアを製作・発売する「Human Size プロジェクト」を立ち上げます。プロジェクトの第1弾商品として、1991年に公開されたゴジラシリーズ第18作「ゴジラvsキングギドラ」で北海道に上陸した「ゴジラ(1991北海道ver.)」を、全高約192cm(台座含む)で再現した大型フィギュア『Human Size ゴジラ(1991北海道ver.)』(4,482,000円・税8%込/4,150,000円・税抜、配送料別)を、「魂ウェブ商店(⇒こちら)」(バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」内)にて、2016年11月7日(月)16:00から2017年1月10日(火) 23:00まで限定10体で抽選申込の受付を行い、2017年7月より順次発送予定です。

▲4,482,000円・税8%込/4,150,000円・税抜、配送料別
 2016年11月7日(月)抽選申込受付スタート、2017年7月より順次発送予定
※画像の人物はサイズ比較用のモデル(身長175cm)です。

 本商品は、ゴジラ造形の第一人者・酒井ゆうじ氏に よる原型をデジタルスキャンして拡大。酒井氏監修・製作指揮の下、大型化に合わせて全身のテクスチャーや彩色を調整し、当時のゴジラスーツに合わせたサイズ造形へ修正しました。その造形製作を等身大フィギュアの製作では評価の高い株式会社デザインココ(本社:宮城県仙台市)が担当するという強力なコラボレーションにより誕生させた、まさに理想のゴジラフィギュアです。
 バンダイでは、今後も「Human Size」で再現したキャラクターフィギュアを展開予定です。なお、本商品の試作品や、注目キャラクターの「Human Size」フィギュアを、2016年10月28日(金)~30日(日)に、バンダイが主催する大人向けコレクターズアイテムの展示イベント「TAMASHII NATION 2016」(場所:東京都・秋葉原UDX)にて展示します。
 ⇒イベント詳細はこちら

■酒井ゆうじ氏監修・製作指揮、史上最大級の「ゴジラ」フィギュア!

◆スーツサイズの再現
 本商品のサイズ全高約192cm(台座含む)、全長約305cmは当時の撮影で使用したスーツ(着ぐるみ)サイズを再現したものです。造形においてスケールに応じたバランス感は重要で、スケールを変えて出力する際には各部の調整が必要となります。この"匙加減"には、等身大フィギュアにおいて長年培ったノウハウを持つデザインココでの制作が大きなアドバンテージとなりました。本商品は長年の経験則を踏まえてデータ調整した出力サンプルを人の目で確認し、再調整を行いながらベストなディテール感を追及しています。一方、決してスーツの再現に留まらず、フィギュアならではの造形とスケールに応じた質感もその特徴です。

◆原型からのスキャン
 本商品は酒井ゆうじ氏による原型(酒井ゆうじ造型工房「30cmギドゴジ(映画「ゴジラVSキングギドラ」で使用されたゴジラスーツ)北海道バージョン」)をスキャンすることから始まりました。一般的に3Dスキャンは「ハンディスキャナ」などでフォルムをデータ化しますが、本商品ではさらに一歩踏み込み、「産業用X線CT」による透過スキャンも行い、口内や背びれといった入り組んだ形状、各部の詳細なディテールまでデータ化しています。このデジタル化はすべて工学的な理論に基づいており、ゴジラのイメージ、そして酒井ゆうじ氏の圧倒的な造形力を数値として解析した高精度の3Dデータ化により、ゴジラの存在感を再現しています。

◆3Dデータからの出力
 3Dデータからの出力には等身大フィギュアのために独自開発された高精度3Dプリンター「COCOMIYAGI76」を用いています。このプリンターはフレーム構造と駆動部を一体化させた新構造によって圧倒的な造形領域を誇り、最大で縦60cm×横60cm×高さ70cmサイズの出力が可能です。この国内最大造形寸法をもつ3Dプリンターを用いて、酒井ゆうじ氏の原型をスキャンした3Dデータを細かくパーツ分割して出力。このパーツ分割により、部分ごとの形状確認を幾度も行いました。さらにこの3Dプリンターで作った造形に対し、テクスチャーを追加するなどのブラッシュアップを行い、抜き型を仕上げています。通常、造形物の大型化に伴い"エッジ"は甘くなってしまうのですが、本商品では"エッジ"にもこだわり、牙や爪、背びれなどシャープさのある造形を再現。圧倒的な迫力でゴジラを立体化しています。

◆酒井ゆうじ氏による監修
 本商品は原型を担当した酒井ゆうじ氏自らが、購入者にお届けする1体1体を監修したシリアルナンバー付きの監修証明書が付属します。本商品は酒井氏が映画撮影当時実際に使用した塗料の他、目や皮膚などの秘蔵の資料を提供し造形の方向性を示すと共に、クリエーター同士が現場レベルで直接やり取りを行う事で、非常に純度の高い酒井氏の原型哲学が盛り込まれています。造形担当であるデザインココのさまざまなノウハウが盛り込まれ、酒井氏の徹底監修で製作しています。ゴツゴツとした皮膚感は特に表現にこだわった箇所で、ゴジラの魅力が存分に発揮されており、酒井氏は「今は存在しないギドゴジスーツの再現を目指した。」と語っています。

◆"本物"を再現した彩色
 彩色においては酒井ゆうじ氏から提供された、当時の撮影用スーツ制作で実際に使用された塗料を再現したカラーを色見本として使用することで、より本物感あるゴジラを再現しています。さらに造形で追加されたテクスチャーは、彩色との整合性を考慮し、塗装時の陰影、皺感などスケール感をより強調する演出を施しています。また、塗装はエアブラシによる手作業で、デジタルと手作業の融合により"本物"のクオリティを再現しています。

◇酒井ゆうじ氏とは
 1958年生まれ。日本を代表する原型師にしてゴジラ造形の第一人者。映画「ゴジラ2000ミレニアム」にて立体デザイナーを務める。「酒井ゆうじ造型工房」を主宰し、数々のゴジラキットを展開。そのあまりに精巧な造形は国内外から高い評価を得ている。

【Human Size ゴジラ(1991北海道ver.) 商品概要】
商品名 Human Sizeゴジラ(1991北海道ver.)
商品お届け 2017年7月より順次発送
販売価格 4,482,000円・税8%込/4,150,000円・税抜 配送料別
対象年齢 15歳以上
サイズ
 全高約192cm(台座含む) ※台座からの取り外しはできません。
 全長約305cm(尻尾含む) 
主な素材
 本体表面:FRP
 本体内部フレーム、台座:スチール製
セット内容 本体、台座、シリアルナンバー付き監修証明書
販売ルート 「魂ウェブ商店」(バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」内)にて、2016年11月7日(月)16:00より抽選申込受付スタート

■「Human Size」で再現したキャラクターフィギュアを多数展示!
 バンダイによるフィギュアのイベント「TAMASHII NATION」を今年も秋葉原UDXにて開催します。本イベントでは、『Human Size ゴジラ(1991北海道ver.)』のほか、先日配信開始されたPlayStation VR専用ダウンロード専売タイトル「サマーレッスン」 (発売元:(株)バンダイナムコエンターテインメント)の宮本ひかり、マジンガーZ、スーパーサイヤ人孫悟空など注目のキャラクターの「Human Size」フィギュアをフォトス ポットとして多数展示します。ほかにも、「機動戦士ガンダムシリーズ」、「マジンガーZ」、「特撮ヒーロー」、「聖闘士星矢」、「アニメ・コミック作品」、「洋画」、「マクロス」など人気のキャラクターフィギュア約500点を展示します。



TM&(C)TOHOCo., LTD.