【動画あり】PS Vita用ソフト『勇者死す。』、五十嵐裕美さんと松井恵理子さんが演じるキャラクターが発表!【TGS2015】

千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2015。同イベントの19日(土)、セガブースにて日本一ソフトウェアのプレイステーション Vita用ソフト『勇者死す。』のイベントが行われ、声優の五十嵐裕美さん、松井恵理子さんが演じるキャラクターが初公開された。

●勇者が死にゆく世界でふたりが演じるキャラクターは?

 2015年9月17日(木)から9月20日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2015(17日・18日はビジネスデー)。同イベントの19日(土)、セガブースにて日本一ソフトウェアのプレイステーション Vita用ソフト『勇者死す。』のイベントが行われ、ゲームデザイナーの桝田省治氏、声優の五十嵐裕美さん、松井恵理子さんが出演した。

 イベントでは、2016年2月25日に発売予定の『勇者死す。』で五十嵐裕美さんと松井恵理子さんが演じるキャラクターが初公開された。本記事では、そのキャラクターと動画を紹介。なお、ステージイベントの詳細リポートは後ほどお届けする。

<関連記事>
『勇者死す。』PS Vitaで発売決定――桝田省治氏が送る“終わりから始まるRPG”のコンセプトやシステムが明らかに


●五十嵐裕美さんが演じるキャラクターはこちら!

サラ_立ち絵.jpg

■サラ(声:五十嵐裕美)
 杖と水の魔法の扱いに長けたヒロイン。“神の前の平等”を教えとするマーナ教会のシスターで、魔王との戦いにおいて、亜人種に参戦を呼びかけた。

・サラの目的“大聖堂の再建”
 魔王の圧倒的な強さに心酔し、復活を望む者が存在するなど、魔王の脅威は去っても社会は混迷していた。信心深いサラは、いまなお不安な気持ちを抱える人々のために、戦時中に焼失した大聖堂の再建を目指す。再建には莫大な資金がかかるため、勇者は資金調達をすることに。一方、困窮に苦しむ人々からは、その資金で今日の寝所、食料を調達すべきだと、大聖堂の再建に反対の声が挙がる。


●松井恵理子さんが演じるキャラクターはこちら!

メリーアン_立ち絵.jpg

■メリーアン(声:松井恵理子)

 ムチのような武器と、すべての属性の魔法を使えるヒロイン。自称天才科学者で、非常識な言動から、周囲の人々に魔女と呼ばれて疎まれている。

・メリーアンの目的“汚れた土地の洗浄”
 メリーアンが生活する東の村トゥーソンは、もっとも戦争の被害が大きかった場所。だが、王都が戦後まったく機能しておらず、復興支援も当てにならないため、メリーアンはみずからの研究成果を使って汚れた土地を洗浄し、食料や建築資材、燃料などの問題を一度に解決しようとしている。



勇者死す。
メーカー 日本一ソフトウェア
対応機種 PlayStation Vita
発売日 2016年2月25日
価格 5980円 [税抜]/6458円 [税込(8%)]
ジャンル RPG

(C)2016 Nippon Ichi Software, Inc.
(C) G-MODE, Shoji Masuda/Pyramid
※画面は開発中のものです。