“『GUILTY GEAR Xrd』リアルタイムアニメビジュアルの作り方”をテーマにした公開講座が10月11日開催決定! 

バンタンゲームアカデミーは、無料一般公開講座“CONTENTS DESIGN PROGRAM(コンテンツデザインプログラム)”として、“『GUILTY GEAR Xrd(ギルティギアイグザード)』リアルタイムアニメビジュアルの作り方”をテーマにした公開講座を2015年10月11日(日)に開催する。

●3Dグラフィックスで2D格闘ゲームらしさを生むための工夫などを中心に解説

 バンタンゲームアカデミーは、“世界の先進性(先端技術)”と“日本の独自性(オタク文化)”の切り口から、コンテンツ制作を学ぶ無料一般公開講座“CONTENTS DESIGN PROGRAM(コンテンツデザインプログラム)”として、アークシステムワークスの本村・C・純也氏と坂村英彦氏をゲストに迎え、“『GUILTY GEAR Xrd(ギルティギアイグザード)』リアルタイムアニメビジュアルの作り方”をテーマにした公開講座を2015年10月11日(日)に開催する。

 以下、リリースより。


アークシステムワークス株式会社の本村・C・純也氏と坂村英彦氏をゲストに迎え、“『GUILTY GEAR Xrd』リアルタイムアニメビジュアルの作り方”をテーマにした公開講座を開催!
  “世界を感動させる”をスクールコンセプトにゲーム、マンガ、アニメ、声優等の分野の即戦力人材を育成する専門校バンタンゲームアカデミー(本部所在地:東京都渋谷区代表取締役専務:石川広己)は、“世界の先進性(先端技術)”と“日本の独自性(オタク文化)”の切り口から、コンテンツ制作を学ぶ無料の一般公開講座『CONTENTS DESIGN PROGRAM(コンテンツデザインプログラム)』として、2015年10月11日(日)、アークシステムワークス株式会社の本村・C・純也氏と坂村英彦氏をゲストに迎え、“『GUILTY GEAR Xrd(ギルティギアイグザード)』リアルタイムアニメビジュアルの作り方”をテーマにした公開講座を開催致します。

【“『GUILTY GEAR Xrd(ギルティギアイグザード)』リアルタイムアニメビジュアルの作り方”をテーマにした公開講座】
 今回のゲストは、アークシステムワークス株式会社のリードモデラー兼テクニカルアーティスト本村・C・純也氏とアートディレクター兼チーフアニメーター坂村英彦氏。“『GUILTY GEAR Xrd』リアルタイムアニメビジュアルの作り方”をテーマに、対戦型格闘ゲーム『GUILTY GEAR Xrd』でアークシステムワークスが実現している、アニメにしか見えない3Dグラフィックスで2D格闘ゲームらしさを生むための工夫などを中心に講演を行う公開講座を開催致します。ぜひお越しください。

《開催概要》
日時:2015年10月11日(日)14:00~16:00(開場13:30~)
場所:バンタンゲームアカデミー東京校(〒153-0061東京都目黒区中目黒2-10-17)
参加費:無料※事前申込が必要です。
申込:PC・スマートフォン
フリーダイヤル→東京校:0120-51-0505

■本村・C・純也/アークシステムワークス株式会社リードモデラー兼テクニカルアーティスト
1977年東京生まれ。関西大学総合情報学部卒。2002年アークシステムワークスにプランナーとして入社。「GUILTY GEAR2 -OVERTURE -」にてキャラクターモデリングを担当。
2011年の「GUILTY GEAR Xrd -SIGN -」の立ち上げ時からリードモデラーとして参加し、兼任でテクニカルアーティストとして、シェーダー、リグなどの制作も担当。2015年GDCにてGUILTY GEAR Xrdのアートスタイルについて講演。

■坂村英彦/アークシステムワークス株式会社アートディレクター兼チーフアニメーター
 1981年富山県生まれ。東京造形大学デザイン学科卒。2004年にアークシステムワークス入社。「GUILTY GEAR2 -OVERTURE -」にてアニメーションを担当。その後「BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT」「アルカナハート3」等の作品に参加。2011年の「GUILTY GEAR Xrd - SIGN-」の立ち上げ時からアートディレクターとして参加し、兼任でチーフアニメーターとして、カットシーンの演出および制作も担当。2015年CEDECにてギルティギアシリーズにおけるアニメ調の表現について講演。