最凶難度の遺跡探検アクションゲームをリメイク

 ピッキーは、ニンテンドー3DSおよびWii U用ソフト『1001 Spikes(サウザンドワン・スパイクス)』を、本日2015年11月25日より配信開始した。プレイステーション Vita版とプレイステーション4版も2015年11月27日より配信予定。また、新たなトレイラーも公開されている。

 以下、リリースより。


■国内外インディーゲームから“プレイアブルキャラクター”がゲスト参戦!
 最凶即死アクションアドベンチャー『1001 Spikes』には、この作品オリジナルの主人公アバン・ホーキンスだけでなく、多彩なプレイアブルキャラクターが登場します。
 アバンの姉ティナ・ホーキンスをはじめ、原作者8bits fanaticsの作品『The TEMPURA of the DEAD』より、トンプソン&スギモトの両主人公&ズンビーなどが登場。さらに国内外の有名インディーゲームから『洞窟物語』のカーリーブレイス、『BIT.Tripシリーズ』のコマンダービデオなど、ゲストキャラクターも多数参戦。これらのキャラクターは本作のゲーム世界に合わせたドット絵で描かれているものの、その能力は可能な限り原作を再現する形になっています。
 また、キャンペーンモードではそれぞれにストーリーが用意されています。今回は参戦キャラクター紹介に併せ、彼らにスポットを当てた新トレイラー『1001 Spikes ~New Challengers編~』を公開します。

【参戦キャラクター】
<1001 Spikes オリジナルキャラクター>
・Aban Hawkins アバン・ホーキンス(1001 Spikes Original)
・Tina Hawkins ティナ・ホーキンス(1001 Spikes Original)

<ゲストキャラクター>
・Thompson トンプソン
 (The TEMPURA of the DEAD by 8bits fanatics)
・Sugimoto スギモト(The TEMPURA of the DEAD by 8bits fanatics)
・Zombie ズンビー(The TEMPURA of the DEAD by 8bits fanatics)
・Commander Video コマンダービデオ(BIT.TRIP series by Gaijin Games)
・Nyx ニックス(NyxQuest by Over the Top Games)
・Juni ジュニ(Knytt Stories by Nifflas' Games)
・Curly Brace カーリーブレイス(洞窟物語 by Studio Pixel)
・And More? 他にもプレイアブルキャラクターがいるという噂も・・?

■『1001 Spikes』について
 日本のインディーデベロッパー、ハチビッツファナティクスのヲサ田サムによって開発され、ご好評いただいた最凶難度の遺跡探検アクション『AbanHawkins & the 1000 SPIKES』を、北米のNicalis, Inc.とタッグを組んでリメイク。タイトル数字の「+1」からは想像出来無いほど、さまざまな要素をこれでもかと追加し、装いも新たに甦った本作『1001 Spikes』は、古き良きアクションゲームのもつ面白さと、現代的な感覚をミックスした作品です。難しい。だからこそ、自分の力で乗り越えた時の感動も大きい ―そんな純粋なビデオゲーム体験がいま再び蘇ります。


1001 Spikes(サウザンドワン・スパイクス)
メーカー ピッキー
対応機種 3DSニンテンドー3DS / PSVPlayStation Vita / PS4プレイステーション4 / Wii UWii U
発売日 Wii U、ニンテンドー3DSは配信中、プレイステーション4、プレイステーション Vitaは11月27日配信予定
価格 925円 [税抜]/1000円 [税込(8%)]
ジャンル アクション
備考 プレイステーション4・Wii Uはローカルマルチプレイ対応