『バイオハザード0 HDリマスター』新たに追加された“ウェスカーモード”は爽快感抜群の内容に! スペシャルステージをリポート【TGS2015】

『バイオハザード0 HDリマスター』について、新たに追加された“ウェスカーモード”などが紹介されたスペシャルステージをリポートする。

●ウェスカーモードでは特殊能力が使用可能

 2015年9月17日(木)から9月20日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2015(17日・18日はビジネスデー)。ここでは、同イベントの2日目となる18日に行われた、『バイオハザード0 HDリマスター』スペシャルステージの模様をお届けしよう。

■『バイオハザード0 HDリマスター』の内容をおさらい 新しいコスチュームも登場!

 ステージに登壇した竹中司プロデューサーは、本作の特徴について以下のように紹介した。

▲本作では『バイオハザード』シリーズの“始まり”が描かれる。

・グラフィックのHD化
 竹中プロデューサーによると、『バイオハザード0 HDリマスター』は、2002年に発売されたオリジナル版『バイオハザード0』のデータをひとつずつ作り直しているため、最近のゲームとなんら遜色のない美しいグラフィックが堪能できるとのこと。オリジナル版でボケていた部分も見えるようになっているそうだ。また、画面比率を4:3から16:9に切り替えられるようにもなり、快適に遊ぶためのさまざまな工夫も凝らされているそうだ。

・日本語音声
 オリジナル版になかった日本語音声を収録。実力と人気を兼ね備えた声優陣が起用されている。なお、英語への切り替えも可能だ。日本語版のトレーラーも公開されているので、ぜひチェックしてほしい。

【日本語ボイス】『biohazard 0 HD REMASTER』1ST TRAILER

・新しいコスチューム
 現在、新たに収録が決定しているのは2点のコスチュームのみであるが、さらに追加を検討しているとのこと。

 さらに、東京ゲームショウのカプコンブースで遊べる体験版よりも少しだけ進んだ部分をプレイすることに。本作の特徴のひとつである、“パートナーザッピングシステム”を使ったゲームプレイを観ることができた。

▲扉を開けたら炎を身にまとったゾンビが!

▲厨房の上にビリーがいる。受け渡しのためにリフトを使おう。

▲プレイヤーキャラを切り換えるパートナーザッピングは謎解きにも必要。レベッカにレバーを引かせておいて、その間にビリーがアイテムを取る、という場面もある。

■ウェスカーモードは爽快感抜群!

 本編をクリアーするとプレイできるエクストラゲームには、オリジナル版に収録されていた“リーチハンター”のほかに、新たに“ウェスカーモード”が追加されるという。竹中プロデューサーによると、ウェスカーモードは爽快かつスピーディーに楽しめる、クリアタイム短縮を目指す内容になっているそうだ。

 このモードでは、ウェスカーの特殊能力を使いながら進んで行くことになる。特殊能力“黒の疾走”を発動すると、通常の倍以上のスピードで走ることができる。“黒の疾走”にはクイックターン機能があるため、狭い通路でも駆け抜けることが可能とのこと。

▲よく見ると、ウェスカーだけでなくレベッカの目も赤くなっている。どうやら洗脳されているらしい……。なお、レベッカは特殊能力を使えない。

▲“黒の疾走”はとにかく速い! 広い部屋でも壁から壁へあっという間に移動できる。

 ウェスカーのもうひとつの特殊能力が“赤の斬撃”という溜め攻撃だ。強力かつ範囲が広いため、いままで苦労していた敵を打ち倒す爽快感があるようだ。

▲“赤の斬撃”はとにかく威力が高いようだ。

 なお、黒の疾走”と“赤の斬撃”は以下のトレーラーでも確認できる。

【日本語ボイス】『biohazard 0 HD REMASTER』ウェスカーモード トレーラー