VR体感型アプリ『攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver』全世界配信決定

プロダクション I.Gは、ヴァーチャルリアリティー(VR)元年と呼ばれるこの2015年冬、『攻殻機動隊』のVRアプリ『攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver』の全世界配信を開始する。

●東京ゲームショウ2015でティザー版が上映

 プロダクションI.Gは、ヴァーチャルリアリティー(VR)元年と呼ばれるこの2015年冬、『攻殻機動隊』のVRアプリ『攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver』の全世界配信を開始する。

 また、2015年9月17日~20日(17日、18日はビジネスデイ)に千葉・幕張メッセにて開催される東京ゲームショウ2015にて、ティザー版の上映が決定。仮設ドームシアターにて、本格的な“多人数で体感するVR”を楽しむことができる。

 以下、リリースより。


 この試みは、フェイスプロジェクションマッピング「OMOTE」「FACE-HACKING」などイノベイティブな作品が世界的な話題となったクリエイティブディレクター浅井宣通(WOW 所属)、ドーム映像システム開発の第一人者であるソフトウェアエンジニアの高幣俊之(株式会社オリハルコンテクノロジーズ代表取締役社長)、全天周映像の高解像度撮影及び投影機材の開発を手がけるハードウェアエンジニアの糸屋覚の企画立案によりスタートいたしました。プロダクション・アイジー(以下、I.G)はこれら優秀なクリエイター・技術者と共同で future technology × art をコンセプトとしたプロジェクト“SIGN”を立ち上げます。“SIGN”はVRを始め既存メディアの概念を変える表現活動をしていきます。『攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver』はその第一作目のVR映像作品となり、1年間で20万DLの販売を予定しております。

 なお、2015年9月17日~20日の期間、幕張メッセで開催される「東京ゲームショー2015」にブース出展を行い、『攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver』の予告編のドームシアター上映を行い海外メディアも含め広く露出を図る予定であります。

東京ゲームショウ2015 出展情報
出展場所:7-C01
出展内容:『攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver』ティザー版上映
 直径6mの半球スクリーンに4台の高輝度プロジェクターとサラウンド音響を使用。このクオリティでイベント上映できる仮設ドームシアターは、日本でも初の試みとなり、本格的な「多人数で体感するVR」をお楽しみいただけます。(一般公開日は整理券制となります)

【『攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver』について】
 『攻殻機動隊 新劇場版』を基にしたVRアプリです。360 度立体映像として制作されており、頭部に装着することで、大迫力の映像を立体的に楽しむことができる装置「VRヘッドマウントディスプレイ(通称・VR HMD)」を用いて視聴することで、作品世界へのよりいっそうの没入感覚を体感することが可能となります。
 『攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver』は、まず Oculus Rift で視聴可能な無料ティザー版(予告編3分間)の準備を進めております。その後下記配信ストアにて完全版(約10分間)の配信を予定しております。

スタッフ
・原作 士郎正宗
・構成 藤咲淳一
・キャラクターデザイン 黄瀬和哉
・演出 東弘明
・企画 浅井宣通・プロダクション I.G

配信情報
・Google Play 価格480円(予定)
・App Store 価格480円(予定)

【“SIGN”について】
 “SIGN” は プロダクション I.G・浅井宣通・高幣俊之・糸屋覚が共同で立ち上げた future technology × artをコンセプトとしたプロジェクトブランドです。VRを始め既存メディアの概念を変える表現活動を行っていきます。



(C)士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊 新劇場版」製作委員会