『World of Tanks』幻の日本超重戦車“O-I”の真実が明らかに! 貴重な戦車スペシャルトークステージ【TGS2015】

2015年9月18日、20日まで千葉・幕張で開催中の東京ゲームショウ2015のウォーゲーミングジャパンブースにて、『World of Tanks』のトークステージが開催された。最近実装された日本重戦車ツリーの中でも人気の、幻の戦車“O-I”の秘話に触れられた、貴重なステージの内容をお伝えする。

●オイ車大解剖!

 2015年9月20日まで、千葉・幕張メッセで開催中の東京ゲームショウ2015(以下、TGS2015)。そのビジネスデー2日目となる9月18日、ウォーゲーミングジャパンブースにて“『World of Tanks』(以下、『WoT』)戦車スペシャルトークステージ”が開催された。


ph01.jpg ph02.jpg

▲こちらのステージに登壇したのは、模型メーカーファインモールドの代表取締役・鈴木邦宏氏(左)と、ウォーゲーミングジャパンのミリタリーアドバイザー、宮永忠将氏(右)。

 ステージではまず、「ニホンといえばニンジャ!」というイメージの海外ファンのためにこのTGS 2015に向けて開発された、特殊塗装の“Shinobi Tank”と、『WoT』にて2015年9月10日にいよいよ実装され、モバイル版の『World of Tanks BLITZ』(以下、『BLITZ』)にも実装予定となっている、日本重戦車ツリーの紹介がなされた。


ph03.jpg ph04.jpg

▲今回のトークゲストである鈴木氏も、じつは『BLITZ』のプレイヤーとのこと。『BLITZ』への日本重戦車ツリー実装を喜んでいた。

 そしてこのトークステージに、鈴木氏が招かれた理由がここでやっと明らかとなる。今回のTGSでウォーゲーミングジャパンのブースに展示されている、1/1スケールで再現された日本重戦車Tier6車輌、オイ車こと“O-I”。鈴木氏は『WoT』にこのオイ車が実装されるにあたり、そのモデリングを完成させるために必要な資料を唯一所有しており、それを提供してくれた重要人物だったのだ。


ph05.jpg ph06.jpg

▲ブースに堂々と展示されているオイ車は、近くで見るとこれが本当に戦車かと疑うほどの巨体。これが100tを超える“超重戦車”の迫力だ。

 ステージでは、鈴木氏からの詳細なオイ車の解説が続いた。

 そもそもオイ車とは、日本陸軍が開発を進めていた、多砲塔にして100tを上回る超重規格の戦車だ。重量100t、そしてKV-2の砲にすら匹敵する15cm砲を搭載し、11人が搭乗するという怪物となる予定の戦車だった。

 完成した試作車輌は1台、それも戦艦大和のように非常にきびしい極秘開発が進められたため、日本では防衛省にすら資料が残されておらず、“試製100t戦車”のその姿は長年謎とされてきていた。だが、鈴木氏が代表を務めるファインモールド社が、戦前の貴重な三面図などの資料を発見。オイ車がどのような姿をしていたのか、ついに明らかとなったのだ。

 当時の試作車輌は砲塔を搭載しない形のまま解体を迎えたとされているが、72年の時を経て、今回のTGS会場では砲塔や追加装甲などを完備した完成形として1/1模型が蘇ったことになる。


ph07.jpg ph08.jpg ph09.jpg
ph10.jpg ph11.jpg ph12.jpg

▲鈴木氏はステージ上から、所有しているオイ車の図面資料を実際に見せてくれた。輸送時の分解指示の図面なども数多くあり、いかに分解や組み立てに多くの手間がかかったかが伝わってくる。

ph13.jpg ph14.jpg

▲オイ車は満州などでの運用が想定されたが、100tの超重戦車はそのままでは輸送できないため、現地で組み立てる必要があった。そのための指示書がこちらで、当時の最高軍事機密であり、たいへん貴重な資料だ。

 『WoT』に日本重戦車ツリーを導入するにあたり、Tier6に位置する“O-I”を完成させることは、ウォーゲーミング側としてもその後のTierで重戦車を作っていく礎とするためにも必須。そこで貴重な資料を鈴木氏に提供してもらえないかと頼みに行ったところ、鈴木氏はすでに『BLITZ』をプレイしており、快諾してくれたとのことだ。

 鈴木氏は、ゲームということでオイ車がどのような形で再現されるのか当初は不安もあったとのことだが、実際に動くオイ車のモデルを見て感動を覚えたとのこと。日本陸軍が果たせなかった夢を、いまの日本人がデータを集め、1/1模型やゲーム内で動き回るモデルとして完成させてくれたことに、何より感動したという。


ph15.jpg

▲今回のオイ車の再現の成功は、恐竜の化石から恐竜を再現したにも等しい一大偉業。リアリティーの追及を熱く語る、宮永氏をはじめとする開発陣の情熱にも脱帽だ。

 また鈴木氏からは、『WoT』でオイ車に惚れ込んだというプレイヤーに朗報も。ファインモールド社から11月下旬に、この貴重な資料を参考に作られた1/72スケールのオイ車の模型が発売されるという。


ph16.jpg ph17.jpg

▲この巨体はさすがに一般的な1/35模型では作れなかったとのこと。史実で完成・塗装されたことのないオイ車だけに、塗装も各自の発想で自由に楽しめそうだ。

 ファインモールド社からは、『WoT』の人気車輌はもちろん、『ガールズ&パンツァー』モデルの戦車模型など、さまざまな商品が発売されているが、数量限定の商品も多いので、興味が湧いたなら要チェックだ。9月26日、27日に東京ビックサイトで開催される“全日本模型ホビーショー”にもファインモールド社は出展するので、これらの情報はぜひ公式サイトで確認してほしい。

※ファインモールド公式サイト

 ほかにも鈴木氏からは、オイ車の15cm砲がスチュワート戦車をバラバラに吹き飛ばす試射の映像が残っていること、鈴木氏も最初は「やっつけ仕事だったんじゃないか」とさえ思ったという変わった砲塔の形が避弾経始にもたらす効果や狙いの推測、走行試験でベアリングの大半が吹き飛んでしまったこと、オイ車の組み立てに必要な規模などから見えてくる戦時中の列強国と日本の工業力の違いなど、興味深いさまざまな話を聞けたが、ステージ終了の時間が迫り、残念ながら閉幕となってしまった。

 ステージの最後には、『WoT』の日本重戦車ツリーはまだ始まったばかりで、今後も鈴木氏をはじめとするさまざまな人に協力をお願いしたいと語る宮永氏に、鈴木氏も快く、「今後の展開も楽しみにしている」と協力を約束してくれた。


ph18.jpg

 なお、これまでの話のとおり、ブースに展示されている非常に貴重な1/1オイ車は、残念なことにTGS2015終了後は、あまりに巨大なため保存が難しく、解体されることになっている。会場に訪れる機会がある人には、この現代に蘇った幻の戦車の勇姿を、ぜひその目に直に焼き付けてほしい。