冬の移籍選手やユニフォームなど、さまざまなデータを更新

 KONAMIは発売中のプレイステーション4、プレイステーション3用ソフト『ウイニングイレブン2016』において、大型アップデート第3弾を本日2016年3月24日に配信開始する。

 以下、リリースより。


 株式会社コナミデジタルエンタテインメントは、本日3月24日(木)より、発売中のPS4、 PS3用ソフト『ウイニングイレブン 2016』において、大型アップデート第3弾(データパック3.0)を配信開始することをお知らせします。

 今回のアップデートでは、4月21日(木)に発売される『UEFA EURO 2016 / ウイニングイレブン 2016』とほぼ同様の内容に更新されます。6月に開催される、ヨーロッパの頂上決戦「UEFA EURO 2016」の出場国24カ国をすべて搭載し、うち15カ国(フランス、イングランド、ウェールズ、ドイツ、スペインなど)の公式ライセンスを取得。決勝戦が行われる「スタッド・ド・フランス」や大会公式ボールなども搭載されますので、開催にさきがけてヨーロッパの最強国を決める頂上決戦をお楽しみください。

 また、アップデートではクラブチームの冬移籍も反映!スパイクやボールも追加され、ユニフォームやフェイスモデルも更新されます。

 さらに、オンラインモード「myClub」では、懐かしのマスターリーグオリジナルメンバー、バーチャット、エスピマス、チェルニーリなど17名が監督として復活します。それぞれの監督が様々な戦術を持っていますので、ぜひ契約を検討してください。

 引き続き、最新のデータで『ウイニングイレブン 2016』をお楽しみください。

<大型アップデート第3弾(データパック3.0)内容>
■4月21日発売『UEFA EURO 2016 / ウイニングイレブン 2016』とほぼ同様の内容に無料でアップデート(※)
・UEFA EURO 2016に出場する24カ国搭載。うち15カ国(イングランド、ウェールズ、ドイツ、スペイン、ポルトガル、イタリア、ウクライナ、チェコ、クロアチア、スロバキア、アイスランド、トルコ、アルバニア、北アイルランド、フランス)の公式ライセンスを搭載。
・UEFA EURO 2016カップモード追加。
・UEFA EURO 2016決勝開催のスタジアム「スタッド・ド・フランス」や大会公式ボールを搭載。

■冬の移籍選手反映
※2016年2月8日時点のデータとなります。

■ユニフォーム更新/スパイク・ボール追加/フェイスモデル(199名)更新

■マスターリーグオリジナルメンバーが「myClubモード」の監督として復活
バーチャットやチェルニーリ、エスピマスといった、マスターリーグの歴代オリジナルメンバー総勢17名がオンラインモード「myClub」で監督として復活。

(※)なお、データパック3.0へアップデートした『ウイニングイレブン 2016』と『UEFA EURO 2016 / ウイニングイレブン 2016』は、ほぼ同様の内容でお楽しみ頂けますが、『UEFA EURO 2016 / ウイニングイレブン 2016』では、「EURO2016」をイメージしたタイトルムービー、タイトル背景、タイトルに表示される選手が欧州各国代表選手になるなど、より「EURO2016」の世界観でお楽しみ頂けます。

◇「ババンギダが当たる!ウイイレあるあるツイートキャンペーン」本日より当選発表!
「ババンギダ」選手が当たるキャンペーンが3月31日まで開催中。ウイイレあるあるをツイートすると、元ナイジェリア代表「ババンギダ」選手が、抽選で2万2千名に当たります。その抽選結果を 「ウイイレ 2016」公式サイトにある専用サイトで、本日から発表します!

「ババンギダ」選手は、選手や監督を獲得し、自分だけの理想のクラブチームを作るオンラインモード「myClub」で使用可能です。この機会にウイイレ史上最速の男「ババンギダ」選手を獲得しよう!

※「ババンギダ」選手を使用するにはデータパック3.0へアップデートが必要になります。
※「ババンギダ」選手を使用するには、オンラインモード「myClub」のチュートリアルを突破し、myClubを始めて頂く必要があります。