音楽で振り返る『スーパーマリオ』30年の歴史! 宮本茂氏、手塚卓志氏、近藤浩治氏も登壇した“スーパーマリオ30周年記念ライブ”大阪リポート

2015年9月20日、大阪・グランキューブ大阪にて、“スーパーマリオ30周年記念ライブ”が開催された。任天堂の宮本茂氏、手塚卓志氏、近藤浩治氏が登壇した本ライブのリポート記事をお届けする。

●30年の歴史を凝縮したセットリスト!

 2015年9月20日、大阪・グランキューブ大阪にて、“スーパーマリオ30周年記念ライブ”が開催された。このライブは、その名の通り、1985年9月13日に第1作が発売され、今年(2015年)で30周年を迎える『スーパーマリオブラザーズ』シリーズのスペシャルライブ。ライブには、『スーパーマリオ』の生みの親である任天堂の宮本茂氏や、宮本氏とともに『スーパーマリオ』シリーズを手掛けてきた、任天堂・手塚卓志氏、そして、『スーパーマリオブラザーズ』を始め、多くの『スーパーマリオ』シリーズの楽曲を担当した、任天堂・近藤浩治氏が出演し、トークなどで華を添えた。なお、このライブは明日(2015年9月21日)に東京でも行われる。下記リポート記事には、ライブの詳細が記されているため、もし東京ライブに行かれる方は、ライブ後にお読みいただいたほうが、よりライブが楽しめるかもしれないので、ご注意を(記者は、東京のセットリストを知らないので、念のため)。

<関連記事>
【一部動画あり】近藤浩治氏生演奏による『スーパーマリオメーカー』のプレイも飛び出した、“スーパーマリオ30周年記念ライブ”東京リポート


01.JPG
02.JPG 03.JPG 04.JPG

▲会場では、パンフレットやTシャツなどのグッズを販売中。『スーパーマリオメーカー』のソフトも売られていた。

05.JPG
06.JPG 07.JPG 08.JPG

▲ステージ上には、『マリオ』シリーズの土管や“?ブロック”、コインなどが配置されていた。

09.JPG 10.JPG

▲多くの曲に、曲と合った映像が流れたのもポイント。ライブ冒頭は、30周年を振り返る映像から始まった。

11.JPG

▲司会は、ニッポン放送の吉田尚記アナウンサー。

 タイトルが、コンサートではなく、ライブになっている通り、楽曲は、ときにビッグバンド風に、ロック風にと、かなり豪華に、そして大胆にアレンジが加えられていた。演奏を担当したのは今回のライブ用に編成された“スーパーマリオスペシャルバンド”。著名なミュージシャンが揃っており、司会のニッポン放送吉田尚記氏いわく、「この人たちの音を聞いたことはない日本人はいないんじゃないか」と言えるほどのレベルだという。編曲を担当し、バンドを率いるのは、数々のアーティストをプロデュースしてきた、笹路正徳氏。ちなみに、笹路氏はゲームがお好きとのことで「ニンテンドウ 64の『マリオカート64』をさんざんやりましたね。対戦が好きで、クルマの運転が好きなので、『マリオカート』にハマったんです」と告白。さらに、「(編曲の最中に)当時を思い出すんですよね。ふっと、(『マリオカート』の)スタートの瞬間を思い出したり」、「1個目のランプがついてすぐにボタンを押すとか(『マリオカート』シリーズのロケットスタートのタイミング)、リズムですよね」と、かなりやり込んでいることがわかるトークで、会場のファンを沸かせた。


12.JPG 13.JPG 14.JPG
15.JPG

▲写真中央が笹路正徳氏。

 記事の最後にセットリストを掲載しているが、演奏された楽曲は30周年ライブにふさわしく、『スーパーマリオ』シリーズのさまざまな作品から代表的な曲ばかり。しかも、多くの曲がメドレー形式になっているうえ、“スーパーマリオギャラクシー2メドレー”に『スーパーマリオ64』のスライダー(同曲が『スーパーマリオギャラクシー2』に使われている)が入っていたりと、実際に聴いてみるとセットリスト以上に、多くの曲が楽しめる構成になっている。また、意外な選曲として『マリオカート』シリーズのメドレーがあったほか、なかには“パックンフラワーの子守唄”や“マリオの絵描き歌”など、ライブの生演奏で耳にすることはないようなレア楽曲が入っているのも、ファンをニヤリとさせる。


16.JPG 17.JPG
18.JPG 19.JPG

 前述の通り、合間のMCでは、『スーパーマリオ』シリーズのクリエイターが登壇。最初に登壇したのは、近藤浩治氏。任天堂への入社2年目で『スーパーマリオブラザーズ』の楽曲を手掛けることになったことを明かし、「入社2年目で世界に広がる仕事をしたんですね」(吉田氏)と問われると、「そんな意識はなく、ただ『マリオ』というゲームの仕事が来たので、それをやっただけなんです」(近藤氏)と解答。ただ、ファミコンの3音で音楽を作る方法については、「ファミコンの音をいかに制御したら音楽らしくなるか、和音の構成はどういうものがいいかと研究しながら作っていきました」(近藤氏)と、『マリオ』に限らず、作曲の過程でいろいろと試行錯誤があったことをうかがわせた。


20.JPG 21.JPG

▲近藤浩治氏。

 近藤浩治氏に続いて、事前告知のなかったサプライズゲストとして、宮本茂氏が呼び込まれると、会場は大歓声。宮本氏は、「本当は(ステージ上の)土管から出てきたかった(笑)」と、会場を笑わせるトークをくり広げる。30年前の開発について問われると、「開発の人数は5、6人でしたね。応援を含めても10人強かな。開発期間は8ヵ月〜1年弱で。でも、これを短いと思っちゃいけないんです。その前のゲームセンターのゲームを作っているころは、半年で1本出していたので、当時は“8ヵ月もかかるの?”と言われました(笑)」(宮本氏)と、いまから考えると信じられないようなエピソードを披露した。また、「(グラフィックや音楽を)全部自前でやってよかったね?」と近藤氏に問いかけつつ、「当時は、(近藤氏を始めとするスタッフが)もう自信ないからプロに頼もうかとか言いながら、自分たちで絵を描いたり、音楽を作ったりしていたんですよ」と、開発スタッフの当時の話を暴露。


22.JPG

▲宮本茂氏。

 また、「当時、宮本さんから音楽に関するオーダーを出したりしたんですか?」(吉田氏)という問いには、「ちゃんと譜面を書いたり、曲を作ったりできる人が社内にいなかったので、彼(近藤氏)が来たときは神様だと」と宮本氏が返答すると、近藤氏は「ええっ!?」とビックリ。さらに宮本氏は、「ただ、ミュージシャンとしてではなくて、ゲーム音楽のアイデア出してくれとはいつも言っていて。いま思えば、キノコを取ったときとか、ゲームオーバーになったときとかの効果音にちゃんとメロディーがついたのは、近藤さんがそういう下地を作ってくれたからなんですよね。(「当時は効果音も近藤さんが作っていた?」という問いに)全部やってますよ。プログラムもやっていました。近藤さん以降、任天堂の音楽デザイナーはみんなプログラムを勉強してやらされるんですよ。でも、そこでできることの制限などがわかって、いろいろなアイデアが出てくるんです」、「(近藤氏から)だいたい出されたものはオーケーで、だんだん僕の趣味がわかってくると、僕の趣味に合ったものを入れたりして。本当にすごいですよ」と、近藤氏をべた褒め。そんな状況に近藤氏は、「こんなに褒めてもらったのは初めて。会社では、そんなに褒めてもらったことはない(苦笑)」と宮本氏に褒められまくる状況に戸惑いながらも笑みを浮かべていた。


23.JPG