コーエーテクモゲームスより2016年2月25日発売予定のプレイステーション Vita用ソフト『金色のコルダ4』。同作で冥加玲士役を演じる日野聡さんにお話を伺った。

●シリーズファンも新鮮な気持ちでプレイできる

 コーエーテクモゲームスより2016年2月25日発売予定のプレイステーション Vita用ソフト『金色のコルダ4』。同作は、2010年に発売された『金色のコルダ3』の“その後”の物語を描くシリーズ最新作だ。舞台は夏から秋冬に移り、この季節ならではの文化祭、クリスマス、大晦日などのイベントが展開し、新たな恋模様を楽しむことができる内容となっている。

 ここでは、『金色のコルダ4』の出演者たちによる、本作への想いや、ご自身の片想いのエピソードなどをお届けする。今回は、冥加玲士役の日野聡さんにお話を伺った。

――アフレコを終えてのご感想をお願いいたします。
日野聡さん(以下、日野) 『金色のコルダ3』からの続きといいますが、新たなに小日向たちとの関係を紡いでいく『4』に携われて、収録自体も楽しかったです。 

――『金色のコルダ4』では、舞台が夏から秋冬へと進み、さらに“彼からの片想い”、“主人公からの片想い”という新要素が加わりました。ご自身が演じられているキャラクターに新たな発見などは見つけられましたか。
日野 『金色のコルダ3 AnotherSky』のときにもあったのですが、彼の新しい一面で『3』になかった要素では、彼なりの冗談めかした感じ、照れ隠しみたいなニュアンスが出ていたんじゃないかと思います。

――日野さんの片想いについてのエピソードをお聞かせください。
日野 中1のときに小学生のときから好きだった子に告白しようと思って、告白する前日とかに夢を見たんです。そのとき夢のなかでワニの格好をしているけど、口の部分をパカって取るとウサギが出てくるぬいぐるみが出てきて、そのあとにたまたまデパートに行ったらそれがあったんです! 「これは吉兆か?」って思って、プレゼントして告白したらフラれました(笑)。「はぁ……」みたいな感じの顔をされた記憶があります。でも、同じものがあったのには驚きましたね(笑)。

――本作は、いままで『金色のコルダ』シリーズを遊んだことがない方でも楽しめるということを伺っています。本作で初めて『金色のコルダ』シリーズをプレイしてみたいと考えている方へ、とくに見てほしいポイントなどがありましたら教えてください。
日野 いままでプレイしてくださっている方から見れば、いろいろなキャラクターを組み合わせるというのは非常におもしろいと思います。遊んだことがない方は、まずは各学校のキャラクターを見てもらって、表向きの佇まいや発言は独特でインパクトの強いキャラクターが多いんですけど、その部分を楽しみながらプレイしていただけると、彼らの心のなかのギャップや真剣に音楽に取り組んでいるところとの違いを感じられておもしろいのかなと。冥加にしても初めての方は「怖そう」っていうイメージを持たれると思うんですけど、ゲームをしていただけると、なぜ彼が威厳を持って話すのか、なぜ威圧的に話すのかっていうことがわかってくるので、スルメみたいなものですよね。やればやるほど味わいが出てくるのではないでしょうか。

――今作の季節が秋冬へと変わったということで、もし演じられているキャラクターとどこかへ行くとしたらどちらに行きたいですか?
日野 映画。映画だったらしゃべらなくていいと思って(笑)。冥加も変な会話をされるよりは「お前と会話をしなくてすむからな」って言いそうだし。ただ、映画ジャンルの内容次第で「くだらん」って言われそうですね。
 冥加がちょっと興味を引いてくれそうな映画だと音楽要素は外せないと思うんですよ。たぶんアクションものとか観に行こうって言っても「断る」って言われそうですから。あとは経営についてとか、こっちが観ていておもしろくなさそうな映画だったら来てくれそうな気がします。たぶん小日向だったら、なんだかんだ言って我慢してついてきてくれそうなんですけど、俺の場合はアポを取る時点で難しそうですね。「先にチケット取ったから」って伝えて、天宮手法でガンガン行く流れにしちゃえばいいのかな。それか「小日向さんも来るよ」って言ったり、「小日向さんがこの映画観たいって言っていたな」って言いながらチケットを1枚渡して、来るのが俺とか(笑)。だまし討ちじゃないと来てくれないと思う! でも、そこまでして俺がなんでいっしょに観に行きたいんだろうね(笑)。

――最後に、ファンの方々へむけてメッセージをお願いいたします。
日野 『金色のコルダ4』は『3』からの時間軸の続きということで、『4』からまた新システム満載でくり広げられていくストーリーとなっています。いままでの『コルダ』ファンの方も新鮮な気持ちでプレイしていただけるゲームになっているので、ぜひたくさん楽しんでいただければと思います。

■『金色のコルダ4』キャストインタビュー
宮野真守さんに聞く、天宮静が持つ魅力の変化とは?
増田ゆきさん演じる七海宗介は前作とは一転して“そっけない”態度に!?
森田成一さんに聞く、片想いをする火積司郎の印象とは?
水橋かおりさん水嶋悠人に対する新たな発見は「ハルは少し大人になったかな……」
石川英郎さんに聞く、土岐蓬生の変化とは?
伊藤健太郎さんに聞く、八木沢雪広が持つ魅力の変化
如月響也役の福山潤さんに聞く 響也はちゃんと地に足のついた形で成長している
如月律役の小西克幸さんに聞く 「律はどういう風に恋愛していくのかな?」と悩んだ