コーエーテクモゲームスより2016年2月25日発売予定のプレイステーション Vita用ソフト『金色のコルダ4』。同作で八木沢雪広役を演じる伊藤健太郎さんにお話を伺った。

●片思いシステムで見えてくる新たな八木沢の素顔

 コーエーテクモゲームスより2016年2月25日発売予定のプレイステーション Vita用ソフト『金色のコルダ4』。同作は、2010年に発売された『金色のコルダ3』の“その後”の物語を描くシリーズ最新作だ。舞台は夏から秋冬に移り、この季節ならではの文化祭、クリスマス、大晦日などのイベントが展開し、新たな恋模様を楽しむことができる内容となっている。

 ここでは、『金色のコルダ4』の出演者たちによる、本作への想いや、ご自身の片想いのエピソードなどをお届けする。今回は、八木沢雪広役の伊藤健太郎さんにお話を伺った。

――アフレコを終えてのご感想をお願いいたします。
伊藤健太郎さん(以下、伊藤) 『金色のコルダ3』の夏の続きを演じることができて、うれしかったです。兎にも角にも、そのひと言に尽きますね。

――収録は、スムーズに終わりましたか?
伊藤 サクサクと進みましたね、お腹が鳴ったとき以外は(笑)。収録中、すごく鳴ってしまいました。

――先に収録を終えていた石川英郎さんも、収録中にお腹が鳴ったと言ってましたね(笑)。
伊藤 なぜか、ちょうどそういう時間帯に録るんですよね(笑)。

――『金色のコルダ4』では、舞台が夏から秋冬へと進み、さらに“彼からの片想い”、“主人公からの片想い”という新要素が加わりました。ご自身が演じられている八木沢雪広に新たな発見などは見つけられましたか。
伊藤 これまでは太陽が燦々とした季節で、夏服姿でいる八木沢しか知らなかったんですが、季節が変わったということで、いままでにないシチュエーションを演じさせていただきました。それと、システム的に新しく加わった片想い要素で、想ったり想われたりするときに、3年生の部長キャラクターらしい、大人の印象を持ちました。前作のときも、みんなをまとめる落ち着いた役回りだったのですが、いざ恋に突っ走ると情熱的になるというギャップを感じていたんです。それが、秋冬の季節感がそうさせるのか、片想いの場合にはちゃんと思慮深い姿を見せてくれるんですよね。

――いままでよりも大人な八木沢君が見られるということですか。
伊藤 その雰囲気は感じましたね。

――いま新たな“片想い”に関してお話をお聞きしましたが、伊藤さん自身の片想いエピソードを教えてください。
伊藤 片想いエピソード……。僕、新商品にすぐに惚れてしまうんですよ。とくにデジタルガジェット系。いつも我慢しようって思うんです。でも、2~3日寝しなに頭のなかで考える日が続いて、気がつくと知らないうちに買ってしまっているんですよね(笑)。物欲的な部分ではありますが、片想いするとそれを成就させないと気が済まないみたいですね。

――ちなみに、最近惚れてしまったガジェットは何だったんですか?
伊藤 最近だとスマートウォッチですね。感じかたは人それぞれだと思いますが、割と便利なんですよ。日中、自転車に乗っているときに着信が振動で伝わってくるというのは、非常に助かりますね。

――それでは、今作の季節に関しての質問をさせてください。秋冬ということで、ちょうどいまくらいの時期だと思いますが、もし演じられているキャラクターと出かけるとしたらどこに行きたいですか?
伊藤 八木沢は作中でいろいろなところにアテンドしてくれるんですけど、彼のアテンドで仙台を案内してもらいたいですね。僕自身、仙台になじみがないので、八木沢の案内で名所周りをしてみたいです。反対に僕が連れていくんだとしたら、彼はクライマーで体を動かすことが得意なので、ロードバイクでいっしょにツーリングに行くと思います。彼と何かをするとしたら、とにかく体を動かすことになるでしょうね。

――本作は、いままで『金色のコルダ』シリーズを遊んだことがない方でも楽しめるということを伺っています。本作で初めて『金色のコルダ』シリーズをプレイしてみたいと考えている方へ、とくに見てほしいポイントなどがありましたら教えてください。
伊藤 まずは多彩なキャラクターたちをつぶさに味わってもらいたいですね。当然、その中でお気に入りのキャラクターや、序列が生まれてくるのは当然の流れだと思いますが、第一印象でピンとこなくても、しっかりそのキャラクターをやり込んでもらえれば、いろいろなよさが見えてくると思います。どのキャラクターもおもしろいネタが仕込まれているので、損はさせません。そして、全キャラクターを攻略したあと、おもしろいと思って『金色のコルダ3』や『2』、『1』へと戻っていってシリーズを楽しんでもらえたら、本当にうれしいです。

――八木沢君自身で見てほしいポイントはどこになりますか。
伊藤 やっぱり進路選択ですね。遠距離恋愛ならではの進路選択の悩みがあるんですが、このときは「やっぱり十代なんだな」って心の揺らぎが出てきますので、その心情を楽しんでいただければと思います。

――最後になりましたが、ファンの方々にメッセージをお願いします。
伊藤 皆様の応援のおかげで、あの夏の続きが演じられることに、出演者一同よろこんでいます。その思いが乗っている本作を楽しんでもらえたらと思います。また、八木沢にも新しい発見があるので、そのあたりも楽しみにしていてください。キーワードは遠距離恋愛と進路選択ですね。いままでみたいに勢いで突っ走るのではなく、18歳の八木沢の秋冬らしく落ち着いた姿が見られるはずです。『金色のコルダ4』という新しい軸も、皆さんのなかで大きな思い出になってくれると思っているので、秋冬の“コルダ”メンバーもぜひ、かわいがってあげてください。よろしくお願いします。

■『金色のコルダ4』キャストインタビュー
宮野真守さんに聞く、天宮静が持つ魅力の変化とは?
増田ゆきさん演じる七海宗介は前作とは一転して“そっけない”態度に!?
森田成一さんに聞く、片想いをする火積司郎の印象とは?
水橋かおりさん水嶋悠人に対する新たな発見は「ハルは少し大人になったかな……」
石川英郎さんに聞く、土岐蓬生の変化とは?