2016年9月18日、東京ゲームショウ 2016のWargaming Japanブースにて、アニメ『ハイスクール・フリート』出演声優を招いてのトークステージと、『ガールズ&パンツァー』主題歌でおなじみの歌手ChouChoさんのライブステージが開催された。

●TGS初日の電撃発表に続き、コラボ作品のステージを最終日に展開!

 2016年9月15日(木)から9月18日(日)まで、千葉・幕張メッセで開催された東京ゲームショウ 2016(以下、TGS 2016)。Wargaming Japanブースではビジネスデーの初日から新たなコラボやユニークな企画ステージが催され、多くの注目を集めた。

▲『World of Warships』とアニメ『ハイスクール・フリート』が発表され、『World of Tanks Blitz』と『戦場のヴァルキュリア』のコラボ詳細が発表。

※関連記事
◆『ハイスクール・フリート』と『World of Warships』のコラボが決定!【TGS 2016

◆『戦場のヴァルキュリア』の戦車2両と大河原邦男コラボ車両が『WoT Blitz』に登場、アニメ『終末のイゼッタ』への協力も発表【TGS 2016

 さらに、度重なるコラボを重ねてきた『World of Tanks』と『ガールズ&パンツァー』のトークやライブも実施され、今年のWargaming Japanブースはまさにコラボの宝庫。そんなTGS 2016の最終日を飾った、ふたつのコラボステージをリポートする。

●『ハイスクール・フリート』出演者が『WoWs』とのコラボ内容に迫る!?

 『World of Warships』(以下、WoWs)とのコラボが電撃発表された『ハイスクール・フリート』は、2016年4月から6月まで放映されたアニメ作品。飛行機が存在しない海洋中心の世界で、海を守る平和の象徴たる女性艦長“ブルーマーメイド”を目指す女生徒たちの成長を描いた作品だ。

 “『World of Warships RENDEZVOUS ハイスクール・フリート』スペシャルトークステージ”には、黒瀬ゆうこさん(納沙幸子役)と五十嵐裕美さん(ミーちゃんことヴィルヘルミーナ・ブラウンシュヴァイク・インゲノール・フリーデブルク役)が登場。

 さらに『WoWs』側からは、アジア圏のプロダクトスペシャリストである畑井翔氏が登壇した。

▲左から、MCのブリドカットセーラ恵美さん、黒瀬ゆうこさん、五十嵐裕美さん、畑井翔氏。

 声優のおふたりは作中のセリフとともに、加えて五十嵐さんはヴィルヘルミーナのフルネームをかまずに言い切る快挙とともに自己紹介。その後はさっそく、9月15日に発表されたコラボの話題に。「要望が多く、水面下で進めていたものがやっと発表できた」と語る畑井氏への、質問&要望攻めがスタートした。

▲「キャラクターはもちろん、晴風などの艦船も『WoWs』に登場させたい」と語った畑井氏に、「やったー!」と大はしゃぎの黒瀬さん。オープニング曲の『High Free Spirits』を盛り上がるシーンで流してほしいと、直球の要望も。
▲元気いっぱいの黒瀬さんに、冷静にツッコミを入れる五十嵐さん。しかし「私たちのボイスの実装を……!」と、ヴィルヘルミーナそのままの、ドスの効いた一言が不意に飛び出す場面も。
▲「五十六(主役艦・晴風の大艦長に任命されたドラ猫)カラーの船を実装しましょう!」、「五十六の目の部分から大砲が!」など、暴走していく要望に、畑井氏は「がんばります!」と言うのが精いっぱい。

 コラボの要望は尽きない様子だったが、つぎの話題へ。おふたりが『ハイスクール・フリート』で演じた、納沙幸子とヴィルヘルミーナについて語ってくれた。

 幸子の“オタク気質で興味がないものにはとことん上の空”といった演技を大事にしたという黒瀬さん。そんな幸子が大好きになったヴィルヘルミーナと別れるシーンでは、まだアニメの絵が仕上がっていない状態のアフレコとなったとのこと。黒瀬さんは五十嵐さんの動画などを見て、泣きそうになりつつ演技を固めたそうだ。

▲役の間柄と同様に、黒瀬さんは五十嵐さんのことが大好きな模様。幸子同様ひとりごとも多かったりなど、共通点も多いらしい。

 幸子たちとは異なり、ドイツ艦所属の先輩的な立場だったヴィルヘルミーナを演じた五十嵐さん。こちらは不意に飛び出す、仁義なきナントカ的な作品を連想する広島弁セリフが印象的な役だ。

 広島弁については、スタッフが実際に元ネタとなる仁義なき作品を見せてくれた賜物だったそうだ。さらに広島出身の黒瀬さんも熱心に演技指導。ただし、ドイツ語については指導がなく、かなり怪しいかも……とのこと。

▲30人以上の女子が集まる収録現場はまるで女子校。みんな「海の仲間は家族って感じでした!」と、和気あいあいとしていたそうだ。その中でひとりだけ男性の鶴岡聡氏(五十六、ならびに教頭役)はタジタジだったとか?

 ほかにも、幸子名物・激しいひとり芝居の収録が始まると、キャストの皆さんが「きたー!」と盛り上がった話や、小林ゆうさん(野間マチコ役)の独創的なコメント絵をみんなで大胆予想した話が。仲よしエピソードはいくら話しても尽きないようだ。

 それをいつまでも聞いていたいが、惜しくもステージはここで終了時間に。今後のコラボステージなどでキャストの皆さんが揃う日に期待が高まる、じつに楽しいステージだった。

▲プレゼントのTシャツにサインをしていただいたところでステージは終了。ぜひまたWargaming Japanステージに、仲よしキャストの皆さんといっしょにご登壇ください!

●コラボステージの最後は原点回帰! ChouChoさんのガルパンライブ!

 TGS 2016最終日、コラボイベントでは最後のステージとなったのが、“『World of Tanks Meets ガールズ&パンツァー』スペシャルステージ3 ”ChouChoスペシャルライブステージ”。

 『World of Tanks』との数々のコラボでおなじみのアニメ『ガールズ&パンツァー』の主題歌『DreamRiser』をはじめ、多くのガルパンテーマソングを担当する歌手・ChouChoさんが登場。

▲デビュー5周年を迎え、2016年5月にはベストアルバムも発売となったChouChoさんだが、TGSのステージに立つのは初めてらしい。

 ライブステージは『ガールズ&パンツァー 劇場版』のイメージソング『GloryStory』からスタート。観客はその染み入る歌詞と美声に聴き入り、歌い終えた後にもしっかり余韻を噛みしめている人が多かった。

 朝から並び続けた観客の皆さんをねぎらいつつも、続く2曲目。テレビアニメ『ガールズ&パンツァー』オープニングソング『DreamRiser』のイントロに、観客席からは「待ってました!」とばかりに大きな歓声が。

 ChouChoさんからは、正面だけでなく、観客席左右の観客にも広くパフォーマンスが投げかけられた。それに応えた観客席からの、サビの振り付けもみんな完璧。観客席とステージ上との一体感が一気に高まった。

▲要所での観客との振り付けの一体感に、ガルパンファンの長く続く愛を感じた。それを抜きにしても、時に祈るように、時に勢いよく、緩急をつけた歌声には自然と聴き入ってしまう。

 3曲目は、5月に発売されたベストアルバム『ChouCho ColleCtion "bouquet"』に収録された、『希望の絆 ~ChouCho solo ver.~』。真剣な表情や勇ましさを織り交ぜて、堂々と歌い上げる。

 さらにそれに続いた4曲目は、ミニアルバム『音楽道、はじめました!』の収録曲である『眠れる本能』。これまでの曲よりもアップテンポな、カッコよさを打ち出したこの曲で、観客のテンションも一気に上昇。リズムに体を揺らし、大いに盛り上がった。

 そして5曲目。惜しまれながらもラストナンバーとなったのは、『ガールズ&パンツァー 劇場版』主題歌『piece of youth』。4曲目とは打って変わって、ラストにふさわしい染み入るような名曲だ。

 観客席の皆さんが、劇場版での感動を振り返るかのようにじっと聴き入っていたのが印象的だった。歌い終えたChouChoさんには観客から割れんばかりの拍手が送られ、ステージは終了。数多く開催されたコラボステージの最終幕を、美しいエンディングで飾ってくれた。

▲ChouChoさんは10月から全国5ヵ所をめぐるワンマンライブツアーをスタート。ライブではこれからもガルパンソングを数多く歌うとのこと。気になる方はぜひツアー予定をチェックしてほしい。

 最終日も大いに盛り上がったWargaming Japanブース。ユニークな切り口や演出のおかげで、今後のコラボイベントの盛り上がりにも期待が高まるばかりだ。これからもWargaming Japanのコラボの同行に注目していただきたい!