実機プレイで最新DLCの詳細が明らかに! 『バットマン:アーカム・ナイト』ステージをリポート【TGS2015】

2015年9月17日(木)から9月20日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2015(17日・18日はビジネスデー)。同イベントの初日となる17日、セガブースにて、PS4『バットマン:アーカム・ナイト』の最新ダウンロードコンテンツ(以下、DLC)の情報が公開された。

●究極のバットマン体験を加速させる複数のDLC

 2015年9月17日(木)から9月20日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2015(17日・18日はビジネスデー)。同イベントの初日となる17日、セガブースにて、プレイステーション4用ソフト『バットマン:アーカム・ナイト』の最新ダウンロードコンテンツ(以下、DLC)の情報が公開された。

 “究極のバットマン体験”を標榜する本作だが、毎週配信される予定のDLCにて新たな見た目や遊びが追加入手できるのも特長のひとつ。ステージでは、本邦初公開となる内容を含めた最新のDLCでの遊びが、PS4実機を使ったプレイにて紹介されていった。

▲『バットマン:アーカム・ナイト』宣伝部長の中浜平三氏、ワーナー エンターテイメント ジャパンの岩田真治氏、アーカムゲーマーの高山清綽氏がステージに登場し、PS4の実機をプレイしながらDLCの中身が紹介されていった。

 まず最初に紹介されたのは『タンブラーパック』。映画シリーズのファンならピンと来ただろうが、タンブラーとはクリストファー・ノーラン監督版の映画『ダークナイト』に登場するバージョンのバットモービル。多面体で構成された特徴的なボディと、むき出しの極太タイヤが特徴的なバットモービルを使えるようになる。さらに、新たなチャレンジミッションも用意され、さまざまな障害物が待ち受けるコースでのタイムアタックに挑むこともできるとのことだ。

▲実演プレイではコースを時間内に走り切るタイムアタックに挑戦。狭くて足場の悪いコースを、猛スピードで疾走する迫力のシーンとなっていた。足場となるパネルを出現させる様子も確認できた。

 続いて紹介されたのは『プレデターバトル』のチャレンジ。ゴッサム・シティで銀行を襲撃するトゥーフェイス一味を食い止めるべく、手下たち全員を倒していくというものだ。ポイントは、いかに敵に見つからないよう行動するか。デモプレイでも、入り組んだ地形のマップを縦横無尽の動きまわり、敵を背後から音もなくノックアウトしていく様子が見られた。また、敵が一箇所に集まっているときに、最大5人までを連続して倒せる“フィアーマルチテイクダウン”を積極的に使っていくことも重要なテクニックとのことだ。

▲空中や地下通路などを駆使して、敵に見つからないように接近して倒していく。金庫からすべての金が持ち去られる前に、敵を規定の人数倒すことができればクリアーだが、デモプレイではクリアーならず。なかなか歯ごたえがありそうだ。

 3番目に紹介されたのが『チャレンジモード』。大勢の敵を格闘戦でつぎつぎと倒していくものだ。ひとりのプレイヤーが、ふたりのキャラクターを交互に操作することができる点が特長であり、実演プレイでは、実際にバットマンとロビンを切り換えながら戦っていく様子が見られた。また、敵を倒して溜めたゲージを使うことでくり出せる“デュアルテイクダウン”は、どんな敵も一撃で倒すことが可能。チャレンジの評価は得点の高さで決まるので、なるべくコンボをつなげていくことも大事だという解説も聞かれた。

▲逃げ場のないビルの屋上で、ワラワラと出現する敵をつぎつぎと倒していく。バットマンと相棒のロビンとで異なる攻撃アクションは、とてもスタイリッシュだ。

 デモプレイを終えた中浜氏は「DLCは、今後もどんどんリリースします。まだプレイしたこともない方は、ゲームの中にある広大なゴッサム・シティでバットマンなって活躍してほしいです。フィール・ザ・バットマン!」とメッセージを残し、ステージを後にした。