新キャラ“司波達也”の魅力をガッツリ紹介! 『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX IGNITION』ステージイベント【TGS2015】

千葉・幕張メッセで開催中の“東京ゲームショウ 2015”。2日目にセガゲームスブースで行われた『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX IGNITION』ステージイベントの模様をお届けする。

●再点火したいから“イグニッション”!!

 2015年9月17日(木)から9月20日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2015(17日・18日はビジネスデー)。同イベントの2日日となる18日(金)、セガゲームスブースで行われた『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX IGNITION』イベントの模様をリポートしよう。

 『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX IGNITION』は、ライトノベルのレーベル電撃文庫のキャラクターが夢の共演を行う2D格闘ゲーム。2014年に登場した『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』の続編で、現在はアーケード版が好評稼働中。またPS4/PS3/PS Vita版が2015年12月17日に発売予定だ。

 本イベントでは、プロデューサーの野中竜太郎氏、ディレクターの寺田貴治氏、開発を担当したフランスパンのバトルプランナー芹沢鴨音氏の3名が登場。新キャラクターを中心にゲームの魅力を紹介してくれた。

▲本作を開発した3名が、PS4実機によるデモで魅力をたっぷり紹介してくれた。

 まず前作の『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』が人気を得たポイントとして、野中氏は「電撃文庫さんの魅力的なキャラクターを使うことができたこと」と分析。寺田氏は「原作を忠実に再現したことが評価されたのでは」とコメントした。芹沢氏は「いちばん大きいのは『ロウきゅーぶ!』だと思う。湊智花とかがポーズを取る演出で、かなり盛り上がった!」と語ってくれた。

 また野中氏は「初心者でも取っつきやすい格闘ゲームを作成した」と、システムについても言及。芹沢氏は「最初はセガさんから、電撃文庫さんの読者でも気軽に楽しめて、かつアーケードの格闘ゲームファンにも受け入れられるものを、とオーダーされて。そんなの作れるわけないだろうと思った(笑)」と開発当初を振り返った。

 続いて話題は、本作のタイトル“イグニッション”の意味について。野中氏によると、企画書の段階から寺田氏が“イグニッション”という単語を連発していたそうだ。当の寺田氏は「前作は好評だったが、1年経つと熱も収まってくる。そこを再び再点火し、盛り上げて楽しんで頂きたい、という想いを込めてこのタイトルにしました」と、熱い想いを語ってくれた。

 本作の主題歌は、先日発表された通り、LiSAの新曲『ID』に決定した。野中氏いわく「燃え上がるようなロックの曲がほしくてお願いした」とのこと。寺田氏は「発表があったとき、LiSAさんがTwitterで“キミが戦う今とゲームがもっと楽しくなりますように”ってツイートしたんですよ。こんな熱いことを言う人が、熱くない曲を書くわけがない!」と、熱い曲であることをアピール。

●新キャラ“司波達也”の魅力に迫る!

 本シリーズの公認応援団“電撃FIGHTINGガールズ”を交えたPS4版の実機プレイも行われた。まずは、寺田氏と芹沢氏による新キャラクターのデモプレイ。『魔法科高校の劣等生』から出演する司波達也と、『はたらく魔王さま!』から出演するエミリアこと遊佐恵美の魅力が紹介された。

▲“電撃FIGHTINGガールズ”も登場。左より、かいありささん、芦澤佳純さん、十束おとはさん、アイダユキコさん。

 本作からの新システム“ブラストキャラクター”についても言及。これは、プレイヤーキャラクターに加えて新たなキャラクターを選ぶと、対応するブラスト(能力覚醒)が強化されるというシステムだ。じつは、強化するブラストは自由に選択できるため、“ブラストキャラクター”は完全にプレイヤーの好みで選択できるとのこと。

▲プレイヤーキャラクターとサポートキャラクターに加えて、本作では“ブラストキャラクター”も選択する。

▲「遊佐恵美は飛び道具に滞空、突進と、スタンダードな技が全部そろっている。『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX IGNITION』から始める人に使ってほしいキャラクター」と寺田氏。

▲「司波達也は、スタンダードながらもテクニカルかつスタイリッシュ。位置を指定して攻撃する“ミスト・ディスパージョン”のあとに、追加で技を出せるあたりがオシャレ」と芹沢氏。

 新キャラクターの技を紹介した後の3ラウンド目はガチ対戦。芹沢氏の怒濤のラッシュに、寺田氏がクライマックスアーツで反撃するも、あっという間に芹沢氏操る司波達也が勝利する結果となった。この結果は寺田氏いわく「芹沢氏が強すぎるだけ」だそうだ。

 寺田氏の雪辱を果たすべく、今度は電撃FIGHTINGガールズの十束おとはさんが芹沢氏と対戦。十束さんは、新キャラクターのクゥエンサーで勝負を挑む。

 ここで、じつはゲームの実況も上手な芹沢氏が、ハンデとして実況しながら対戦する流れに。だがそんなハンデもなんのその、見事な実況をこなしつつ、流れるような連続技で十束さんをフルボッコにする芹沢氏。あわや2本目はパーフェクトで勝利しそうな勢いだったが、空気を読んでクゥエンサーの攻撃を見せる流れに。

▲容赦なくラッシュをかけまくる芹沢氏だが、勝利の直前で大人の対応。

 そして迎えた3ラウンド目はかなりの接戦となったが、通常投げでクゥエンサーが勝利! ……かと思いきや、原作の能力通りに復活する司波達也。まさかの展開に会場はどよめいたが、回復した体力はわずかだったため、結局十束さん操るクゥエンサーが勝利をもぎ取ったのだ。

 イベントの最後に、芹沢氏は「イグニッションのおもしろい部分を紹介できたと思う。ぜひ遊んでみてください」とコメント。寺田氏は「これからも格闘ゲーム回を盛り上げていきたい。10月4日に行われる“電撃文庫 秋の祭典2015”では新しい情報をお届けできると思いますし、11月からは全国大会の予選もスタートします」と、今後の展開を語ってくれた。野中氏は「電撃文庫ファンのみなさん、格闘ゲームファンのみなさん、ともに盛り上がりましょう。イグニッション!」と叫び、熱いステージは幕を閉じた。

 なお新キャラクターの司波達也は、現在都内3店舗で開催されているロケテストで使用可能。通常のアーケード版には、今秋のアップデートで追加される予定だ。家庭用版が待ちきれない人は、ひと足先にゲームセンターへ足を運んでみてはいかがだろうか。