コーエーテクモゲームスより2016年2月25日発売予定のプレイステーション Vita用ソフト『金色のコルダ4』。同作で七海宗介を演じる、増田ゆきさんにお話を伺った。

●確実に七海宗介は男らしくなっています

 コーエーテクモゲームスより2016年2月25日発売予定のプレイステーション Vita用ソフト『金色のコルダ4』。同作は、2010年に発売された『金色のコルダ3』の“その後”の物語を描くシリーズ最新作だ。舞台は夏から秋冬に移り、この季節ならではの文化祭、クリスマス、大晦日などのイベントが展開し、新たな恋模様を楽しむことができる内容となっている。

 ここでは、『金色のコルダ4』の出演者たちによる、本作への想いや、ご自身の片想いのエピソードなどをお届けする。今回は、七海宗介役の増田ゆきさんにお話を伺った。

――アフレコを終えてのご感想をお願いいたします。
増田ゆきさん(以下、増田) まず、疲れました。収録後は尋常じゃないくらい肩が凝りましたね(笑)。ゲームの収録は分量が多いですし、『金色のコルダ』シリーズは恋愛要素が濃いので、毎回ものすごい疲れを感じているんです。しかも私は女性なのに、男の子になって、女の子を口説かないといけないのですからプレッシャーも並々ならぬものがありました(笑)。また、今回収録が終わったからといって、肩の荷が下りたということもありません。それどころか、まだ“金色のコルダ熱”が冷めないという印象さえあります。ゲームができあがって、皆さんのお手もとに届いて、初めてほっとできるという感じですね。

――『金色のコルダ4』では、舞台が夏から秋冬へと進み、さらに“彼からの片想い”、“主人公からの片想い”という新要素が加わりました。ご自身が演じられている七海宗介に新たな発見などは見つけられましたか。
増田 『金色のコルダ3』のときは、宗介は主人公の小日向かなでに犬のように「大好き大好き!」ってついて来るイメージがありましたが、かなでちゃんから片想いされている時なんかは、落ち着いていたりそっけない瞬間もありました。宗介から片想いしている時とのギャップを感じてもらえるんじゃないかと思います。

――では、『3』のファンに向けて、宗介のここを見てほしいというポイントがあれば教えてください。
増田 宗介というキャラが成長していることですね。ほかのキャストの方もそうだと思うのですが、『金色のコルダ』ではキャラといっしょに自分も成長している感じがあるんです。『3』を遊んだ方にとっては、『4』でもっといい男になった宗介に出会うことができますよ。また、『3』では夏の暑い中での遊びがありましたが、今回の『4』では冬ならではの暖かいエピソードもありますので、そこでも宗介を愛でてほしいです。
 また、『金色のコルダ』シリーズを初めて遊ぶ人にとっても、『4』は楽しめると思います。『4』の後に『3』もプレイしたりして、彼のことをさらに知ってほしいですね。

――秋冬で、増田さんご自身が好きなイベントなどはありますでしょうか。
増田 秋と言えば紅葉ですかね。また、私は冬生まれなので、冬になるとテンションが上がります。とはいえ寒がりなので、高校生のときは服を7枚着て、ダルマみたいな格好になって学校に通っていました(笑)。

――増田さんの片想いについてのエピソードをお聞かせください。
増田 私は中学生のころからずっと渡瀬恒彦さんが大好きだったこともあり、甘酸っぱいエピソードはまったくありません(笑)。強いて言えば、幼稚園のころに幼なじみの男の子が好きだったくらいでしょうか。そういえば、友だちがバーベーキューをしていたときに、渡瀬恒彦さんが近くを散歩していたと聞いて、それに参加していなかったことをものすごく悔やんだことはあります(笑)。

――最後に、ファンの方々へ、ひと言メッセージをお願いいたします。
増田 いよいよ冬の物語が幕を開けました。夏もいろいろな甘酸っぱい想い、いろいろな場所でのデートがありましたが、秋冬もいろいろなシチュエーションが用意されています。しかも夏よりもさらに暖かく、心がほっこりするようなエピソードがあります。ぜひ宗介といっしょに、暖かくて楽しい時間を過ごしてください。

■『金色のコルダ4』キャストインタビュー
宮野真守さんに聞く、天宮静が持つ魅力の変化とは?
水橋かおりさん水嶋悠人に対する新たな発見は「ハルは少し大人になったかな……」
森田成一さんに聞く、片想いをする火積司郎の印象とは?
石川英郎さんに聞く、土岐蓬生の変化とは?
伊藤健太郎さんに聞く、八木沢雪広が持つ魅力の変化
如月響也役の福山潤さんに聞く 響也はちゃんと地に足のついた形で成長している
日野聡さんに聞く、新たな関係が築かれる冥加玲士に注目してほしい
如月律役の小西克幸さんに聞く 「律はどういう風に恋愛していくのかな?」と悩んだ