『FFXIV』ザ・フィーストでPvP新時代到来の予感! 第27回プロデューサーレターLIVE パッチ3.2特集まとめ

『ファイナルファンタジーXIV』の最新アップデート情報が発表されるプロデューサーレターLIVEの第27回が、2016年1月30日の夜にオンエアされた。2月23日リリース予定のパッチ3.2で追加される数々の新要素が、実機映像や動画を交えて初公開されたのだ。

●パッチ3.2の柱の全貌が見えた!

ファイナルファンタジーXIV』(以下、『FFXIV』)の最新アップデート情報が明かされるストリーミング放送、プロデューサーレターLIVEの第27回が、2016年1月30日の夜にオンエアされた。前回の放送では概略のみが説明されていた魔神セフィロト討滅戦や、機工城アレキサンダー:律動編といった新規コンテンツ、そして新しいPvPの具体的な中身が、実機映像を交えて世界で初めて公開されたのだ。

 今回の放送は鹿児島から。プロデューサー兼ディレクターの吉田直樹氏をはじめとする『FFXIV』の開発スタッフが全国各地を巡り、ファンと交流するリアルイベント“FINAL FANTASY XIV: Full Active Time Event”の一環として行われたものだ。これまで開催されてきたレターLIVEと同様に、吉田氏は資料を一切読み上げず、世界中のプレイヤーと目を合わせながら新要素の中身を解説していった。

▲前説と称し、場を暖めるサウンドディレクター祖堅正慶氏。「いいですか皆さん、吉田Pのプレイが終わったタイミングが「よしだああああああ」と叫ぶ唯一のチャンスですよ!」。もちろん会場は大爆笑。

▲吉田氏がパッチ3.2公開予定の木人討滅戦をプレイしているシーンから放送開始。機工城アレキサンダー零式:起動編の4層に対応した木人を相手に黒魔道士でバトル。

▲ギリギリながら見事木人を倒した吉田氏は、安堵の笑顔を見せていた。

▲既報のとおりパッチ3.2のタイトルは“運命の歯車”。公開日は2016年2月23日だ。

▲アートに描かれている女性はミンフィリア。その背後に配置されたマザークリスタルとの関連性が気になるところ。

▲放送の後半には、シニアトランスレーターのマイケル・クリストファー・コージ・フォックス氏がゲストとして登場。ヒルディブランドがパッチ3.2で帰ってくると宣言していた!

▲コージ氏が明かしたヒルディブランドの画像。「どんな形で、誰を連れて帰ってくるのか注目してほしい」とのこと。

▲試作品として取り出された、ヒルディブランドとナシュの人形。吉田氏は「パチもんぷりがひどいのに、どことなく味がある」と苦笑していた。

●攻撃力を含めたナイトのありかたを大きく見直し

 第27回プロデューサーレターLIVEは木人討滅戦の新情報からスタートし、ジョブ調整、グナース族の蛮族クエストへと話題は進んでいった。ここからは項目別に内容を振り返っていく。とくに注釈のないかぎり、発言はすべて吉田氏によるものだ。

[木人討滅戦]

 規定の木人を3分間で討滅を目指す。『FFXIV』にしてはめずらしく、ソロ向けに用意されたバトルコンテンツだ。

▲木人討滅戦の基本データ。

・それぞれの木人は高難度コンテンツに対応しており、ジョブごとに求められる動きを練習できる。

・パッチ3.2の新規コンテンツも、クリアしたものであれば木人討滅戦に登録される。

・機工城アレキサンダー:律動編のノーマル難度の1層をクリアすれば、その時点で零式:律動編1層の木人討滅戦が追加される。

・報酬品はとくに設定されていないが、やり甲斐のある作りになっている。

・遊びとして、ヒーラー向けのものも用意されている。

▲プレイ可能な木人討滅戦が一覧で並んでいる。ここから好みのものを選択して挑戦する模様。

[ジョブ調整]

 タンクの物理攻撃力の算出方法を変更。ほかにも特定のジョブに比較的規模の大きな調整が加えられる予定。

▲タンクは今後、VITアクセサリをメインで使えばよくなるとのこと。

・仕様変更に伴い、STRの付いたアクセサリをタンクで使用すると、パッチ3.2公開以降はダメージが下がってしまうので、事前にVIT系のものを準備したほうがいい。

・ナイトは攻撃面だけでなく、使いにくく感じられた部分も含めて全面的に見直されている。

・タンクに関しては、3つのジョブそれぞれの特性を見て、数値をすべて調整した。

・占星術師のシャッフルについて、同じカードを再度引かないように、名称や効果について調整。また敵視を下げる行動ができない点についても改善する。

・機工士についてもDPSの伸び具合がほかのジョブとくらべて遅いので調整した。

・吟遊詩人の時神のピーアンの使い勝手も調整される。

▲リミットブレイクゲージに関する改善が今回のパッチで導入される。

[蛮族デイリークエスト]

 パッチ3.2では、グナース族の蛮族デイリークエストを追加。高地ドラヴァニアの蛮族拠点を中心に新たな冒険が幕を開ける。

▲バヌバヌ族と同様のレベルアジャスト機能が、新規蛮族クエストでも利用できる。

▲グナース族の依頼を通じて獲得できるフライングマウント。小型のカメレオンのように見える。

▲アダマンタスがフライングマウントに! 炎を吐き出して回転しながら飛行する。主観視点に変えた場合でも、冒険者自身の画面は回転しないのでご安心を。

[ザ・フィースト]

 フロントラインに続く新たなPvPコンテンツとして、ザ・フィーストが公開になる。腕前を示すレーティングという概念が設けられているのが特徴だ。

▲新規PvPコンテンツ、ザ・フィーストの対戦ルール。パーティ構成は、写真で示された2パターンに限定されている。

▲ザ・フィーストのメインとなるのは、赤の破線の上にある3つのモード。

・ソロと固定パーティのどちらにも、レーティングに影響しない練習モードが別途用意されている。また、ソロとパーティのレーティングはそれぞれ別のものになっている。

▲相手を全滅させるのではなく、メダルを多く集めることが勝利の秘訣。

▲初期状態でプレイヤーが持っているメダルの量はすべて同じだ。

▲落としたメダルの量に応じて画面に表示されるエフェクトが変化する。

▲下の3つがザ・フィーストの新要素だ。

▲開始時点で置かれているもののほか、戦闘中に表れるタイプも。

▲デンジャータイムに突入すると、周囲の風景やサウンドが変化する。

▲上級者プレイヤーに多くメダルを持たせると、ヘヴィメタルが邪魔をする。

▲リザルト画面で表示されるK、D、Aはそれぞれノックアウト、ダウン、アシストを表している。

▲階級はソロと固定パーティでそれぞれ別に用意されている。

▲階級は、初期状態を含めると全部で6つ。

▲Lodestoneにザ・フィーストの専用ランキングページが開設されるとのこと。

▲ひとつのシーズンが終了すると全階級がリセットされる。上級者が長期間、上位を独占し続けることを防ぐための措置だろう。

▲ザ・フィーストの報酬装備。吉田氏いわく「チャンピオン装備」とのこと。

・調度品としてトロフィーももらえる。

▲パッチ3.2公開後に開幕するシーズンの流れを描いた図だ。

・ほかの新規コンテンツに挑戦している人がレーティングの面で出遅れて不利にならないよう、ザ・フィーストはパッチ3.21の公開時点でプレイ可能にする。

[インスタンスダンジョン]

 “星海観測 逆さの塔”と“神聖遺跡 古アムダプール市街(hard)”のふたつのインスタンダンジョンが追加される。

▲星海観測 逆さの塔のエリア内は、すべてが上下逆さまになっている。

・天井に張り付いて戦うわけではない。

▲神聖遺跡 古アムダプール市街(hard)では、ディアボロスが去った後の同エリアが舞台。