コーエーテクモゲームスより2016年2月25日発売予定のプレイステーション Vita用ソフト『金色のコルダ4』。同作で如月律を演じる小西克幸さんにお話を伺った。

●「律らしい一面もありつつ、新たな一面も見られた気がします」

 コーエーテクモゲームスより2016年2月25日発売予定のプレイステーション Vita用ソフト『金色のコルダ4』。同作は、2010年に発売された『金色のコルダ3』の“その後”の物語を描くシリーズ最新作だ。舞台は夏から秋冬に移り、この季節ならではの文化祭、クリスマス、大晦日などのイベントが展開し、新たな恋模様を楽しむことができる内容となっている。

 ここでは、『金色のコルダ4』の出演者たちによる、本作への想いや、ご自身の片想いのエピソードなどをお届けする。今回は、如月律役の小西克幸さんにお話を伺った。

――アフレコを終えてのご感想をお願いいたします。
小西克幸さん(以下、小西) いままでの『金色のコルダ』シリーズは、恋愛シミュレーションゲームなんですが、恋愛要素というよりは音楽の勉強をする要素が強かったように思います。とくに『金色のコルダ3』に関しては、スポ魂のような雰囲気の中で、恋愛をしていくというような印象がありました。それは大会があったので、そこに「みんなで向かっていこう」というような展開だったのが大きな理由だと思います。でも、『金色のコルダ4』では、年末にジルベスターコンサートをやろうというシナリオになっていまして、どちらかというと、いままでよりは恋愛要素が強いのかなという気がしました。ですので、律も前回に比べて恋愛要素が多かったり、「あっ、律らしいな」という天然さんのお話もたくさんあったりしたので、楽しいんじゃないかなと思います。

――『金色のコルダ4』では、舞台が夏から秋冬へと進み、さらに“彼からの片想い”、“主人公からの片想い”という新要素が加わりました。ご自身が演じられているキャラクターに新たな発見などは見つけられましたか。
小西 律はやっぱり律でしたね。今回のゲームの中で律から主人公を好きになるということと、主人公から律を好きになるという大きく分けてふたつのパターンがあります。『金色のコルダ3 AnotherSky』のことは別にして、いままでずっと音楽しかしてこなかったので、『金色のコルダ4』になったとき、「どうやって恋愛をしていけばいいだろう?」というのが演じていて難しかったというか、「律ってどういう風に恋愛していくのかな?」と考えました。そういう意味では、律の新たな一面が見られた気がします。

――本作から新規キャラクターとして先生たちが増えていますが、第一印象はいかがでしょうか?
小西 まだ会話(のシーンの収録を)していなくて、性格がまったくわからないので、なんとも言えないです。ただ、『金色のコルダ4』では、先生がかなり重要になるんですよね。というのも『金色のコルダ3』では、授業の有無に関わらず、平日でもいろいろなところに行けたんですけど、『金色のコルダ4』では、自由に好きなところに行けるのは土日だけになっているみたいです。平日は学校の中しか移動できなくて、先生から指導を受けて、自分のパラメーターを上げるというようになっているらしいです。そのためにいろいろな先生が登場するんでしょうね。先ほど、須永さん(※須永巧 声:武内駿輔さん)の音声を聞かせていただいたのですが、とてもカッコよかったです。少し低音が響いて、ワイルドな雰囲気があるんですけれども、その中にやさしさが垣間見える感じがしました。まだ、どんなキャラクターなのかわからないのですが、声を聞いた印象では素敵なキャラクターになるだろうなと思います。もうひとりの小倉先生(※小倉宗一郎 声:野島裕史さん)は、不思議過ぎてよくわからないです(笑)。でも、ふたりとも奇抜過ぎますよね。星奏学院はふつうの学校なので、先生の奇抜さがより目立ちます(笑)。ふつうの学校に神南や天音学園とかに比べると、ふつうの学生の感じがしますよね。そこに神南や天音学園の卒業生みたいな感じのふたりが入ってきちゃったので、どういう風にみんなに絡んでくるのか楽しみです。

――本作から、“片想い”システムが導入されましたが、小西さんの片想いについてのエピソードをお聞かせください。
小西 あんまりないですね。若いころは、律くんと同じような感じで、ずっとサッカーをやっていたので。それに高校のときは、ほとんど男しかいなかったので、恋愛とかはなかったですね。

――男子校だったんですか?
小西 男子校ではないんですけど、女子はほとんどいなくて。いてもクラスにふたりとか3人という感じだったので、片想はないですね。

――では、モノへの片想いなどもないですか?
小西 僕は執着がないですよね……。ああ、でも、ゲームへの執着はありますね。絶対手に入れたいから予約をしてトレジャーBOXを買うとか(笑)。

――本作にはプラチナBOXもありますしね。
小西 すごく豪華な内容で重いらしいですよ。

『金色のコルダ4』広報さん(以下、広報) 4kgあります。

小西 すごいですよね(笑)。

広報 それだけ愛情が詰まっています。

小西 なるほど。『金色のコルダ4』だから、4kgにしたんですか?

広報 狙ってなかったんですけど。

小西 これからは『金色のコルダ4』だから、4kgにしたということにしましょう(笑)。「あと500g足りないから、これを入れよう」みたいな感じで重さを微調整して。話しが少し逸れましたが、モノへの片想いという意味では、ゲームや限定版ですね。

――本作は、いままで『金色コルダ』シリーズを遊んだことがない方でも楽しめるということを伺っています。本作で初めて『金色コルダ』シリーズをプレイしてみたいと考えている方へ、とくに見てほしいポイントなどがありましたら教えてください。
小西 先ほども少しお話しましたが、『金色のコルダ』はふつうの恋愛ゲームと違って、恋愛だけしていてもいいし、音楽のことを突き詰めていってもいいですし、自分の好きなように楽しめるんですよね。いろいろな遊びかたをすることによって、より作品の世界観が広がると思います。ゲーム的な話をすると、アンサンブルといって、たくさん出てくるキャラクターの中から、自分の好きなキャラクターを呼んで、チームを組んで演奏できるんですよ。そういう風に、いろいろな音の組み合わせることができるので、そこも楽しい部分だと思います。とにかくキャラクターが多くて、どのキャラクターも魅力的なので、それを見るだけでもかなり楽しめると思います。『金色のコルダ4』では、新要素である“先生システム”も加わります。僕にもまだわからない未知の世界ですが、そこもひとつの楽しみになるんじゃないかなと。

――今作の季節が秋冬へと変わったということで、もし演じられているキャラクターとどこかへ行くとしたらどちらに行きたいですか?
小西 どこか行ってくれるかな? 律くんは、場所やモノをあんまり知らないので、どこに連れて行っても喜んでくれると思います。よし、遊園地に行きましょう! たぶん、そういうところに行ったことがなさそうなので。

――遊園地ですか!? では、何のアトラクションに乗りたいとかはありますか?
小西 絶叫系のアトラクションに乗せてみたいです。あと、乗り物に乗りながら、光線銃で敵を狙って倒していくみたいなアトラクションに乗せて、どういう反応をするのか見てみたいですね。

――律が経験していないようなことをさせてみたいということですね。
小西 そうですね。でも、そういうアトラクションは、けっこう手が疲れるので、もしかしたら、「うっ、俺の手が」となるかもしれないですけどね(笑)。そうなったら、「ごめんなさい」という感じですけど、1度はやらせてみたいですね。

――最後に、ファンの方々へ向けてのメッセージをお願いします。
小西 みなさまの応援のおかげで、『金色のコルダ3』の後に、『金色のコルダ3 AnotherSky』というタイトルで、各学校ごとのゲームも出させていただいて、そしてついに『金色のコルダ4』を発売することになりました。これも皆様が『金色のコルダ』を愛して、応援し続けてくれているからだと思います。『金色のコルダ4』では、新システム、新キャラクターが増えて、さらに厚みの増した『金色のコルダ』の世界観に浸れるんじゃないかと思います。相変わらずキャラクターも多いので、間違いなくやり応えはあるはずです。今回も全キャラクター合わせると「これだけの量、ゲームに入るの!?」というくらいしゃべっていると思います。ですので、まずは手に取っていただいて、じっくり遊んでもらえるとうれしいです。よろしくお願いします。

■『金色のコルダ4』キャストインタビュー
宮野真守さんに聞く、天宮静が持つ魅力の変化とは?
増田ゆきさん演じる七海宗介は前作とは一転して“そっけない”態度に!?
森田成一さんに聞く、片想いをする火積司郎の印象とは?
水橋かおりさん水嶋悠人に対する新たな発見は「ハルは少し大人になったかな……」
石川英郎さんに聞く、土岐蓬生の変化とは?
伊藤健太郎さんに聞く、八木沢雪広が持つ魅力の変化
如月響也役の福山潤さんに聞く 響也はちゃんと地に足のついた形で成長している
日野聡さんに聞く、新たな関係が築かれる冥加玲士に注目してほしい