小野坂昌也さん&竹本英史さんが『進撃の巨人』や『アルスラーン戦記×無双』などを解説 コーエーテクモスペシャルステージをリポート【TGS2015】

千葉・幕張メッセにて開催された東京ゲームショウ2015。その4日目となる2015年9月20日、コーエーテクモゲームスのブースにて、おなじみ人気声優コンビの小野坂昌也さん&竹本英史さんによるスペシャルステージが実施された。その模様をお届けしよう。

●小野坂さんと竹本さんがフォトスポットで巨人に変身

IMGP6394.jpg

▲小野坂昌也さん(中央)と竹本英史さん(左)。

 2015年9月17日(木)から9月20日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催された東京ゲームショウ2015。その4日目となる2015年9月20日、コーエーテクモゲームスブースにて、おなじみ人気声優コンビの小野坂昌也さん&竹本英史さんによるスペシャルステージが実施された。

 ステージでは、小野坂さんは諸葛孔明の格好で登場。おかげで竹本さんは「ふつうの格好ですみません」と謝ることになった。

 ここでは、コーエーテクモゲームスの新作ゲームについてプロモーションビデオなどを交えつつ振り返り、小野坂さんと竹本さんが解説し、たまにツッコミを入れていった、ステージの模様をお届けしよう。


■『進撃の巨人


IMGP6422.jpg

 小野坂さんは原作マンガおよびアニメ『進撃の巨人』に詳しいそうだ。一方で竹本さんはまったく内容を知らないようで「(巨人とエレンを見ながら)どっちが梶裕貴君(が演じる役)ですか?」、「力強い役ならこっち(巨人)ですよね?」などとボケ倒すことに。

 小野坂さんは、ゲーム『進撃の巨人』について「断言しますが、これは『無双』シリーズではありません。無双にしたら、巨人が弱くなってしまうよ!」とも語っていた。


IMGP6450.jpg IMGP6452.jpg
IMGP6456.jpg IMGP6460.jpg

今冬発売予定!ゲーム『進撃の巨人』PV第1弾

 この場で、東京ゲームショウ2015限定のフォトスポットで撮られた、小野坂さんと竹本さんの巨人の写真も公開。竹本さんは自分の顔になった巨人を見て「誰だかわかんないよ!」と言っていた。


th_IMGP6472.jpg

※関連記事
『進撃の巨人』最新情報、ジャンたちのプロフィールやアクションシーン、イベントシーンを公開


■『仁王

 2016年発売予定のプレイステーション4用ソフト『仁王』は、シブサワ・コウ氏がゼネラル・プロデューサー、鯉沼久史氏がプロデューサー、早矢仕洋介氏がディレクターを務める作品。小野坂さんはティザームービーを観つつ「俺が仁王だ!」などと“アフレコ”をしていた。


IMGP6488.jpg IMGP6495.jpg

『仁王』ティザームービー

※関連記事
ついにベールを脱いだ『仁王』。世界初公開の実機プレイ動画で”戦国しにゲー”の真髄に迫る【TGS2015】


■『戦国無双4 Empires(エンパイアーズ)

 竹本さんは9月17日に発売されたばかりの『戦国無双4 Empires(エンパイアーズ)』を実際にプレイ中とのこと。竹本さんによると、本作は同じ居住内に自由に歴史上の人物を“カップリング”できるという。このゲーム画面(システム)を見て、小野坂さんは“テラスハウス“と表現した。


IMGP6511.jpg

▲小野坂さん曰く、テラスハウス的な住まい。

9月17日発売予定! 『戦国無双4 Empires』

 また、本作はさまざまな歴史上のエピソードを、ほかの人物に置き換えることができる、人間模様を好きなようにデザインできるのも魅力なのだとか。小野坂昌也さんが「織田信長をやりたい(演じたい)です!」とどこかに向けてアピールする一幕も。


IMGP6520.jpg IMGP6547.jpg

▲ゲーム中ではさまざまな人間模様をみることができる。

▲「織田信長をやりたいです!」と猛アピールする小野坂さん。

※関連記事
『戦国無双4 Empires(エンパイアーズ)』9月17日発売、追加衣装DLCも同時配信!