『進撃の巨人』実機でのデモプレイを初公開! 立体機動装置でくり広げられる大興奮のステージイベントを紹介【TGS2015】

2015年9月17日(木)から9月20日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2015(17日・18日はビジネスデー)。同イベントの二日目となる18日、コーエーテクモゲームスのブースにおいて、今冬に発売を予定している『進撃の巨人』のスペシャルステージが催された。

●立体機動装置を駆使した爽快なアクションを本邦初公開

 2015年9月17日(木)から9月20日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2015(17日・18日はビジネスデー)。同イベントの二日目となる18日、コーエーテクモゲームスのブースにおいて、今冬に発売を予定している『進撃の巨人』のスペシャルステージが開催。オメガフォースのプロデューサー鯉沼久史氏がステージに登壇し、本作の魅力について語ってくれた。


001_1.JPG 001_2.JPG

▲“心臓を捧げよ!”のポーズを掲げ、舞台に登場した鯉沼プロデューサー。

 本作は、アニメ版『進撃の巨人』の第1期を元に制作されており、プレイするとアニメ版のストーリーを追体験できるようになっている。最先端のグラフィックで、立体機動装置を使った気持ちいいアクションを楽しむことを目的に、ゲームならではの表現にこだわって作られているとのこと。
 ここで、鯉沼プロデューサーがスライドを使って、本作のこだわりのポイントを紹介。


ポイント1
タクティカルハンティングアクション


002.JPG

  “無双”シリーズは一対多数で戦うゲームになっているところ、本作は味方の数が多く、敵のほうが少ない形での戦いとなっている。“無双”シリーズ同様に、プレイヤーから見えないところでも仲間が戦っている、タクティカル性が盛り込まれている。


ポイント2
立体機動と部位破壊で魅せる巨人討伐アクション


003.JPG

 原作やアニメの再現にこだわり、とにかく気持ち良く移動して、気持ち良く敵を倒すことに一番の重きが置かれている。


ポイント3
広大なステージで繰り広げられる洗浄のドラマ


004.JPG

 原作にも登場するような広大なステージを再現。今回のゲームショウバージョンでは市街区域しか出していないが、調査兵団らしく壁の外に行っての戦いも用意しているとのこと。こちらの情報に関しては、今後の続報を期待して欲しい。


ポイント4
原作の壮大なストーリーを最先端グラフィックで追体験


005.JPG

 アクションはもちろんのこと、原作のストーリーをより深く追体験できるよう、さまざまなイベントを用意しているらしい。


006.JPG

▲登場キャラクターとして、ミカサ、エレン、サシャ、コニー、アルミン、ジャンの6人が紹介された。

●ディレクターの喜多村氏が登壇し、実機を使ったプレイに挑戦

 ここで本作のディレクターを務める喜多村智行氏がステージに登壇。東京ゲームショウ2015のために用意されたバージョンを使っての公開プレイを実演してくれた。プレイを始めてすぐの、立体機動装置を使った移動は、会場からもどよめきの声があがるほどのスピーディーさで、鯉沼氏のこだわりである“気持ちいいアクション”に偽りがないことが、ひと目で見て取れるほど。鯉沼氏によると、ライブ配信をしているニコニコ生放送の反応も上々のようである。
 立体機動装置の操作に関しても、開発中にかなりの試行錯誤をした結果、いまでは○ボタンとアナログスティックだけで、かなり思い通りの移動ができるらしい。


007_1.JPG

▲喜多村氏も“心臓を捧げよ”のポーズでステージに登場!

008_1.JPG 008_2.JPG 008_3.JPG
008_4.JPG 008_5.JPG 008_6.JPG

▲こちらが本邦初公開となる『進撃の巨人』の立体機動装置を用いた実機プレイ実演の模様。

 巨人に関しても、個体毎の違いとして顔や体型はもちろんのこと、アルゴリズムまで可能な限り変えている。また、部位を破壊された巨人は、その部位がない動きをするため、単一のパターンではない戦略が求められることになる。
 このあと、喜多村氏が巨人のうなじを切りつけ、討伐に成功したところで、今回のプレイ実演は終了となった。
 短時間の実演ではあったが、スピーディーな移動、豪快なアクション、そして何より巨人の迫力と、筆者も一刻も早く本作に触れてみたいと思わせるほどの内容に大満足。おそらく、会場にいた人たちや、ニコ生でプレイを視聴していた方たちの大半もそう思ったのではないだろうか。


009_1.JPG 009_2.JPG

鯉沼氏 「とにかく、気持ちいい移動と、誰もが調査兵団となって『進撃の巨人』の世界で戦えるかが判っていただけたかと思います。このあともさらにブラッシュアップして、さらに良い作品として皆様にお届けできるようにがんばっていきます。」
喜多村氏 「いかに気持ち良く立体機動ができるかに聴力して、作っては壊し、をくり返してきました。皆様にさらに気持ちいい作品を届けられるよう、しっかり作り込んでいきたいと思います。期待して待っていてください。」
 本邦初公開となる実機プレイを終えて、本作を待ちわびているユーザーにコメントを残し、ここで喜多村氏は降壇。このあと、鯉沼氏より、東京ゲームショウ2015の会場だけで楽しめる“進撃の自分”の紹介が行われた。


010_1.JPG 010_2.JPG

 これはコーエーテクモゲームスのブースで体験できる目玉イベントのひとつで、ブース内で撮影された画像を、巨大ディスプレイ上の巨人の顔部分に表示するものとなっている。さらに、この画像のデータをQRコードで渡してくれるため、SNSなどで巨人化した自分の画像を発信することも可能とのこと。19日、20日の開催期間中も、常時行っているので、コーエーテクモゲームスのブースに訪れた際は、ぜひとも試していただきたい。


010_3.JPG 010_4.JPG

▲この巨大ディスプレイの顔部分が、撮影した自分の顔と入れ替わる形で表示される。会場の注目を集めること間違いなし!?

 さらに、東京ゲームショウ2015の最終日である20日の15時より、アニメ版『進撃の巨人』エレン役の梶裕貴さんと、ミカサ役の石川由衣さんが登場するスペシャルステージが開催されるとのこと。さらなる盛り上がりを見せる『進撃の巨人』に、これからも目が離せない日々が続きそうだ。


今冬発売予定!ゲーム『進撃の巨人』PV第1弾


進撃の巨人
メーカー コーエーテクモゲームス
対応機種 PlayStation Vita / プレイステーション4 / プレイステーション3
発売日 今冬発売予定
備考 開発:ω-Force

原作/諫山創「進撃の巨人」(講談社刊)
(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会
(C)コーエーテクモゲームス
※画面は開発中のものです。