『√Letter ルートレター』物語の真相に迫る4thトレーラーが公開、ダウンロード版は4300円[税抜]で販売!

角川ゲームスは、2016年6月16日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『√Letter ルートレター』について、4thトレーラーを公開した。

●文野亜弥と級友たちの<過去>が語られる

 角川ゲームスは、2016年6月16日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『√Letter ルートレター』について、4thトレーラーを公開した。また、プレイステーション4ダウンロード版、プレイステーション vitaダウンロード版ともに、4300円[税抜]で販売されることが決定。


 以下、リリースより。



 株式会社角川ゲームス(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:安田善巳、以下角川ゲームス)は本日、PlayStation4、PlayStation Vita用ソフト『√Letter ルートレター』について、謎に満ちた物語の真相に迫る4thトレーラーを公開いたしました。あわせて、『√Letter ルートレター』ダウンロード版を、PlayStation4、PlayStation Vitaともに4,300円(税別)で販売することを発表いたしました。


01_文野亜弥をめぐる噂 02_過去を抱えた友人達

▲『√Letter ルートレター』4thトレーラーでは、高校時代のペンフレンド文野亜弥にまつわる<謎>と、彼女と級友たちの<過去>が語られる

○誰もが抱える青春時代の心の“闇”と“光”を描く人間ドラマ
 高校3年の時、ほのかな恋心とともに手紙を交わした島根県の少女「文野亜弥」。しかし、探索によって判明するのは、手紙には書かれていなかったペンフレンドの意外な噂と証言だった。一体、彼女とクラスメイトの間に何が起こったのか? 級友はなぜ当時の思い出を隠そうとするのか? すべての謎を解く鍵となる「15年前に起こったある事件」を中心に、誰もが抱える青春時代の心の闇と光を描いた、『√Letter ルートレター』の物語に迫ります。

√Letter ルートレター』とは、地方の文化や歴史を土台にした人間ドラマをテーマとするアドベンチャーシリーズ「角川ゲームミステリー」の第一弾作品。美しい自然と歴史に彩られた島根県を舞台に、15年前に返信が途絶えたペンフレンドを探して謎を解くミステリーアドベンチャーゲームです。企画/キャにラクターデザインは箕星太朗さん、シナリオは藤ダリオさんが担当。声優は、日髙のり子さん(文野亜弥役)、皆口裕子さん(吉岡栞役)、井上喜久子さん(石原由香里役)などが務めます。

■『√Letter ルートレター』4thトレーラー概要
○謎のペンフレンド「文野亜弥」にまつわる幾つかの噂
「私は人を殺しましたー。」衝撃的なラストレターを発見した主人公は、真相を確かめるために島根へと飛ぶ。そこで耳にしたのは、「25年前に亡くなった“伝説の女子高生”」「文野邸の跡地に出没する幽霊」「石見地方に伝わる“姫が森の姫”」など、文野亜弥にまつわる様々な噂だった…。


01_文野亜弥の幽霊の噂

▲手紙の住所を訪れると、そこは15 年前のクリスマスに起きた火災で空き地となっていた。焼け跡では幽霊の目撃情報も

02_25年前に亡くなった同姓同名の少女

▲亜弥が通っていた高校には、主人公が文通をしていたよりも、さらに10 年前に亡くなった「文野亜弥」という名の生徒がいたらしい

03_姫が森の姫の伝承

▲級友の一人は、文野亜弥は島根県石見地方に伝わる伝承「姫が森の姫」であると証言する

○15年前、少女とクラスメイトの間に起こった事件
文野亜弥から送られてきた手紙には、級友への優しい想いと楽しいエピソードが綴られていた。しかし、大人になった級友の口から語られるのは、彼らが忘れようとしていた苦い“過ちの記憶”だった。15年前、少女とクラスメイトの間に何が起こったのだろうか?


01_15年前の出来事1
02_15年前の出来事2
03_15年前の出来事3

▲現在の級友の口からは、15 年前に彼女が送った手紙には書かれていなかった“過ちの記憶”が語られる

○文野亜弥との<過去>に囚われた7人のクラスメイト
現代の島根で見つけ出した元・級友達は一様に文野亜弥の存在を否定する。それは15年前、彼らがそれぞれ亜弥に対して犯してしまった“過ちの記憶”が今も心を縛り付けているからであった。彼らを縛る<過去>から解放するための鍵となるのが、級友への温かい想いが綴られた文野亜弥の10通の手紙。あの日届かなかった亜弥の想いを彼らに伝えることで、彼らはもう一度希望へ向かって歩み始める。


石原由香里 田中耕介

▲石原由香里 (声・井上喜久子)
島根県立美術館の部長。美術館の企画展をヒットさせ異例の出世をしたが年上の部下との仕事にストレスを抱えている。子供の頃から、優秀な姉と比べられていたのがコンプレックスになっている。
【文野亜弥との<過去>】
確執

▲田中耕介 (声・岩崎ひろし)
松江市役所で働く職員。かつては「学校一の秀才」と呼ばれたが、高校3 年のある時期から成績が急落。「理系の知識を活かした仕事をしたい」という希望はあるが自信が持てず、今は平凡な職務に甘んじている。
【文野亜弥との<過去>】
自信喪失

渡辺将也 大森準 佐々木理子

▲渡辺将也(声・白川周作)
松江南高校の体育教師で野球部監督。子供の頃から運動神経抜群で腕白だった。口調は乱暴だが情に厚く、生徒からとても慕われている。野津の働く中村BAR の常連客でもある。
【文野亜弥との<過去>】
反感

▲大森準(声・河本啓佑)
松江で働くイケメンパティシエ。子供の頃から大好きだった甘いものを研究し、最近、婚約者の福井優香とともに念願だった自分の店を開いた。優しい性格。ベリー系のケーキが苦手。
【文野亜弥との<過去>】
臆病

▲佐々木理子 (声・冬馬由美)
主婦。旧姓・羽田理子。高校卒業後、芸能活動を開始したが、結局芽が出なかった。娘は地元の劇団で活躍する人気子役で、現在はステージママとして娘の活動を支えている。
【文野亜弥との<過去>】
嫉妬

村上美咲 野津翔太

▲村上美咲 (声・氷青)
地元山陰中央テレビの看板アナウンサー。子供の頃から正義感が強く、報道を志して入社したが、バラエティやお天気キャスターの仕事ばかりの現場に不満を持っている。造り酒屋の娘でかなりの酒豪。
【文野亜弥との<過去>】
恐怖

▲野津翔太(声・寸石和弘)
松江市内の中村BAR で働くマスター。不良ぶった振る舞いもするが、バーテンとしての腕は確かでオーナーからの信頼も厚い。酒の知識も豊富で、時折海外の珍しい酒を仕入れてくる。
【文野亜弥との<過去>】
劣等感



(C)2016 KADOKAWA GAMES