コーエーテクモゲームスより2016年2月25日発売予定のプレイステーション Vita用ソフト『金色のコルダ4』。同作で水嶋悠人役を演じる水橋かおりさんにお話を伺った。

●“冬”はずっとやりたいって思っていた

 コーエーテクモゲームスより2016年2月25日発売予定のプレイステーション Vita用ソフト『金色のコルダ4』。同作は、2010年に発売された『金色のコルダ3』の“その後”の物語を描くシリーズ最新作だ。舞台は夏から秋冬に移り、この季節ならではの文化祭、クリスマス、大晦日などのイベントが展開し、新たな恋模様を楽しむことができる内容となっている。

 ここでは、『金色のコルダ4』の出演者たちによる、本作への想いや、ご自身の片想いのエピソードなどをお届けする。今回は、水嶋悠人役の水橋かおりさんにお話を伺った。

――アフレコを終えてのご感想をお願いいたします。
水橋かおりさん(以下、水橋) 久しぶりにいっぱいしゃべった気がします。やっぱりいいですね。冬はずっと「やりたい!」ってしつこく言っていて、「いつまで俺は夏をくり返すのだろう……」って思っていたので、いいじゃないですか、冬! こういうのって念願叶ったっていうのかな。

――『金色のコルダ4』では、舞台が夏から秋冬へと進み、さらに“彼からの片想い”、“主人公からの片想い”という新要素が加わりました。ご自身が演じられているキャラクターに新たな発見などは見つけられましたか。
水橋 発見だらけなんですが、まずビジュアルを見て星奏学院の人たちは新鮮な驚きがありましたね(笑)。夏のイメージが強いんですよ、彼らは。半袖、Tシャツのイメージがあったので、「あれ??」っていうのがありました。他校はとくに至誠館の狩野航のファッショニスタぶりには驚きまして、彼は意外と学校卒業したらモテそうですね。
 内面的にはハルは暑苦しいところが少し減ったかな。これ以上落ち着いてどうするんだとも思いますが、大人になったのかなっていう気が若干しました。

――本作から新規キャラクターとして先生たちが増えていますが、第一印象はいかがでしょうか?
水橋 先生じゃない! 先生じゃないよ(笑)。でも、人は見た目じゃないってことなのかもしれないですね。

――ちなみにこんな先生たちがいたら、仲よくなれそうですか?
水橋 なれないと思う。たぶん、なれない(笑)。「先生」って呼ぶのに抵抗があるかな。ハル的にも抵抗あるだろうなー。髪の毛をジョキって切ってやりたいっていう気持ちにかられそうです。「ようは髪型ですよ」ってね。

――新要素の“片想い”システムについてはいかがですか?
水橋 思い切りましたよね。ゲームのシステムを考えるときに一度はネタで考えるものだとは思うんですが、それを本当にやってしまうとは思いませんでした。大人の世界は、考えたことを行動に移して形にするのは意外と難しいって知っているので、制作陣の勇気に純粋に驚きました。

――水橋さんの片想いについてのエピソードをお聞かせください。
水橋 私、とある戦国武将がめっちゃくちゃ好きで、でもどう考えても片想いじゃないですか。叶う、叶わないとかの話じゃない(笑)。でも、それがおもしろいっていうか、叶わないことが前提の恋って意外とありだなって思っています。付き合うばかりが幸せじゃない。聖地とかを巡り始めたのは最近なんですが、いろいろ行ってみると、海外とか来ている人もいて、それを見たときは「私、行動力ないだけだ!」って思いました。楽しみかたは人それぞれですよね。

――本作は、いままで『金色コルダ』シリーズを遊んだことがない方でも楽しめるということを伺っています。本作で初めて『金色コルダ』シリーズをプレイしてみたいと考えている方へ、とくに見てほしいポイントなどがありましたら教えてください。
水橋 私くらいの年代から見ると、『金色のコルダ』って、懐かしい雰囲気があると思うんですよね。でも、それが若い人から見ると逆に新鮮かな。キャラクターたちはちょっとずつ目的を持ちながらやっていて、一見「これは、はたして恋愛なのだろうか?」って思うときもあるんですが、その辺がすごく丁寧というか、リアルだなって思うんです。キャラクターとの関係性を振り返ったときに、他愛がなかったことや、恋愛と関係ないことをやっていたこともいい思い出になる。お話もシステムも、自然に振り返れるようにできているんですよね。コーエーさんのゲーム全般に言えることかもしれないですけど、細かいところまで丁寧だと思います。
 あとさっき触れましたが、実装するのが難しいシステムを思い切ってやっているところも、作り手さんの信念がすごくわかって、おもしろいんですよね。我々を含めたスタッフみんなの気持ちがこもっているんです。みんな、『金色のコルダ』が好きなんですよね。ときどき私を含めて愛が行き過ぎている人もいらっしゃるし、自分の親戚に対しての発言のようなことを言うときもありますが、そのくらいキャラをいじり倒すくらいに愛しています。それを端々に感じるのがうれしいんですよね。

――今作の季節が秋冬へと変わったということで、ちょうどいまくらいの時期だと思いますが、もし演じられているキャラクターとどこかへ行くとしたらどちらに行きたいですか?
水橋 人生の修行として一週間くらいハルの神社で修行させてもらう。かなりキッツイと思います! 神社の人ってコートを着て働いてないし、秋冬は落ち葉がめっちゃ落ちるので、神社に行ったらよく見てください。巫女さんたちがずっと掃除しているから! あれってすごい修行ですよね。「落ち葉よ、落ちてくるな」って思っても、無理じゃないですか。かと言って、誰も見ていない隙に全部落として「今日、一日で終わらせる!」なんてことをしたら天罰がくだると思う(笑)。毎日が修行ってキツイと思うんですけど、一度やってみたいんですよ。自分ができないって思っていることや、あえて自分を苦痛に放り込むっていうことをやりたい。最近そういうのをおもしろいって思えるようになりました。実際にやったら、たぶん一週間で「私、消えちゃうんじゃないかな」っていうくらい痩せちゃうと思う。ハルにはきっと「無駄なものが落ちましたね。あなたから煩悩を取ったら何も残らないんですね、わかっていましたけど」とか言われそう(笑)。なかなか手厳しい回答が返ってくると思います。

――最後に、ファンの方々へ、一言メッセージをお願いいたします。
水橋 冬ですね、ずっと言っていた甲斐がありました。ファンの方もそういう人多かったんじゃないかな。私は欲張りなので、冬が来たらつぎは春かなー。2年生になりたいなーって思いました(笑)。だけど、冬が来たこともひとえにみなさんのおかげで、けっこう前ですけど『金色のコルダ3』のときの出だしを思い出します。キャラクターを一新してからいろいろありましたが、ここまでこられてうれしいです。それもみなさんが諦めないでついてきてくれたからだと思いますし、みなさんのように私もなにかを支えられる人になりたいです。本当にありがとうございます。こういった気持ちが内容に出ているといいです。がんばったので、買ってください。それがまた春に繋がっていくと思っています。ありがとうございました。

■『金色のコルダ4』キャストインタビュー
宮野真守さんに聞く、天宮静が持つ魅力の変化とは?
増田ゆきさん演じる七海宗介は前作とは一転して“そっけない”態度に!?
森田成一さんに聞く、片想いをする火積司郎の印象とは?
石川英郎さんに聞く、土岐蓬生の変化とは?
伊藤健太郎さんに聞く、八木沢雪広が持つ魅力の変化
如月響也役の福山潤さんに聞く 響也はちゃんと地に足のついた形で成長している
日野聡さんに聞く、新たな関係が築かれる冥加玲士に注目してほしい
如月律役の小西克幸さんに聞く 「律はどういう風に恋愛していくのかな?」と悩んだ