市立吹田サッカースタジアムVIPルーム観戦キャンペーンが実施

 エレクトロニック・アーツは、2016年9月29日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション3、Xbox One、Xbox 360(デジタル版のみ)用ソフト『FIFA 17』に、新たにJ1リーグを収録することを発表した。

 J1リーグに所属する全18クラブのロゴ、ユニフォーム、選手はすべて実際と同じ形で収録され、さらにガンバ大阪の新しいホームスタジアムである市立吹田サッカースタジアムも『FIFA 17』に新搭載される。J1クラブのコンテンツは、“FIFA Ultimate Team (FUT)”を始め、ほかのゲームモードにも搭載されるとのことだ。

 この件に関して、EA SPORTS FIFAのシニアプロデューサー、ニック・チャノン氏は「Jリーグとのパートナーシップは、『FIFA 17』とファンにとって、とても重要なものです。これによってゲームモードに深みとコンテンツがもたらされ、ゲームはより一層本物らしく進化しました。そしてなによりも、世界中のJ1リーグファン、サッカーファンの大きな要望に応えることができました」(リリースよりとのコメントが寄せられている。

 さらに、Jリーグチェアマンの村井氏は「世界中の人に楽しまれている『FIFA』シリーズに明治安田生命J1リーグが収録されることを発表する日を迎えることができ、大変嬉しく思っております。日本のJリーグのファン・サポーターはもちろんのこと、世界中の人に、『FIFA 17』という素晴らしいゲームを通じてJリーグの魅力を知ってもらい、楽しんでもらえることを期待しています」(リリースより)とのことだ。

  また、『FIFA 17』にJ1リーグと市立吹田サッカースタジアムが収録されることを記念して、市立吹田サッカースタジアムVIPルーム観戦キャンペーンが実施されることも明らかに。キャンペーンは本日(6月24日)17時に開始され、ファン・サポーターはツイッターでEA SPORTS FIFA Japan (@EASPORTSFIFA_JP)をフォローして、該当の投稿をリツイートすることで応募ができる。抽選で選ばれた8名は、7月17日に市立吹田サッカースタジアムで行われるガンバ大阪vsアビスパ福岡戦のVIPルームペアチケットを手に入れることができる。詳細の情報はツイッターアカウントにてお知らせされるとのことだ。

 さらに、『FIFA 17』の予約特典にスカパー!の“Jリーグオンデマンド 2週間無料クーポン”が追加。これによって、ファンはリアルとバーチャルの両方でJリーグを楽しめる。こちらは、日本版『FIFA 17』のXbox One、プレイステーション4、プレイステーション3(パッケージ・デジタル版とも)が対象となる。

 クーポンはパッケージに同梱または発売日以降メールによる配布となり、2016年10月31日まで視聴可能となる。