『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス フォース』の主題歌をT.M.Revolutionこと西川貴教が担当 ハイネが搭乗するグフイグナイテッドもシリーズ初参戦!【TGS2015】

バンダイナムコエンターテインメントブースにて、先日発表されたばかりのプレイステーション Vita用ソフト『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス フォース』のスペシャルステージが行われた。

●新要素となる“部隊戦”に古谷さんも太鼓判

 2015年9月17日から9月20日まで、千葉県・幕張メッセにて東京ゲームショウ2015(17日、18日はビジネスデイ)が開催。開催最終日にあたる9月20日に、バンダイナムコエンターテインメントブースにて、先日発表されたばかりのプレイステーション Vita用ソフト『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス フォース』のスペシャルステージが行われた。イベントはタレントの椿姫彩菜さんを司会役に、バンダイナムコエンターテインメントの小菅寛史プロデューサーと坂田圭右プロデューサーが登壇。さらにスペシャルゲストとして、アムロ・レイでおなじみの古谷徹さんが招かれるなど、賑やかなステージとなった。


NII_4003_R.JPG NII_4027_R.JPG
NII_4110_R.JPG

 『ガンダム』歴36年を誇る古谷さんは(『ファーストガンダム』でアムロを演じてから36年!)、ゲームの進化に触れ、「ファミコン版が発売されてから、来年で『ガンダム』ゲームも30年。最初は横スクロールアクションだったのが、そのうち吹き出しでセリフも入り、ゲームに合わせて自分でしゃべっていました。自分だけ音声入りですね(笑)。それがいつしか3Dになりゲームに音声も入り……」と感慨深げ。

 続いて小菅寛史プロデューサーがゲームの概要を紹介。『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス フォース』にはG-セルフやバルバトスなどの最新機体や戦艦を含めて、いままで遊べなかった僚機が多数収録されていることが明らかにされた。『機動戦士ガンダムユニコーン』から、ネオ・ジオングの参戦も決定しているという。

 また、本作の大きな特徴として挙げられるのが、部隊の編成が可能になること。部隊戦では3小隊+戦艦という最大で7機の編成が可能で、具体的に指示が出せるという。「『ファーストガンダム』から『逆襲のシャア』のアムロになったような感じですね。ブライトにも物言いができるという」と小菅氏はマニアックなたとえで会場を笑わせた。


NII_4065_R.JPG NII_4099_R.JPG

 本作はメインモードと対戦モードで構成されており、メインモードに関しては「詳しいことはお話できませんが」としたうえで、「ソロミッションで、『ファーストガンダム』から『ユニコーン』までのストーリーが入っている」という。

 しばしのトークのあとは、ゲスト陣によるゲームプレイへ。古谷徹さんと椿姫彩菜さんが、会場で出展されていた“東京ゲームショウ特別ミッション”の“1”と“2”をそれぞれクリアー。ゲームフリークとしてさすがの腕前を見せた。会場が食い入るように見つめていたのは、坂田プロデューサーが“東京ゲームショウ特別ミッション3”のデモプレイを披露したとき。“3”のプレイは本作から搭載される部隊戦で、部隊を率いてレウルーラを撃破するというミッション。「本作は家庭用ゲーム機での展開となり、時間の制限がないので、こうしたモードを盛り込めました」(小菅氏)と、部隊戦は家庭用ゲーム機ならではのモードであることを明かしてくれた。古谷さんも「このモードがいちばんおもしろそうですね」と太鼓判。夢の部隊を編成できる部隊戦は、『ガンダム』ファンのハートに刺さりそうだ。


【T.M.R.】天メインA写.jpg

 さて、ステージイベントでは、本邦初公開となる新情報として、『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス フォース』の主題歌をT.M.Revolutionこと西川貴教さんが担当することが明らかに! 楽曲は“Inherit the Force -インヘリット・ザ・フォース-”で、『機動戦士ガンダムSEED 連合VS.Z.A.F.T.』のリリースから今年で10年となり、T.M.Revolutionと『ガンダムVS.』シリーズのコラボが実現したことになる。さらにファンを喜ばせたのは、西川貴教さんが『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』で声を務めたハイネ・ヴェステンフルスが搭乗するガンダム、グフイグナイテッドが『エクストリームバーサス』シリーズに初プレイアブル参戦することが決定したこと。ハイネの声も新規収録されるという。「ハイネも愛してほしいです」とは西川貴教さんから寄せられたビデオメッセージ。残念ながら会場で楽曲は流されなかったが、イベントの前に聴かせてもらったという古谷さんは「ノリノリでかっこいい曲です」と、大いに気に入ったようだった。


グフイグナイテッド.jpg
ハイネ.jpg
ハイネグフ1.bmp
ハイネグフ2.bmp

 イベントでは、『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス フォース』の初回封入特典の情報も。何と『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』のバルバトル(第4形態)を使用できるプロダクトコードが封入されるというのだ。ちなみに、アニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』のBlu-ray版には、バルバトル(第1形態)を使用できるプロダクトコードが封入されるとのことで、『ガンダム』ファンは両方ゲットするしか!

 さらに、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』に関するトピックとしては、『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス フォース』の発売日に関する気になる情報ももたらされた。10月4日に放送される『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の第1話目のテレビCMで、『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス フォース』の発売日が告知されるのだという。現時点では“今冬発売”とアナウンスされている同作だが、果たしていつ発売されるのか、実際にアニメを見てご確認を!


NII_4127_R.JPG NII_4230_R.JPG
NII_4247_R.JPG NII_4292_R.JPG

▲『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』は10月4日午後5時から放送開始! イベントでは、『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス フォース』のアジア版ローカライズの決定も発表された。中文繁体字版(台湾)、ハングル版(韓国)、そして英語版がリリースされるという。アジアファンには朗報です!